ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

特養の規制を都市部で一部緩和。だが介護政策における根本的矛盾は解消されず

 

 厚生労働省が特別養護老人ホーム(特養)に関する規制を都市部に限って緩和する方向で動き始めた。安倍政権が打ち出した「介護離職ゼロ」の目玉政策であり、現実に即した内容だが、従来からの介護政策や他の政策との矛盾が顕在化してくる可能性もある。

kaigosisetu
 これまで特養は、社会福祉法人が自ら建物を建てて所有する必要があった。だが東京など都市部に限ってこの規制を緩和し、地主が建物を建てて、丸ごと社会福祉法人に貸し出すことを認める。自ら建物を所有する必要がないため、資金面での柔軟性が高まり、特養の整備が進む可能性がある。

 特養は介護保険を使って、少ない自己負担で生涯、介護が受けられる唯一の施設である。安倍政権は、家族の介護を理由に仕事を離れる介護離職ゼロを掲げている。これを実現するには、老人にとっての終の棲家である特養を増やすしか方法はない。

 だが日本の介護政策はこれまで、基本的に要介護の老人については家族が面倒を見るという「在宅介護」を基本路線としてきた。可能な限り施設は使わないで欲しいというスタンスである。
 現在、都市部を中心に50万人以上の「待機老人」が特養への入所を待っている。その背後には潜在的な待機者が数百万人いるともいわれており、年間10万人が介護を理由に職を離れている。本気で介護離職をゼロにしようということであれば、在宅介護の方針を撤回し、特養を大幅に増設する必要がある。

 だが今回の措置は、東京などごく一部の地域に限定されたものであり、社会福祉法人が自ら建物を所有するという原則は変えず、他地域での緩和も行わないという。一部地域での緩和にとどまれば、介護離職ゼロを実現することは困難だろう。

 介護に限らず、日本の社会保障政策は、基本的に家族が面倒を見るという、家族主義的、共同体的な制度になっている。欧州のように、自立した個人の生活を国家が支援するという仕組みにはなっていない。特養をむやみに拡大しないのもこうした理由からであり、その稀少価値ゆえに、特養は一部で政治利権化している。

 この基本的な仕組みを変えないまま、介護離職など目先の数字を追う政策を打ち出しても、必ず矛盾が顕在化してしまう。もし本当の意味で介護離職をゼロにするのであれば、個人中心の欧州型福祉政策に切り替える必要がある。
 その場合には、社会保障費を大幅に増額する必要に迫られるが、はたして日本人がその政策に賛同するのかは不明だ。

 - 政治 , ,

  関連記事

irankakumondai
イラン核問題、最終解決に向けた枠組み合意。実はポテンシャルが大きいイラン市場

 米欧など6カ国とイランは2015年4月2日、イランの核問題について、最終的な解 …

sengyoshufu
日本女性の満足度は高いというOECDの調査結果。男女平等と幸福の関係は?

 安倍政権は成長戦略の一環として女性活用を大々的に掲げており、配偶者控除の見直し …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

orando02
フランスがアフリカで2つの軍事作戦を同時決行。ソマリアでの作戦は完全に失敗

 フランス政府は12日、ソマリアのイスラム武装勢力に拘束されている諜報部員を救出 …

no image
仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国 …

nenkin
年金の長期見通し。生涯現役、女性参加、高リスク運用でようやく現役世代の50%

 厚生労働省は2014年6月4日、公的年金の長期的な財政見通しを発表した。政府が …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

hagel
オバマ大統領が次期国防長官にヘーゲル氏を指名。その真の狙いとは何か?

 オバマ米大統領が、次期国防長官に共和党のチャック・ヘーゲル元上院議員を指名する …

futenma
普天間基地の県外移設に関する議論は、なぜ聞いていてスッキリしないのか?

 安倍首相は11日の衆院予算委員会において、米軍普天間飛行場の県外移設について「 …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …