ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において、トルコ領空を侵犯したロシア軍機を撃墜したと発表した。ロシア側はトルコを強く非難している。

su24

 撃墜されたのは、ロシアの戦闘爆撃機スホイ24型機(Su-24)で、シリアとの国境付近を高度6000メートルで飛行中だった。トルコ側の発表によると、5分間に10回の警告を行ったにもかかわらず退去しなかったため、F-16戦闘機がロシア軍機を撃墜したという。

 ロシア軍機はシリア領内のラタキアの近郊に墜落、パイロット2名はパラシュートで脱出したが、うち1名は降下中に銃撃を受けて死亡した。また、脱出したパイロットの救出に向かったロシア軍のヘリ2機が、シリア領内で攻撃を受け、兵士1名が死亡している。攻撃しているのは、シリアの反体制派とみられる。

 トルコとロシアは、対イスラム国(IS)では一致しているが、シリアのアサド政権の去就をめぐっては立場が異なる。特にトルコ側は、ロシアがISだけでなく、アサド政権の反体制派も空爆していることについて強く反発しており、今回のような偶発的な事態が起こりやすい状況が続いていた。

 プーチン大統領は、トルコを「テロリストの手先」と呼び強く非難しているが、欧米各国はロシアに対して冷静な対応を呼びかけている。またロシア側も、対ISでの強調路線を通じ、クリミア問題を発端とした孤立状態から脱却したいと考えており、トルコと全面的に対立することは避けたいはずだ。

 逆に言えば、トルコ側はこうした状況を見越して、撃墜に踏み切ったと見ることもできる。トルコにとっては、ロシアと欧米各国の協調路線が過度に進展することは望ましくない。このタイミングでクギを刺しておいた方がよいとの判断が働いても不思議ではない。

 今回の事件を通じて、アサド政権をめぐるトルコとロシアの対立が、あらためて浮き彫りになった。アサド政権が継続している限り、ロシアと欧米が強調路線を構築するのは、容易なことではなさそうだ。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

carlos
カルロス国王次女の脱税疑惑をきっかけに、スペインは過去の呪縛に挑戦する

 スペインのファン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネ …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

obamapowerrice
オバマ大統領が次々と独自色の強い人事案を発表。共和党との対決に自信

 オバマ米大統領は独自色を強く打ち出した人事を相次いで発表している。6月5日、退 …

trump201611b
トランプ政権における安全保障面での一部人事案が明らかに。対テロ強硬派が揃う

 トランプ政権の安全保障分野の陣容が徐々に見えてきた。トランプ氏はオバマ大統領を …

abe201407
安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …