ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に対して法的な規制もあり得るとの見解を示しており、携帯電話事業者に対する圧力がさらに高まっている。

keitairyoukin
 この議論の発端となったのは、経済財政諮問会議における安倍首相の発言。安倍氏は家計における通信費用負担が増加しているとして、軽減策について検討するよう指示した。これを受けて総務省が有識者会議を開催、具体策についての検討が進められている。

 だが料金見直しに関する議論は迷走している。当初は価格が高いという批判だったが、内容は二転三転し、現在では料金プランが不透明といった議論にすり替わっている。

 現実問題として、日本の携帯電話料金は国際的に見て特別に割高というわけではない。一方、料金プランが不透明で、利用者に選択肢が少ないというのは事実である。
 ただ、国内市場では、思いのほかMVNO(仮想移動体通信事業者)の普及が進んでおらず、利用者がどれほど選択肢の多様性を求めているのかは何とも言えない。
 また、料金プランの不透明性についても、業界内で議論があることは悪いことではないものの、本来は市場で解決すべき問題であり、政権の総力をあげて取り組むようなテーマなのかについては大いに疑問が残る。

 高市氏は、政権内での存在感が今ひとつであり、今回の一件では、かなりの意気込みを見せていると言われる。また安倍政権全体としても、拳を振り上げてしまった以上、どこかで落とし所を確保する必要に迫られている。

 政府の具体的な対応は、有識者会議が12月中にまとめる提言を見てからということになるが、高市氏は、データ通信料が少ない利用者向けプランの改善についてたびたび発言している。おそらくこのあたりが、政府と携帯電話事業者の最終的な妥協点となってくる可能性が高い。

 それにしても、本来、市場で解決できるような課題が、大きな政治問題になっているという状況は、日本の経済システム、政治システムの劣化を象徴しているのかもしれない。

 - 政治, 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

kaisatu
イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部 …

kabuka
アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場 …

abeputin
日本の制裁措置にロシア側が反発。安倍政権の対ロ独自外交は難しい局面に

 ウクライナ問題をめぐるロシアへの経済制裁について、ロシア側が反発している。ロシ …

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

shukinpei
中国に異変?新聞検閲問題が北京にも波及し、香港では行政長官弾劾の動き

 中国共産党による独裁体制を批判する動きが、国内でじわじわと広がってきている。新 …

recruit
リクルートがネット通販事業に参入。だが敵は楽天とアマゾンにあらず

 リクルートホールディングスは、来年3月をめどにインターネット通販事業に参入する …

yasudakodo
キャリア公務員の合格者。結局は旧帝大と早慶ばかりで何も変わっていない

 公務員の地位低下が叫ばれて久しい。東大生で国家公務員試験Ⅰ種(いわゆるキャリア …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

mosado02
オーストラリア人工作員の不審死で明るみに出たモサド対外工作活動の実態

 イスラエルの諜報機関モサドの工作員だったオーストラリア人男性が、イスラエルの刑 …