ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界の警察官であることをやめるという米国の外交戦略はテロでどう変わのか?

 

 過激派組織「イスラム国(IS)」による大規模なテロが発生したことが、オバマ政権の世界戦略に微妙な影を落としている。
 オバマ政権は、米国が世界の警察官として振る舞うことをやめ、中東への関与を減らすことを基本方針としてきた。だが皮肉なことに、米国が介入を抑制したことが、結果的に大規模なテロを引き起こしたようにも見える。地上部隊の投入を含め、米国の強い関与を求める声があるが、オバマ政権は依然として慎重な構えだ。

obamaparitero

 米国のケリー国務長官は2015年11月17日、パリでオランド仏大統領と会談し、ISに対する軍事作戦について協議した。またオランド大統領はロシアのプーチン大統領とも電話会談を行っており、双方が情報共有を強化することで一致した。

 オランド大統領は今月24日にオバマ大統領と、26日にはプーチン大統領と首脳会談を行う予定となっており、当事者であるフランスを中心に、ロシアを含む欧米各国は、対ISで一致した対応を行うことになる。
 ロシアはシリアのアサド政権を支持しており、欧米各国とは異なる立場だったが、対ISという部分では足並みを揃える。テロという非常事態を受け、とりあえず連携を強化する姿勢を示した形だが、オバマ政権は中東への介入強化について引き続き慎重なスタンスを崩していない。

 オバマ大統領は、中東への関与を削減するという方針を掲げて大統領に当選した。中東情勢に深く介入し、世界の警察官として振る舞うというのは、戦後の米国における基本戦略であったことを考えると、オバマ政権の誕生は、米国の安全保障政策を180度転換させる出来事であった。実際、オバマ政権は史上最大規模の軍縮を行い、中東から多くの兵力を撤退させている。
 だが米国が中東への介入を減らした結果、中東情勢は不安定となり、シリアではISが台頭し、今回のテロにつながった。

 米国が中東情勢に介入していた時代には、米国の過剰な介入がアラブ諸国の感情を逆撫でしており、テロのリスクを高めると批判されていた。だが、今度は米国が手を引くと、各国が米国の強い介入を求めるという皮肉な状況となっている。少なくとも、米国が中東に深く介入しているかどうかは、テロの発生とはあまり関係がないようである。

 オバマ政権の任期は残り少なく、大きな政策転換は実施しない可能性が高い。今後の米国がどのように振る舞うのかは、大統領選挙の結果次第ということになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

no image
米大統領選、民主党大会が開幕。初日はミシェル夫人が500ドルのドレスで演説

 民主党の全国大会がノースカロライナ州シャーロットで始まった。オバマ大統領とバイ …

contena
韓国大統領選はFTAをめぐって政策が真っ二つ。日本のTPP論争にも影響か?

 12月に行われる韓国大統領選挙において、2大候補者の経済政策が真っ二つに割れて …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

doller02
欧州の地下経済比率は平均18.5%。日本は比較的良好といわれるが実態は?

 VISAヨーロッパは5月7日、欧州の地下経済の規模は2兆1000億ユーロ(約2 …

imyonbaku
李明博大統領が退任を前に恒例の特赦を実施。韓国でこの風習がなくならないワケ

 韓国の李明博大統領は、退任を前にして約50人に対する特別赦免(特赦)を実施する …

70nendanwayusikisha
70年談話のための有識者懇報告書は、バランスの取れた妥当な内容

 安倍首相が戦後70年談話のために設置した私的諮問機関「21世紀構想懇談会」は2 …

f35b
米軍がステルス戦闘機F-35を岩国基地に配備。その背後にある米国の事情とは?

 パネッタ米国防長官は18日、米軍のステルス戦闘機F35を2017年に米軍岩国基 …

cvn73gwyokosuka
原子力空母ジョージワシントンが米国に帰還。後継空母は何とか維持された状況

 米第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシントン」は2015年5月18日、米国に帰還 …