ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8日、総選挙が実施され、アウン・サン・スー・チー党首率いる野党、国民民主連盟(NLD)が政権を握ることが確実になった。歴史的な政権交代だが、NLDにとっては過大が山積している。

sutisenkyo
 ミャンマーでは1960年代から軍事政権が続いているが、アウン・サン・スー・チー党首の父親はミャンマー(ビルマ)建国の父と呼ばれるアウン・サン将軍で、現在の軍部の基礎を築いた人物である。
 アウン・サン将軍はミャンマーの独立を見届けることなく暗殺され、娘のスー・チー氏は英国に渡ったが、スー・チー氏はその後、再びミャンマーに戻り、同国における民主化運動のリーダーとなった。彼女の一連の活動には、独立後もミャンマーの内政に干渉したいと考える、旧宗主国・英国の意向が大きく関係しているといわれる。

 軍事政権が続いたミャンマーでは、過去にも総選挙が行われたが、スー・チー氏が率いるNLDが圧勝したため、軍部はスー・チー氏を拘束して自宅軟禁状態にするなど、民主化運動への弾圧を繰り返してきた。
 ミャンマーの議会は、4分の1の議席を非改選の軍人議員が占めており、この部分は選挙で動かすことができない。政権交代を実施するためには、残りの議席において圧倒的に勝利する必要があるが、今回の選挙で単独過半数となるのはほぼ確実な状況だ。

 スー・チー氏は軍とテイン・セイン大統領に書簡を送り、スムーズな政権移譲を行うよう要請している。軍事政権側はこれを受け入れる見通しで、歴史的な政権交代が実現することになる。

 ただ政権を獲得するNLDにとっては過大が山積である。スー・チー氏は英国人と結婚しており、息子2人も英国籍となっている。ミャンマーの憲法では、親族に外国籍の人物がいる場合には大統領になれないという規定がある。
 これはスー・チー氏を大統領にしないためのものといわれているが、憲法改正には4分の3の賛成が必要であり、現時点で憲法を改正することはほぼ不可能である。また、憲法では軍部の非常大権を認めており、最終的には軍部が民意を無視して、実力行使をすることが可能となっている。

 政治的には、これまで民主化運動で覆い隠されていた少数民族問題が顕在化する可能性がある。ミャンマー西部では、多数派の仏教徒が、少数派のイスラム教徒を大量虐殺するという事件が多発しているが、現在の軍事政権もスー・チー氏もこの件については黙殺を続けている。
 民主国家となったミャンマーがこの問題を無視することはできないはずだが、ミャンマー人の中には少数民族に対する根強い差別意識があり、政治的に解決しようとすれば、今度はNLDが国民からの支持を失う可能性がある。

 スー・チー氏は、別の人物を暫定的に大統領に就任させ、自身が全権限を握るとしている。だが不安定な状態での政権運営は避けられず、この状況で少数民族問題を含めた政治の舵取り行うのは、かなりの難題といえるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

chipurasueu
ギリシャが一転、EUが提示した緊縮策を丸飲み。ドイツがそれでも支援に否定的な理由

 債務危機となっているギリシャ支援を話し合うユーロ圏財務相会合が2015年7月1 …

gabanansu
ないよりはマシ?安倍政権が成長戦略に企業統治を盛り込む方針を表明

 安倍首相は2014年6月3日、経団連の会合で講演し、コーポレートガバナンスを成 …

kaigojikofutan
介護保険改正法案が閣議決定。所得の高い高齢者の自己負担率がさらに増加

 政府は2017年2月7日、介護保険の自己負担率の見直しを盛り込んだ介護保険法改 …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

chiharue
次期衆院選のキーマンは実は松山千春だ!

 野田政権が解散の引き伸ばしを図る中、新党大地の命名者でもある歌手の松山千春氏の …

okada01
岡田副総理が事実上領土問題の存在を肯定。中国側はこれを着地点とみなしている

 「尖閣は領土問題ではないが議論があることは事実」との岡田克也副総理の発言が中国 …

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …