ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に対して法的な規制もあり得るとの見解を示しており、携帯電話事業者に対する圧力がさらに高まっている。

keitairyoukin
 この議論の発端となったのは、経済財政諮問会議における安倍首相の発言。安倍氏は家計における通信費用負担が増加しているとして、軽減策について検討するよう指示した。これを受けて総務省が有識者会議を開催、具体策についての検討が進められている。

 だが料金見直しに関する議論は迷走している。当初は価格が高いという批判だったが、内容は二転三転し、現在では料金プランが不透明といった議論にすり替わっている。

 現実問題として、日本の携帯電話料金は国際的に見て特別に割高というわけではない。一方、料金プランが不透明で、利用者に選択肢が少ないというのは事実である。
 ただ、国内市場では、思いのほかMVNO(仮想移動体通信事業者)の普及が進んでおらず、利用者がどれほど選択肢の多様性を求めているのかは何とも言えない。
 また、料金プランの不透明性についても、業界内で議論があることは悪いことではないものの、本来は市場で解決すべき問題であり、政権の総力をあげて取り組むようなテーマなのかについては大いに疑問が残る。

 高市氏は、政権内での存在感が今ひとつであり、今回の一件では、かなりの意気込みを見せていると言われる。また安倍政権全体としても、拳を振り上げてしまった以上、どこかで落とし所を確保する必要に迫られている。

 政府の具体的な対応は、有識者会議が12月中にまとめる提言を見てからということになるが、高市氏は、データ通信料が少ない利用者向けプランの改善についてたびたび発言している。おそらくこのあたりが、政府と携帯電話事業者の最終的な妥協点となってくる可能性が高い。

 それにしても、本来、市場で解決できるような課題が、大きな政治問題になっているという状況は、日本の経済システム、政治システムの劣化を象徴しているのかもしれない。

 - 政治, 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

hakukirai
中国最大の汚職事件の中心人物、薄熙来氏が起訴。だがせいぜい禁固刑との噂

 かつて中国、重慶市のトップとして君臨し、政治局常務委員入りが確実といわれながら …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …

mynumberseido
マインナンバーを持てない海外赴任者は、日本にある自分の口座に送金できない?

 マイナンバー制度のスタートに伴って、海外居住者が日本国内の自分の口座に送金でき …

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

obamadenwa
オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日 …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …