ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

さかもと未明氏のマナー発言が炎上。「正論」だけが幅を利かすグロテスクな光景

 

 搭乗した飛行機内での騒動を記した雑誌記事が物議を醸していたマンガ家のさかもと未明氏が、自身のブログで一連の行為と自身の主張について謝罪を行った。

 問題となった記事は雑誌Voiceに寄稿したもの。飛行機に搭乗中、泣き叫ぶ乳幼児の声にガマンできず、着陸準備中だったにも関わらず「もうやだ飛び降りる」と叫んで出口に向かって走り、母親に注意したというもの。記事では「搭乗マナーや航空会社側の対応について、議論すべき余地はまだまだあるはず」としている。この記事に対してネット上では反論が続出。さかもと氏を批判する意見が相次いだ。

 着陸準備中に勝手に立って通路を走るのは論外だし、基本的に乳幼児の鳴き声については対処の方法などあるはずがなく、さかもと氏に非があるのは明らか。
 だが一方で「乳幼児が鳴き叫ぶのはやむを得ない」という正論を大前提としたうえで、周囲に対する配慮がどこまで個人に要求されるのかという点は大いに議論の余地がある。その意味で、コントロールが難しい乳幼児の声というのは、公共のマナーについて議論するための格好の材料といえる。

 だが悲しいかな、日本ではこのような重要な論点を指摘する人の多くが、さかもと氏のような、ちょっとイっちゃっている人(失礼!)なのだ。さかもと氏の発言には、当然のことながら鬼の首を取ったような「正論」が浴びせかけられ、いつしか、問題提起そのものさえ封殺されてしまう。

 西洋社会と東洋社会では公共のマナーに関する慣習はだいぶ違うようである。こと飛行機の乳幼児対応を例に取ると、西洋社会ではエコノミーでは基本的に制限なし、ビジネスクラスでは遠慮してもらうというコンセンサスが出来ているように思われる。賛否両論があるようだが、ビジネスクラスに搭乗する親子が、子供に飲ませるために睡眠薬を医者に処方してもらうケースは多い。実際、欧米系エアラインのビジネスクラスで子供が泣き叫ぶ状況に出くわすことはほとんどない。

 これは西洋の階級社会からくる独特のマナーかもしれず、日本にそのまま当てはめるのは難しいかもしれない。日本はようやく成熟社会になりつつあるが、こういった社会的なコンセンサスが十分に得られているわけではなく、まだまだ議論の余地があるはずだ。
 さかもと氏のような、ちょっと変わった人による主張で議論そのものをタブー視するのは、もっとも避けるべきことである。

 さかもと氏の主張に対して、「良識」を持った有名人と称する人たちが、こぞって批判している様子はグロテスクですらあり、そこには「良識」のかけらもない。

 - マスコミ, 社会

  関連記事

erica
TIME誌世界の100人にユニクロ柳井氏と共に選ばれた日本人「エリカ様」って誰?

 米TIME誌は4月、毎年恒例となっている「世界で最も影響力のある100人」の2 …

orandojoyu
オランド仏大統領の女優密会報道から考える、権力者に対するタブーと民主主義

 フランスの芸能誌がオランド大統領と女優ジュリー・ガイエさんとの密会写真を掲載し …

communityshop
英国で社会起業家が、低所得者向け「ソーシャル・スーパーマーケット」を開店

 英国では初めてとなる「ソーシャル・スーパーマーケット」の開店が話題を呼んでいる …

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

nihonyuseiibmjinkochino
日本郵政がIBM、アップルと共同で人工知能サービスを導入

 日本郵政は2015年4月30日、米アップル、米IBMの2社と共同で高齢者向けサ …

sendaisaiban
大川小学校の津波訴訟は、日本人に自分のアタマで考えることの重要性を強く訴えかけている

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市大川小学校の児童の遺族が市と宮城県 …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

zakabagu
ネットで集合知は成立しない?偽ニュース問題でフェイスブックが大揺れ

 フェイスブックが偽ニュース問題の対応に苦慮している。基本的にニュースの選定には …

ryusigun
中国鉄道省元トップに執行猶予付きの死刑判決。事実上の減刑に国民からは批判の声

 中国最大の利権官庁であり汚職の温床ともいわれてきた鉄道省の元トップに対する汚職 …

powerball
賞金470億円!夢の米国宝くじ。それに比べて日本の宝くじのお粗末さときたら・・・

 1等賞金が史上最高額となり全米の注目を集めていた宝くじ「パワーボール」の抽選が …