ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でマイナス0.2%、年率換算ではマイナス0.8%となった。前期(マイナス0.2%)に続く2期連続のマイナス成長であり、景気後退が意識されるのは確実な状況となった。

setsubitousi

 今期のマイナス成長は多くの関係者が事前に予想していた。過去3カ月の鉱工業生産指数が低迷していたからである。9月の確報値(季節調整済)はプラス1.1%だったが、8月はマイナス1.2%、7月はマイナス0.8%となっており、企業が生産を抑制しているのは明らかであった。
 設備投資の先行指標といわれる機械受注も冴えなかった。12日に発表となった7~9月期の実績は、主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)が前期比マイナス10%と大幅な落ち込みを見せていた。

 GDPの中でもっとも大きな割合を占める個人消費はプラス0.5%となり、前期のマイナス0.6%からプラス転換した。住宅も前期より伸びや悩んでいるもののプラス1.9%となっている。一方、設備投資は事前の予想通り、前期(マイナス1.2%)に続いてマイナス1.3%であった。個人消費はまずまずの結果だったが、設備投資の落ち込みが個人消費のプラスをすべて打ち消した格好だ。

 企業が生産や設備投資を抑制しているのは、中国ショックによる一時的なものとの見方もできるが、必ずしもそうとは言い切れない。
 企業は今年に入ってから在庫を増やす傾向が顕著になっている。注文の増加に伴う積極的なものではなく、どちらかというと意図せざる在庫の増加と見るのが自然だ。そうなってくると、企業の生産抑制はすでに年初から始まっていたことになり、年度末に向けて急回復するというシナリオは描きにくくなる。

 これまでアベノミクスは、表面的には量的緩和策という金融政策を主軸としてきた。だが、量的緩和策はこれまでのところ成長にあまり寄与しておらず、公共事業を増やすことでプラス成長を維持してきたというのが現実の姿である。

 2期連続のマイナス成長ということになれば、例年通り、補正予算の議論が活発化するのが普通だが、今回は様子が違う。政府・与党は安倍首相の外交日程が立て込んでいることなどから、秋の臨時国会を召集しない方針である。そうなると補正予算の議論は年明けの通常国会ということになり、実施までにはタイムラグが生じることになる。
 2期連続のマイナス成長でアベノミクスはまさに正念場となっているが、永田町の雰囲気はだいぶ違うようだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

seijouishii
マネーゲームの末、高級スーパー成城石井はローソンへ。相乗効果は未知数

 コンビニ大手のローソンが、首都圏を中心に高級スーパーを展開する成城石井を買収す …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

bafurakisu002
更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チー …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …