ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイクロソフトがクラウド・サービスの水準を大幅にダウン。タダで使えるという時代は終了?

 

 マイクロソフトが自社のクラウド・サービスの一部について、サービス内容を大幅に変更すると発表したことが波紋を呼んでいる。無料でクラウド上のサービスを展開し顧客を集めるというビジネス・モデルがそろそろ限界に来ているとの声も聞かれる。

one drive

 マイクロソフトがサービス内容を変更したのは「One Drive」と呼ばれるクラウド上のストレージ・サービス。
 One Driveは、クラウド上の記憶領域を利用者がハードディスク代わりに自由に利用できるというもので、同社が提供する業務用ソフト「オフィス」のクラウド版とセットで利用者数を伸ばしてきた。グーグルが提供するGoogle Driveの競合サービスということになる。

 同社は2015年11月2日、クラウド・サービスの内容を大幅に見直すと発表した。これまで最大30ギガバイトを無料で利用することができたが、最終的には5ギガバイトに縮小される。また、オフィスのクラウド版の利用者(有料)についても、これまで実質的に無制限だった容量が1テラバイトに制限される。容量を超過している利用者には順次、通知を行い一定期間を過ぎても容量をオーバーが解消されない場合には、強制的にアカウントを削除することもあるという。

 同社はグーグルに対抗するため、無料での利用範囲を拡大し、顧客を獲得してきた。オフィスのクラウド化は順調に進んでおり、クラウド版オフィスの個人利用 者数はすでに全世界で1820万人に達している。株式市場では同社のクラウド事業の進展を好感し、株価も大幅に上昇していた。

 大半の利用者はそれほど大きな容量のデータをクラウドに預けることはないので、今回の決定によって、利用者に大きな影響が出るわけではない。
 だが、大事なデータを預けるストレージ・サービスはクラウド・サービスの基本となるインフラである。いくら顧客獲得のキャンペーンとはいえ、事業者の一方的な都合でデータが破棄されてしまうというのは、クラウド・サービスそのものに対する信頼性にも関わってくる。一部の利用者からは「マイクロソフトには失望した」との声も聞かれる。

 同社は、一部に想定外の使い方を利用者がいたためと説明しているが、無制限のサービスを提供した場合、こうした負荷の高い利用者が出てくることは事前に想定できた話である。同社のビジネスに対する見通しが甘かったという事実は否定できないだろう。

 今回のマイクロソフトの決定によって、無料であることをウリに顧客を集めるというビジネス・モデルは、ひとつの転換点を迎えるかもしれない。グーグルと異なり、マイクロソフトの場合、顧客からの情報を閲覧して広告収入につなげるというビジネスモデルを採用していない。無料での顧客獲得は、あくまで有料サービスに導入するための戦略であり、持続性がないことがはっきりしてきた。

 利用者はこの事実をよく理解した上で、無料サービスを使うという見識が求められる。少なくとも、無料サービスが無制限に拡大するというフェーズは終了したと考えるべきだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

no image
米国の大手書店でカード読取機が改ざん。カード情報が不正に流出

 米国の書店大手バーンズアンドノーブルは24日、全米の63店舗でカード読取装置が …

jdiishikawa
政府がジャパンディスプレイの株売却を示唆。資金繰り悪化との報道も

 政府が全面的に支援している日の丸液晶メーカー・ジャパンディスプレイ(JDI)の …

tosho
多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとな …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

bouekitoukei201404
消費税駆け込み需要の反動で、4月の貿易収支は改善

 財務省は2014年5月21日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …