ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に対して法的な規制もあり得るとの見解を示しており、携帯電話事業者に対する圧力がさらに高まっている。

keitairyoukin
 この議論の発端となったのは、経済財政諮問会議における安倍首相の発言。安倍氏は家計における通信費用負担が増加しているとして、軽減策について検討するよう指示した。これを受けて総務省が有識者会議を開催、具体策についての検討が進められている。

 だが料金見直しに関する議論は迷走している。当初は価格が高いという批判だったが、内容は二転三転し、現在では料金プランが不透明といった議論にすり替わっている。

 現実問題として、日本の携帯電話料金は国際的に見て特別に割高というわけではない。一方、料金プランが不透明で、利用者に選択肢が少ないというのは事実である。
 ただ、国内市場では、思いのほかMVNO(仮想移動体通信事業者)の普及が進んでおらず、利用者がどれほど選択肢の多様性を求めているのかは何とも言えない。
 また、料金プランの不透明性についても、業界内で議論があることは悪いことではないものの、本来は市場で解決すべき問題であり、政権の総力をあげて取り組むようなテーマなのかについては大いに疑問が残る。

 高市氏は、政権内での存在感が今ひとつであり、今回の一件では、かなりの意気込みを見せていると言われる。また安倍政権全体としても、拳を振り上げてしまった以上、どこかで落とし所を確保する必要に迫られている。

 政府の具体的な対応は、有識者会議が12月中にまとめる提言を見てからということになるが、高市氏は、データ通信料が少ない利用者向けプランの改善についてたびたび発言している。おそらくこのあたりが、政府と携帯電話事業者の最終的な妥協点となってくる可能性が高い。

 それにしても、本来、市場で解決できるような課題が、大きな政治問題になっているという状況は、日本の経済システム、政治システムの劣化を象徴しているのかもしれない。

 - 政治, 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

sangiinabe01
総額5.5兆円の補正予算が可決成立。だが昨年より規模が小さく、効果は限定的

 参議院は2014年2月6日、消費税増税をにらんだ経済対策を柱とする2013年度 …

no image
自民総裁選。谷垣総裁はポイ捨てされ、石原幹事長が優勢か?

 9月26日に投票を控えた自民党の総裁選。再選を目指す谷垣禎一総裁は、出身派閥の …

girishagikai
ギリシャが事実上、旧通貨発行と同じ効果を持つ約束手形の発行に追い込まれる?

 ドイツのショイブレ財務相は、欧州メディアのインタビュー記事において、ギリシャが …

sonmasayosi
ソフトバンクが連続して大型買収に踏み切ったのは、前回の買収を成功させるため?

 ソフトバンクが米携帯電話4位のTモバイルUSを約2兆円で買収すると報道されてい …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …