ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バラマキにすらなっていない。官庁や独法の予算配分に終始したTPP大綱

 

 政府は2015年11月25日、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に関する政策大綱を決定した。農業の競争力強化や中小企業の海外展開策などが盛り込まれたが、各省や独立行政法人への予算配分という色彩が強く、バラマキにすらなっていないとの声も聞かれる。

tpptaikou
 このところ政府が発表する政策には、情緒的で曖昧な文言が多用される傾向が顕著だが、今回の政策大綱においても「新輸出大国」「グローバルハブ」「新農政時代」といった抽象的・情緒的なキーワードが並ぶ。

 だが中身を検証してみると、目新しいものはほとんどない。新輸出大国は、中小企業の海外展開を支援するというもので、具体策としてはJETRO(日本貿易振興機構)、中小企業基盤整備機構、経済産業局などを通じた、説明会の開催、手引き書の作成、相談体制の整備などが列挙されている。
 つまり、府省や独立行政法人などに予算を配分し、その予算を使って説明会をイベント会社に発注したり、制作会社に手引き書の作成を依頼するという形になる。要するに役所に対する予算配分というわけだ。

 グローバルハブも同様である。大綱では海外からの投資を活発化させ、2018年度までに470社以上の海外企業の誘致を実現するとしている。ここでもJETROを通じた誘致活動の強化が盛り込まれた。
 海外からの投資を増やすというのは、成長戦略の中核としてずっと提唱されてきたものだが、いまだに実現していない。日本に対する投資が少ないのは、閉鎖的なビジネス環境や規制が原因であり、宣伝活動の不足ではない。JETROの予算をさらに増やしたとしても、状況は何も変わらないだろう。

 新農政時代については、これまで2020年としていた農林水産物や食品の輸出額1兆円という目標を前倒すことが明記された。すでに立てている目標を前倒しすることが、果たして「政策大綱」なのか、違和感を覚える人が多いだろう。
 具体的にはTPP参加国に対して、食に関するプロモーションを実施するなどの措置が盛り込まれた。これもイベント会社や広告代理店などへの発注という形になるだろう。

 TPP対策については、補正予算と結び付き、バラマキになるのではないかという懸念があった。だが、フタを開けてみると、直接的な支援は、備蓄米の買い上げなど、農家に対する支援策にとどまっており、官庁やそれを取り巻く独立行政法人に対する予算配分に終始している。
 つまり役所の予算配分でしかなく、バラマキにすらなっていない状況といってよい。参院選を見据えた選挙対策という点から見ても、効果は薄いかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

hasimoto
維新の会が大失速。安倍氏は旧自民党の政策に逆戻り

 大阪維新の会が大失速している。各種世論調査は支持率が低迷、維新の会が開催する政 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

pakukune
韓国初の女性大統領、朴槿恵(パク・クネ)氏とはどんな人物か?

 韓国の大統領選挙は19日投開票が行われ、与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補 …

shuraisukaidan
習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談 …

taiwanshobancho
10年以内に台湾問題を解決するとも取れる、習近平主席による注目発言の背景とは

 中国が台湾の統一工作に積極的に乗り出している。APEC(アジア太平洋経済協力会 …

mof03
2016年度予算を閣議了解。要求額は昨年度と同様100兆円超えか?

 政府は2015年7月24日、2016年度予算の概算要求基準を閣議了解した。昨年 …

jikyu1500en
ファストフード店賃上げデモ。時給1500円要求は高いか安いか?

 ファストフード店などで働く人の賃金アップを求めるデモが2015年4月15日、東 …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

koikekyosan
法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が …