ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

特養の規制を都市部で一部緩和。だが介護政策における根本的矛盾は解消されず

 

 厚生労働省が特別養護老人ホーム(特養)に関する規制を都市部に限って緩和する方向で動き始めた。安倍政権が打ち出した「介護離職ゼロ」の目玉政策であり、現実に即した内容だが、従来からの介護政策や他の政策との矛盾が顕在化してくる可能性もある。

kaigosisetu
 これまで特養は、社会福祉法人が自ら建物を建てて所有する必要があった。だが東京など都市部に限ってこの規制を緩和し、地主が建物を建てて、丸ごと社会福祉法人に貸し出すことを認める。自ら建物を所有する必要がないため、資金面での柔軟性が高まり、特養の整備が進む可能性がある。

 特養は介護保険を使って、少ない自己負担で生涯、介護が受けられる唯一の施設である。安倍政権は、家族の介護を理由に仕事を離れる介護離職ゼロを掲げている。これを実現するには、老人にとっての終の棲家である特養を増やすしか方法はない。

 だが日本の介護政策はこれまで、基本的に要介護の老人については家族が面倒を見るという「在宅介護」を基本路線としてきた。可能な限り施設は使わないで欲しいというスタンスである。
 現在、都市部を中心に50万人以上の「待機老人」が特養への入所を待っている。その背後には潜在的な待機者が数百万人いるともいわれており、年間10万人が介護を理由に職を離れている。本気で介護離職をゼロにしようということであれば、在宅介護の方針を撤回し、特養を大幅に増設する必要がある。

 だが今回の措置は、東京などごく一部の地域に限定されたものであり、社会福祉法人が自ら建物を所有するという原則は変えず、他地域での緩和も行わないという。一部地域での緩和にとどまれば、介護離職ゼロを実現することは困難だろう。

 介護に限らず、日本の社会保障政策は、基本的に家族が面倒を見るという、家族主義的、共同体的な制度になっている。欧州のように、自立した個人の生活を国家が支援するという仕組みにはなっていない。特養をむやみに拡大しないのもこうした理由からであり、その稀少価値ゆえに、特養は一部で政治利権化している。

 この基本的な仕組みを変えないまま、介護離職など目先の数字を追う政策を打ち出しても、必ず矛盾が顕在化してしまう。もし本当の意味で介護離職をゼロにするのであれば、個人中心の欧州型福祉政策に切り替える必要がある。
 その場合には、社会保障費を大幅に増額する必要に迫られるが、はたして日本人がその政策に賛同するのかは不明だ。

 - 政治 , ,

  関連記事

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

abesenkyo201412
衆院選は予想通り与党が圧勝。ただ今後の政治日程が厳しいことに変わりはない

 第47回衆議院選挙は大方の予想通り、自民・公明両党の勝利となった。とりあえずア …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

siriakougeki
米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている …

obamaabepaku
安倍首相が韓国語で挨拶。日韓首脳会談はとりあえず終始友好ムードで終了

 安倍首相は2014年3月26日、オランダ・ハーグにおいて、オバマ米大統領、朴槿 …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

hoikuen
保育園の騒音を巡る裁判。試される価値観多様化の社会

 神戸市で保育園の「騒音」をめぐって裁判となっている。保育園の近くに住む70代の …

seifusaimu
政府の借金が10倍の8000兆円になる?財務省ビックリ試算の中身

 財務省の財政制度等審議会は、政府が現在の財政健全化目標を達成できたとしても、そ …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …