ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でマイナス0.2%、年率換算ではマイナス0.8%となった。前期(マイナス0.2%)に続く2期連続のマイナス成長であり、景気後退が意識されるのは確実な状況となった。

setsubitousi

 今期のマイナス成長は多くの関係者が事前に予想していた。過去3カ月の鉱工業生産指数が低迷していたからである。9月の確報値(季節調整済)はプラス1.1%だったが、8月はマイナス1.2%、7月はマイナス0.8%となっており、企業が生産を抑制しているのは明らかであった。
 設備投資の先行指標といわれる機械受注も冴えなかった。12日に発表となった7~9月期の実績は、主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)が前期比マイナス10%と大幅な落ち込みを見せていた。

 GDPの中でもっとも大きな割合を占める個人消費はプラス0.5%となり、前期のマイナス0.6%からプラス転換した。住宅も前期より伸びや悩んでいるもののプラス1.9%となっている。一方、設備投資は事前の予想通り、前期(マイナス1.2%)に続いてマイナス1.3%であった。個人消費はまずまずの結果だったが、設備投資の落ち込みが個人消費のプラスをすべて打ち消した格好だ。

 企業が生産や設備投資を抑制しているのは、中国ショックによる一時的なものとの見方もできるが、必ずしもそうとは言い切れない。
 企業は今年に入ってから在庫を増やす傾向が顕著になっている。注文の増加に伴う積極的なものではなく、どちらかというと意図せざる在庫の増加と見るのが自然だ。そうなってくると、企業の生産抑制はすでに年初から始まっていたことになり、年度末に向けて急回復するというシナリオは描きにくくなる。

 これまでアベノミクスは、表面的には量的緩和策という金融政策を主軸としてきた。だが、量的緩和策はこれまでのところ成長にあまり寄与しておらず、公共事業を増やすことでプラス成長を維持してきたというのが現実の姿である。

 2期連続のマイナス成長ということになれば、例年通り、補正予算の議論が活発化するのが普通だが、今回は様子が違う。政府・与党は安倍首相の外交日程が立て込んでいることなどから、秋の臨時国会を召集しない方針である。そうなると補正予算の議論は年明けの通常国会ということになり、実施までにはタイムラグが生じることになる。
 2期連続のマイナス成長でアベノミクスはまさに正念場となっているが、永田町の雰囲気はだいぶ違うようだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

sharp
シャープが再び巨額損失を計上。資本政策をめぐって経営陣は右往左往

 経営再建中のシャープは2015年5月14日、注目の2015年3月期決算を発表し …

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

nichigin
日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼みであることが間接的に明らかに

 日銀は4月1日、企業短期経済観測調査(短観)を発表した。大企業は製造業、非製造 …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

putin201603
プーチン大統領が突如シリアからの撤退を指示。経済的苦境が原因か?

 ロシアのプーチン大統領は2016年3月14日、シリアに展開するロシア軍の部隊の …

no image
中国向けの輸出が失速し北米と再逆転。だが事態はもっと深刻である!

 日本の輸出先としての中国の存在感が低下している。  財務省が発表した2012年 …