ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投資を今後3年間で10兆円増やすことが可能であると発言した。
 政府からの強い要請を受けて、具体的な金額に言及した形だが、本来、個別企業の経営環境に基づいて決定されるべき設備投資の額が、政府からの要請で決定されるという異様な状況となっている。

sakakibara

 安倍政権は、政府と財界が賃上げなどについて議論する官民対話と呼ばれる会議を開催している。7~9月期のGDP(国内総生産)が設備投資の低迷で2四半期連続のマイナスとなったことから、安倍政権は企業の設備投資に対する消極姿勢を問題視している。26日の会議では何らかの回答をするよう財界に強く要請していた。
 甘利経財相は25日の記者会見において、翌日の官民対話に関して「財界からの決意を聞きたい」という発言まで行っている。

 慌てた経団連側が会議の場で提示したのが、設備投資10兆円増という数字である。だがこの数字は2014年度のGDP(国内総生産)における設備投資額69.4兆円をベースに、安倍政権が掲げる名目GDP600兆円の達成に必要な成長率を単純に掛け合わせたものに過ぎず、企業の経営状況を考慮したものではない。
 さらに榊原氏は、来年の春闘について「今年を上回る実績を期待する」と述べ、事実上、今年以上の賃上げを行う事についても明言した。

 経団連側の提案を受けて安倍首相は、法人実効税率を現在の32.11%から2016年度に20%台に引き下げることを関係各省に指示している。法人税減税を前倒しする代わりに、賃上げと設備投資強化を受け入れさせた格好だ。

 日本企業が機能不全に陥っているのは事実だが、政府が設備投資の増額や賃上げを企業に強要しても根本的な解決にはならない。政府が行うべきなのは、企業活動を活発にするための環境作りであり、それ以上でもそれ以下でもないはずだ。ましてや、設備投資について「決意」を迫るようなものではないだろう。

 政府が具体的な数字に関与し、財界側がこれを受け入れるというのは、かなり異様な光景だが、問題なのは当事者にその意識が希薄なことである。政権幹部は「決意」というような情緒的な言葉で財界に圧力をかけ、財界はどこまでコミットできるのか分からない数字であっても、いとも簡単に口にする。

 経団連が数字に言及したからといって各企業が一律に設備投資額を上乗せするとは限らない。仮に賃上げと設備投資増強に踏み切った場合でも、企業は利益を確保するため、下請けへの値引き圧力を強めたり、非正規社員の待遇を悪化させるといった措置を行う可能性が高いだろう。結局、来年の官民対話でも、同じような議論が繰り返され、空虚で情緒的な言葉だけが飛び交うことになるのかもしれない。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

mof
10年後には国債1000兆円との財務省試算。だが前提条件が甘く、現実はもっと厳しい

 財務省は3月6日、国債の残高が10年後の2022年度末に1000兆円を超えると …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

tokyotower02
円安で訪日外国人客が急増。ただし、国際的に見ると日本への観光客は異常に少ない

 日本政府観光局(JNTO)は5月22日、4月における訪日外国人客数を発表した。 …

kishidaputin
一筋縄ではいかない日露交渉。プーチン大統領は意図的な遅刻で日本側を翻弄?

 岸田文雄外務大臣はロシアのプーチン大統領らとモスクワで会談し、今月に開催される …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

subic00
米軍がフィリピンの巨大軍事基地を復活。太平洋の重要拠点は日本ではなくなっている

 米軍がアジア太平洋地域に対する軍事力のシフトを強化している。  フィリピン政府 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …