ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に対して法的な規制もあり得るとの見解を示しており、携帯電話事業者に対する圧力がさらに高まっている。

keitairyoukin
 この議論の発端となったのは、経済財政諮問会議における安倍首相の発言。安倍氏は家計における通信費用負担が増加しているとして、軽減策について検討するよう指示した。これを受けて総務省が有識者会議を開催、具体策についての検討が進められている。

 だが料金見直しに関する議論は迷走している。当初は価格が高いという批判だったが、内容は二転三転し、現在では料金プランが不透明といった議論にすり替わっている。

 現実問題として、日本の携帯電話料金は国際的に見て特別に割高というわけではない。一方、料金プランが不透明で、利用者に選択肢が少ないというのは事実である。
 ただ、国内市場では、思いのほかMVNO(仮想移動体通信事業者)の普及が進んでおらず、利用者がどれほど選択肢の多様性を求めているのかは何とも言えない。
 また、料金プランの不透明性についても、業界内で議論があることは悪いことではないものの、本来は市場で解決すべき問題であり、政権の総力をあげて取り組むようなテーマなのかについては大いに疑問が残る。

 高市氏は、政権内での存在感が今ひとつであり、今回の一件では、かなりの意気込みを見せていると言われる。また安倍政権全体としても、拳を振り上げてしまった以上、どこかで落とし所を確保する必要に迫られている。

 政府の具体的な対応は、有識者会議が12月中にまとめる提言を見てからということになるが、高市氏は、データ通信料が少ない利用者向けプランの改善についてたびたび発言している。おそらくこのあたりが、政府と携帯電話事業者の最終的な妥協点となってくる可能性が高い。

 それにしても、本来、市場で解決できるような課題が、大きな政治問題になっているという状況は、日本の経済システム、政治システムの劣化を象徴しているのかもしれない。

 - 政治, 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

saguradafamilia
欧州の国債入札が好調。日本に避難した資金が欧州に回帰して円安になった?

 欧州での国債入札が好調だ。22日に行われたスペイン国債の入札では、予想を上回る …

no image
中国初の空母が正式に就役。名前は「釣魚島(尖閣)」ではなく「遼寧」だった

 中国初の空母となる旧ソ連製の「ワリャーグ」が正式に就役した。注目されていた名称 …

pakugiwaku
韓国の学歴社会がもたらす、朴槿恵大統領に対する激しい怒り

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が厳しい立場に追い込まれている。支持率は10% …

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

abe20130901
安倍政権が消費増税を前提にした動きを加速。増税決定はすでに暗黙の了解?

 安倍政権が消費税増税を前提にした動きを加速している。増税の最終判断は10月1日 …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

gun
3Dプリンタの普及で銃の自宅製造が可能に?日本で懸念されるヒステリックな過剰規制

 3次元データをもとに、立体的なオブジェクトを手軽に作ることができる3Dプリンタ …

gay
同性婚の問題が政治的不安定要素として急浮上。国民大分裂の可能性も

 同性婚の問題が国際社会における政治的不安定要素として急浮上してきている。米国で …