ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でマイナス0.2%、年率換算ではマイナス0.8%となった。前期(マイナス0.2%)に続く2期連続のマイナス成長であり、景気後退が意識されるのは確実な状況となった。

setsubitousi

 今期のマイナス成長は多くの関係者が事前に予想していた。過去3カ月の鉱工業生産指数が低迷していたからである。9月の確報値(季節調整済)はプラス1.1%だったが、8月はマイナス1.2%、7月はマイナス0.8%となっており、企業が生産を抑制しているのは明らかであった。
 設備投資の先行指標といわれる機械受注も冴えなかった。12日に発表となった7~9月期の実績は、主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)が前期比マイナス10%と大幅な落ち込みを見せていた。

 GDPの中でもっとも大きな割合を占める個人消費はプラス0.5%となり、前期のマイナス0.6%からプラス転換した。住宅も前期より伸びや悩んでいるもののプラス1.9%となっている。一方、設備投資は事前の予想通り、前期(マイナス1.2%)に続いてマイナス1.3%であった。個人消費はまずまずの結果だったが、設備投資の落ち込みが個人消費のプラスをすべて打ち消した格好だ。

 企業が生産や設備投資を抑制しているのは、中国ショックによる一時的なものとの見方もできるが、必ずしもそうとは言い切れない。
 企業は今年に入ってから在庫を増やす傾向が顕著になっている。注文の増加に伴う積極的なものではなく、どちらかというと意図せざる在庫の増加と見るのが自然だ。そうなってくると、企業の生産抑制はすでに年初から始まっていたことになり、年度末に向けて急回復するというシナリオは描きにくくなる。

 これまでアベノミクスは、表面的には量的緩和策という金融政策を主軸としてきた。だが、量的緩和策はこれまでのところ成長にあまり寄与しておらず、公共事業を増やすことでプラス成長を維持してきたというのが現実の姿である。

 2期連続のマイナス成長ということになれば、例年通り、補正予算の議論が活発化するのが普通だが、今回は様子が違う。政府・与党は安倍首相の外交日程が立て込んでいることなどから、秋の臨時国会を召集しない方針である。そうなると補正予算の議論は年明けの通常国会ということになり、実施までにはタイムラグが生じることになる。
 2期連続のマイナス成長でアベノミクスはまさに正念場となっているが、永田町の雰囲気はだいぶ違うようだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

top1zentai
トップ1%が全世界の富の半分を独占との調査結果。日本はどうなのか?

 貧困の撲滅活動などを行っている国際NGO「オックスファム」は2015年1月19 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

nyse03
ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

teninjikyu
カリフォルニア州の最低賃金は1700円へ。日本は人手不足なのに賃金下落の不思議

 米カリフォルニア州議会は2016年3月28日、最低賃金(時給)を15ドル(17 …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …