ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バフェット氏の最新の保有銘柄状況が明らかに。金利上昇と景気拡大にシフト

 

 米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が、IBMやGM(ゼネラル・モーターズ)など製造業の銘柄を買い増す一方、ウォルマートの保有株数を減らしている。
 米国は年内の利上げがほぼ確実となっているが、製造業へのシフトは、今後の米国経済の先行きを楽観視した結果である可能性が高い。

Warren Buffett
 バフェット氏は長期的な視点に立って投資する投資家として知られており、同氏のポートフォリオは、マクロ経済動向との関連性が高い。
 同氏が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが米証券取引委員会(SEC)に提出した9月末時点における四半期報告書によると、6月末時点から保有株数が増加したのは、IBM、ゼネラル・モーターズ、AT&Aなどであった。一方、ウォルマート・ストアーズ、ゴールドマン・サックスは株数を減らしている。他の銘柄は基本的に保有株数に変化はない。

 これまで米国経済は好調と言われながらも、量的緩和策が継続しており、リーマンショック後の後遺症から抜け出せない状況が続いていた。しかし、米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は昨年11月、とうとう量的緩和策の終了を決定し、市場の焦点は利上げのタイミングに移っている。
 ところが8月に中国ショック発生し、世界経済の不透明感が一気に高まったことから、株価が大幅に下落するという事態が発生。このため、FRBは9月、10月の利上げを見送る決断を行っている。だが最新の雇用統計が好調だったことから、FRBが年内に利上げに踏み切るとの見方が再び強まり、市場は正常化に向かって動き始めた。

 景気が弱く、金利が低めに推移している状況では、小売やヘルスケア、通信などが相対的に有利になる。一方、景気が拡大し、金利も上昇する局面ではむしろエネルギーや製造業の株価が好調になる。
 バフェット氏は、小売最大手のウォルマートを売却し、代わりにIBMとゼネラル・モーターズを買い増している。IBMはこのところ業績が低迷しており、株価もかなり下がっているが、今後の見通しは明るいとバフェット氏は感じているようだ。
 AT&Tはどちらかというと、従来までのフェーズで強い銘柄だが、これはディレクTVの買収によって結果的に保有されたものであり、市場で買い付けたものではない。

 総合すると同氏は、今後、米国の金利が上昇し、景気が順調に拡大すると予想している可能性が高い。この判断を行っているのは、中国ショックで不透明感が高まっている時期であり、もし同氏の判断がホンモノということであれば、やはり先見の明があるということになるだろう。

 ちなみに同氏が「永久保有銘柄」と表現しているコカ・コーラ、ウェルズ・ファーゴ(地銀最大手)の株数は変わっておらず、引き続き保有を続けている。

 - 経済 , ,

  関連記事

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …