ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において、トルコ領空を侵犯したロシア軍機を撃墜したと発表した。ロシア側はトルコを強く非難している。

su24

 撃墜されたのは、ロシアの戦闘爆撃機スホイ24型機(Su-24)で、シリアとの国境付近を高度6000メートルで飛行中だった。トルコ側の発表によると、5分間に10回の警告を行ったにもかかわらず退去しなかったため、F-16戦闘機がロシア軍機を撃墜したという。

 ロシア軍機はシリア領内のラタキアの近郊に墜落、パイロット2名はパラシュートで脱出したが、うち1名は降下中に銃撃を受けて死亡した。また、脱出したパイロットの救出に向かったロシア軍のヘリ2機が、シリア領内で攻撃を受け、兵士1名が死亡している。攻撃しているのは、シリアの反体制派とみられる。

 トルコとロシアは、対イスラム国(IS)では一致しているが、シリアのアサド政権の去就をめぐっては立場が異なる。特にトルコ側は、ロシアがISだけでなく、アサド政権の反体制派も空爆していることについて強く反発しており、今回のような偶発的な事態が起こりやすい状況が続いていた。

 プーチン大統領は、トルコを「テロリストの手先」と呼び強く非難しているが、欧米各国はロシアに対して冷静な対応を呼びかけている。またロシア側も、対ISでの強調路線を通じ、クリミア問題を発端とした孤立状態から脱却したいと考えており、トルコと全面的に対立することは避けたいはずだ。

 逆に言えば、トルコ側はこうした状況を見越して、撃墜に踏み切ったと見ることもできる。トルコにとっては、ロシアと欧米各国の協調路線が過度に進展することは望ましくない。このタイミングでクギを刺しておいた方がよいとの判断が働いても不思議ではない。

 今回の事件を通じて、アサド政権をめぐるトルコとロシアの対立が、あらためて浮き彫りになった。アサド政権が継続している限り、ロシアと欧米が強調路線を構築するのは、容易なことではなさそうだ。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

cameron2
EU首脳会議、中期予算の減額でようやく合意。英国リスクが今後の焦点に

 欧州連合(EU)は8日首脳会議を開催し、2014~20年のEU予算について合意 …

mujinki
米司法省の極秘メモが流出。無人機の暗殺対象に米国人も含まれる?

 無人機によるテロリスト殺害の対象者に米国市民も含めることを可能とする米司法省の …

boukusikibetuken
飛行計画提出をめぐって日米で温度差。だが問題の本質はそこではないはずだ

 中国の防空識別圏設定に対する民間航空会社の対応をめぐって、日米政府の対応が分か …

gaikokujinrodosha
これは事実上の移民政策?オリンピック以後も外国人労働者を継続して受け入れへ

 安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に向けて本格的に動き始めた。安倍首相は20 …

seifusenyouki
安倍首相が米国訪問に出発。日本側だけが大はしゃぎで米国側は無関心

 安倍首相は21日夕方、オバマ大統領との首脳会談を行うため、政府専用機で首都ワシ …

asohadaijin201406
問題発言連発の麻生大臣。最後の大物政治家か、無邪気なボンボンか?

 麻生財務大臣の発言が話題になっている。新聞報道によると麻生氏は2014年6月2 …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

panetta
パネッタ米国防長官が辞任の意向。次期オバマ政権では主要閣僚が総入れ替え

 米国防総省のパネッタ長官が、時期オバマ政権では長官に就任しない意向であることが …