ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バラマキにすらなっていない。官庁や独法の予算配分に終始したTPP大綱

 

 政府は2015年11月25日、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に関する政策大綱を決定した。農業の競争力強化や中小企業の海外展開策などが盛り込まれたが、各省や独立行政法人への予算配分という色彩が強く、バラマキにすらなっていないとの声も聞かれる。

tpptaikou
 このところ政府が発表する政策には、情緒的で曖昧な文言が多用される傾向が顕著だが、今回の政策大綱においても「新輸出大国」「グローバルハブ」「新農政時代」といった抽象的・情緒的なキーワードが並ぶ。

 だが中身を検証してみると、目新しいものはほとんどない。新輸出大国は、中小企業の海外展開を支援するというもので、具体策としてはJETRO(日本貿易振興機構)、中小企業基盤整備機構、経済産業局などを通じた、説明会の開催、手引き書の作成、相談体制の整備などが列挙されている。
 つまり、府省や独立行政法人などに予算を配分し、その予算を使って説明会をイベント会社に発注したり、制作会社に手引き書の作成を依頼するという形になる。要するに役所に対する予算配分というわけだ。

 グローバルハブも同様である。大綱では海外からの投資を活発化させ、2018年度までに470社以上の海外企業の誘致を実現するとしている。ここでもJETROを通じた誘致活動の強化が盛り込まれた。
 海外からの投資を増やすというのは、成長戦略の中核としてずっと提唱されてきたものだが、いまだに実現していない。日本に対する投資が少ないのは、閉鎖的なビジネス環境や規制が原因であり、宣伝活動の不足ではない。JETROの予算をさらに増やしたとしても、状況は何も変わらないだろう。

 新農政時代については、これまで2020年としていた農林水産物や食品の輸出額1兆円という目標を前倒すことが明記された。すでに立てている目標を前倒しすることが、果たして「政策大綱」なのか、違和感を覚える人が多いだろう。
 具体的にはTPP参加国に対して、食に関するプロモーションを実施するなどの措置が盛り込まれた。これもイベント会社や広告代理店などへの発注という形になるだろう。

 TPP対策については、補正予算と結び付き、バラマキになるのではないかという懸念があった。だが、フタを開けてみると、直接的な支援は、備蓄米の買い上げなど、農家に対する支援策にとどまっており、官庁やそれを取り巻く独立行政法人に対する予算配分に終始している。
 つまり役所の予算配分でしかなく、バラマキにすらなっていない状況といってよい。参院選を見据えた選挙対策という点から見ても、効果は薄いかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

naikakukaizou201409
内閣改造、人事のポイントは派閥力学。政策面ではTPPと株価維持

 安倍首相は2014年9月3日、内閣改造と党役員人事を行った。直前に石破氏が幹事 …

chousahogei
調査捕鯨中止の判決は、ムラ社会型日本外交の完全な敗北

 国際司法裁判所は2014年3月31日、南極海で行われている日本の調査捕鯨を中止 …

obamacuba
米国とキューバが50年にわたる対立に終止符。仲介役はローマ法王庁

 オバマ米大統領は2014年12月17日、50年以上にわたって国交を断絶していた …

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …

rodman
NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデ …

singapol
シンガポールで深夜の飲酒が禁止。背景にあるのは外国人労働者問題

 シンガポールで4月1日から、午後10時半以降の屋外での飲酒を禁じる法律が施行さ …

abe20150814
安倍首相が70年談話を発表。政権弱体化を印象付ける無難な内容

 安倍首相は2015年8月14日、戦後70年談話を発表した。注目されていた歴史認 …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …

weibo2014
中国政府が、ネットでの言論の自由が保障されているとする白書を公表

 中国国務院(中国政府)の新聞弁公室(報道監督を担当する部署)は2014年5月、 …