ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1115億円の黒字となった。黒字になるのは7カ月ぶりだが、その原因は原油安であり、日本の経済構造が大きく変わったわけではない。

bouekitoukei 201510
 輸出額は6兆5440億円と前年同月比で2.1%減少した。米国向けの自動車は依然として好調だが、船舶が大幅に減少した。ただ、アジア向けの輸出全般が不振となっており、中国の景気失速が大きく影響している。アジア各国による中国向け輸出が減少し、その結果として日本からアジアへの輸出が減るという図式だ。

 輸入額は6兆4325億円と前年同月比で13.4%という大幅減となった。輸入額の減少はこれで10カ月連続となる。輸入額が減少している最大の要因は当然のことながら原油価格の下落であり、日本側の要因ではない。

 このところ原油価格の下落で輸入額が減少し、貿易赤字の縮小が続いてきた。今月はとうとう貿易黒字となったが、季節調整済みの数値では、前月と同様、貿易赤字が継続している。日本の経済構造が変わったわけではなく、今後も基本的には貿易赤字体質が継続すると考えた方が自然である。

 ただ、原油価格が急激に回復する見込みも薄く、しばらくは輸入金額の減少傾向が続く可能性が高い。そうなってくると、輸入価格の上昇を通じたインフレはあまり望めないということになり、日銀の物価目標達成はさらに難しくなるだろう。

 国内では労働需給が逼迫してきており、アルバイトの賃金が高騰している。また電力会社各社は、原油価格が下落していることから、来年1月に一斉に値下げ実施する方針を固めている。
 賃金上昇とエネルギー価格の下落で可処分所得が増え、これが消費増につながれば、経済の好循環が実現できるかもしれない。だが一方で、中国向け輸出の不振というマイナス要素もあり、状況は依然として不透明だ。

 - 経済 , ,

  関連記事

ana787
最新鋭ボーイング787が4連続トラブル。ボーイング社や素材を開発した東レの株価が下落

 夢の最新鋭機として鳴り物入りで導入された最新鋭機ボーイング787型機が4連続で …

kokusaishushi201307
7月の国際収支。貿易赤字を投資収益がカバーする成熟国型体質がより鮮明に

 財務省は9月9日、7月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は5 …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …

nyse03
ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同 …

bananki
バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った …