ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国の人民元を採用することを正式に決定した。ただ、実際にSDRに採用されるのは来年10月となっており、中国当局に対して人民元の自由化や透明化を強く要請する形となった。

imfsdr

 SDRとは、IMFが設置している準備金の一種で、これまではドル、ユーロ、円、ポンドという4つの通貨で構成されていた。加盟国にとっては一種のオプションが付与されたような形となっており、通貨危機などが発生した場合には、加盟国がSDRを他国に渡すことで、主要4通貨と交換できる。受け取った主要通貨を自国の金融システム安定化に活用するという仕組みである。

 IMFは基本的にドル・ベースでオペレーションを行っているが、SDRはIMFが持つドルの自己資金を補完する役割を担っている。つまりSDRに採用されるということは、国際的に信頼性の高い通貨として認められたことを意味する。SDRに新しく通貨を加えるのは1981年の現行制度発足以来初めて。

 これまで4通貨の比率は、ドル41.9%、ユーロ37.4%、英ポンド11.3%、円9.4%だった。人民元追加後は、ドル41.73%、ユーロ30.93%、人民元10.92%、円8.33%、ポンド8.09%となる。ドルの構成比率はほとんど変わらず、ユーロ、ポンド、円の比率が低下した。

 SDRに通貨を採用するためには「貿易量」と「通貨取引の自由度」という2つの条件を満たす必要がある。中国の貿易量はすでにユーロ圏に次ぐ水準となっており、アジア地域を中心に人民元での決済も広く行われており、この部分については問題なくクリアできる。
 一方、通貨取引の自由度については不十分な状況が続いている。中国は、人民元の為替相場を一定の範囲内でコントロールする「管理変動相場制」を導入しており、通貨の取引は事実上、中国政府の管理下にある。人民元が国際通貨となるためには、人民元の自由な取引を拡大させていく必要がある。

 IMFが人民元の完全な自由化を待たずにSDR採用へと踏み切ったのは、中国に対して迅速に人民元の自由化を迫る意図があると考えられる。IMFのラガルド専務理事も「人民元改革がスムーズに進むのか監視していく」と発言しており、一定の留保があることを匂わせた。
 ただ、人民元のSDR採用が覆る可能性はほとんどなく、人民元は今後、本格的に国際市場で流通し始めることになる。当面は中国政府の規制が緩むことで、人民元に対しては売り圧力が高まり、弱めに推移するとの見方が強い。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

kagoike
「森友」疑惑に関して国策捜査発動との観測。日本の議会制民主主義にとって正念場

 学校法人「森友学園」に対する国有地払い下げ問題をめぐり、国会で証人喚問を受けた …

kerryohki
ケリー国務長官のアジア歴訪。カギとなったのはやはり中国との会談

 米国のケリー国務長官は4月12日から15日の日程で韓国、中国、日本を相次いで訪 …

puting20
原油価格の低迷が促す、地政学的バランスの変化

 原油価格の大幅な下落で、ロシアやベネズエラといった反米的なスタンスだった産油国 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

abesanin
再び日銀法改正を持ち出す強気の首相。一部からはインフレ後を心配する声も

 国会において2012年度補正予算の審議が本格化したことをうけて、アベノミクスに …

appledidi
アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100 …

abewomen
安倍首相が経済界に女性登用を要請。女性の社会進出は経済成長を実現するのか?

 安倍首相は4月19日、日本記者クラブで講演し、自身が提唱する成長戦略について説 …

sony
ソニーが業績見通しを大幅下方修正。同社がフツーの会社だと考えれば妥当な内容

 ソニーは2014年2月6日、2014年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正した …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …