ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バフェット氏の最新の保有銘柄状況が明らかに。金利上昇と景気拡大にシフト

 

 米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が、IBMやGM(ゼネラル・モーターズ)など製造業の銘柄を買い増す一方、ウォルマートの保有株数を減らしている。
 米国は年内の利上げがほぼ確実となっているが、製造業へのシフトは、今後の米国経済の先行きを楽観視した結果である可能性が高い。

Warren Buffett
 バフェット氏は長期的な視点に立って投資する投資家として知られており、同氏のポートフォリオは、マクロ経済動向との関連性が高い。
 同氏が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが米証券取引委員会(SEC)に提出した9月末時点における四半期報告書によると、6月末時点から保有株数が増加したのは、IBM、ゼネラル・モーターズ、AT&Aなどであった。一方、ウォルマート・ストアーズ、ゴールドマン・サックスは株数を減らしている。他の銘柄は基本的に保有株数に変化はない。

 これまで米国経済は好調と言われながらも、量的緩和策が継続しており、リーマンショック後の後遺症から抜け出せない状況が続いていた。しかし、米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は昨年11月、とうとう量的緩和策の終了を決定し、市場の焦点は利上げのタイミングに移っている。
 ところが8月に中国ショック発生し、世界経済の不透明感が一気に高まったことから、株価が大幅に下落するという事態が発生。このため、FRBは9月、10月の利上げを見送る決断を行っている。だが最新の雇用統計が好調だったことから、FRBが年内に利上げに踏み切るとの見方が再び強まり、市場は正常化に向かって動き始めた。

 景気が弱く、金利が低めに推移している状況では、小売やヘルスケア、通信などが相対的に有利になる。一方、景気が拡大し、金利も上昇する局面ではむしろエネルギーや製造業の株価が好調になる。
 バフェット氏は、小売最大手のウォルマートを売却し、代わりにIBMとゼネラル・モーターズを買い増している。IBMはこのところ業績が低迷しており、株価もかなり下がっているが、今後の見通しは明るいとバフェット氏は感じているようだ。
 AT&Tはどちらかというと、従来までのフェーズで強い銘柄だが、これはディレクTVの買収によって結果的に保有されたものであり、市場で買い付けたものではない。

 総合すると同氏は、今後、米国の金利が上昇し、景気が順調に拡大すると予想している可能性が高い。この判断を行っているのは、中国ショックで不透明感が高まっている時期であり、もし同氏の判断がホンモノということであれば、やはり先見の明があるということになるだろう。

 ちなみに同氏が「永久保有銘柄」と表現しているコカ・コーラ、ウェルズ・ファーゴ(地銀最大手)の株数は変わっておらず、引き続き保有を続けている。

 - 経済 , ,

  関連記事

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

kengyo
欧米で仕事を掛け持ちする「マルチワーカー」が増加中。日本では普及しないワケ

 複数の仕事を掛け持ちする人をマルチワーカーと呼ぶが、不況が長引く欧州ではマルチ …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

nasamineika
NASAがスペースシャトルの後継に民間2社を選定。宇宙民営化が一気に進む

 NASA(米航空宇宙局)は2014年9月16日、国際宇宙ステーション(ISS) …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …

bukkajoushou
とうとう物価上昇がストップ。そろそろ構造的な要因に関する議論が必要?

 総務省は2015年3月37日、2015年2月の消費者物価指数を発表した。代表的 …