ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1115億円の黒字となった。黒字になるのは7カ月ぶりだが、その原因は原油安であり、日本の経済構造が大きく変わったわけではない。

bouekitoukei 201510
 輸出額は6兆5440億円と前年同月比で2.1%減少した。米国向けの自動車は依然として好調だが、船舶が大幅に減少した。ただ、アジア向けの輸出全般が不振となっており、中国の景気失速が大きく影響している。アジア各国による中国向け輸出が減少し、その結果として日本からアジアへの輸出が減るという図式だ。

 輸入額は6兆4325億円と前年同月比で13.4%という大幅減となった。輸入額の減少はこれで10カ月連続となる。輸入額が減少している最大の要因は当然のことながら原油価格の下落であり、日本側の要因ではない。

 このところ原油価格の下落で輸入額が減少し、貿易赤字の縮小が続いてきた。今月はとうとう貿易黒字となったが、季節調整済みの数値では、前月と同様、貿易赤字が継続している。日本の経済構造が変わったわけではなく、今後も基本的には貿易赤字体質が継続すると考えた方が自然である。

 ただ、原油価格が急激に回復する見込みも薄く、しばらくは輸入金額の減少傾向が続く可能性が高い。そうなってくると、輸入価格の上昇を通じたインフレはあまり望めないということになり、日銀の物価目標達成はさらに難しくなるだろう。

 国内では労働需給が逼迫してきており、アルバイトの賃金が高騰している。また電力会社各社は、原油価格が下落していることから、来年1月に一斉に値下げ実施する方針を固めている。
 賃金上昇とエネルギー価格の下落で可処分所得が増え、これが消費増につながれば、経済の好循環が実現できるかもしれない。だが一方で、中国向け輸出の不振というマイナス要素もあり、状況は依然として不透明だ。

 - 経済 , ,

  関連記事

newyork02
それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速 …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

sekiyu
内閣府の世界経済に関する報告書。原油安がプラスの影響をもたらし、米国・欧州経済の拡大が続く

 内閣府は2015年6月13日、世界経済の現状に関する報告書「世界経済の潮流(2 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …