ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において、トルコ領空を侵犯したロシア軍機を撃墜したと発表した。ロシア側はトルコを強く非難している。

su24

 撃墜されたのは、ロシアの戦闘爆撃機スホイ24型機(Su-24)で、シリアとの国境付近を高度6000メートルで飛行中だった。トルコ側の発表によると、5分間に10回の警告を行ったにもかかわらず退去しなかったため、F-16戦闘機がロシア軍機を撃墜したという。

 ロシア軍機はシリア領内のラタキアの近郊に墜落、パイロット2名はパラシュートで脱出したが、うち1名は降下中に銃撃を受けて死亡した。また、脱出したパイロットの救出に向かったロシア軍のヘリ2機が、シリア領内で攻撃を受け、兵士1名が死亡している。攻撃しているのは、シリアの反体制派とみられる。

 トルコとロシアは、対イスラム国(IS)では一致しているが、シリアのアサド政権の去就をめぐっては立場が異なる。特にトルコ側は、ロシアがISだけでなく、アサド政権の反体制派も空爆していることについて強く反発しており、今回のような偶発的な事態が起こりやすい状況が続いていた。

 プーチン大統領は、トルコを「テロリストの手先」と呼び強く非難しているが、欧米各国はロシアに対して冷静な対応を呼びかけている。またロシア側も、対ISでの強調路線を通じ、クリミア問題を発端とした孤立状態から脱却したいと考えており、トルコと全面的に対立することは避けたいはずだ。

 逆に言えば、トルコ側はこうした状況を見越して、撃墜に踏み切ったと見ることもできる。トルコにとっては、ロシアと欧米各国の協調路線が過度に進展することは望ましくない。このタイミングでクギを刺しておいた方がよいとの判断が働いても不思議ではない。

 今回の事件を通じて、アサド政権をめぐるトルコとロシアの対立が、あらためて浮き彫りになった。アサド政権が継続している限り、ロシアと欧米が強調路線を構築するのは、容易なことではなさそうだ。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

abe
総選挙は自民圧勝。安倍政権で日本はどうなる?政策に関する着目点をまとめてみた

 事前の予想通り、総選挙において自民党が圧勝したことで、永田町では早くも安倍政権 …

no image
李明博大統領、政敵である朴槿恵氏と会談。退任後は逮捕されずに済むのか?

 韓国の李明博大統領と与党セヌリ党の次期大統領候補に指名された朴槿恵氏は2日、青 …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

koushinpari
仏連続テロに抗議する大規模行進に米国不参加。オバマ政権の外交方針が際立つ

 フランスで発生したイスラム過激派テロに抗議する大規模行進が2015年1月11日 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

osupurei
オスプレイ導入で着々と進む自衛隊の海兵隊化。だがソフト面での覚悟は出来てるのか?

 これまで本土防衛能力だけに特化してきた自衛隊が、徐々に米国海兵隊のような国外展 …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

rimpac201401
環太平洋合同軍事演習がハワイ沖でスタート。今年の目玉は初参加する中国軍

 米軍を中心とした太平洋における多国間軍事演習「リムパック」が2014年6月26 …