ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において、トルコ領空を侵犯したロシア軍機を撃墜したと発表した。ロシア側はトルコを強く非難している。

su24

 撃墜されたのは、ロシアの戦闘爆撃機スホイ24型機(Su-24)で、シリアとの国境付近を高度6000メートルで飛行中だった。トルコ側の発表によると、5分間に10回の警告を行ったにもかかわらず退去しなかったため、F-16戦闘機がロシア軍機を撃墜したという。

 ロシア軍機はシリア領内のラタキアの近郊に墜落、パイロット2名はパラシュートで脱出したが、うち1名は降下中に銃撃を受けて死亡した。また、脱出したパイロットの救出に向かったロシア軍のヘリ2機が、シリア領内で攻撃を受け、兵士1名が死亡している。攻撃しているのは、シリアの反体制派とみられる。

 トルコとロシアは、対イスラム国(IS)では一致しているが、シリアのアサド政権の去就をめぐっては立場が異なる。特にトルコ側は、ロシアがISだけでなく、アサド政権の反体制派も空爆していることについて強く反発しており、今回のような偶発的な事態が起こりやすい状況が続いていた。

 プーチン大統領は、トルコを「テロリストの手先」と呼び強く非難しているが、欧米各国はロシアに対して冷静な対応を呼びかけている。またロシア側も、対ISでの強調路線を通じ、クリミア問題を発端とした孤立状態から脱却したいと考えており、トルコと全面的に対立することは避けたいはずだ。

 逆に言えば、トルコ側はこうした状況を見越して、撃墜に踏み切ったと見ることもできる。トルコにとっては、ロシアと欧米各国の協調路線が過度に進展することは望ましくない。このタイミングでクギを刺しておいた方がよいとの判断が働いても不思議ではない。

 今回の事件を通じて、アサド政権をめぐるトルコとロシアの対立が、あらためて浮き彫りになった。アサド政権が継続している限り、ロシアと欧米が強調路線を構築するのは、容易なことではなさそうだ。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

kokintou
胡錦濤グループが急速に巻き返し。広東省と重慶市のトップは自派で固める

 中国共産党の政治局常務委員の選出で劣勢に立たされていた胡錦濤前共産党総書記のグ …

shukinpeibaeikyu
中台首脳が66年ぶりの歴史的会談へ。だが台湾総統選挙には逆効果?

 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日、シンガポールで会 …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

tocho
都庁職員が猪瀬知事のツイッター活用指示に困惑。なぜ公務員はITを駆使できないのか?

 猪瀬直樹東京都知事が、全部局に支持したツイッターによる情報発信に都庁職員が苦慮 …

kourousho
「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣 …

putingunjiryoku
プーチン大統領が雇用対策から武器輸出強化を表明。苦しいロシアの台所事情

  ロシアのプーチン大統領は2014年7月7日、国内の雇用を創出するため武器輸出 …

honkon
香港で開催予定のAPECが突然北京に変更。背景には行政長官の普通選挙問題?

 香港政府は2014年2月25日、9月に香港で開催が予定されているAPEC(アジ …

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …