ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国の人民元を採用することを正式に決定した。ただ、実際にSDRに採用されるのは来年10月となっており、中国当局に対して人民元の自由化や透明化を強く要請する形となった。

imfsdr

 SDRとは、IMFが設置している準備金の一種で、これまではドル、ユーロ、円、ポンドという4つの通貨で構成されていた。加盟国にとっては一種のオプションが付与されたような形となっており、通貨危機などが発生した場合には、加盟国がSDRを他国に渡すことで、主要4通貨と交換できる。受け取った主要通貨を自国の金融システム安定化に活用するという仕組みである。

 IMFは基本的にドル・ベースでオペレーションを行っているが、SDRはIMFが持つドルの自己資金を補完する役割を担っている。つまりSDRに採用されるということは、国際的に信頼性の高い通貨として認められたことを意味する。SDRに新しく通貨を加えるのは1981年の現行制度発足以来初めて。

 これまで4通貨の比率は、ドル41.9%、ユーロ37.4%、英ポンド11.3%、円9.4%だった。人民元追加後は、ドル41.73%、ユーロ30.93%、人民元10.92%、円8.33%、ポンド8.09%となる。ドルの構成比率はほとんど変わらず、ユーロ、ポンド、円の比率が低下した。

 SDRに通貨を採用するためには「貿易量」と「通貨取引の自由度」という2つの条件を満たす必要がある。中国の貿易量はすでにユーロ圏に次ぐ水準となっており、アジア地域を中心に人民元での決済も広く行われており、この部分については問題なくクリアできる。
 一方、通貨取引の自由度については不十分な状況が続いている。中国は、人民元の為替相場を一定の範囲内でコントロールする「管理変動相場制」を導入しており、通貨の取引は事実上、中国政府の管理下にある。人民元が国際通貨となるためには、人民元の自由な取引を拡大させていく必要がある。

 IMFが人民元の完全な自由化を待たずにSDR採用へと踏み切ったのは、中国に対して迅速に人民元の自由化を迫る意図があると考えられる。IMFのラガルド専務理事も「人民元改革がスムーズに進むのか監視していく」と発言しており、一定の留保があることを匂わせた。
 ただ、人民元のSDR採用が覆る可能性はほとんどなく、人民元は今後、本格的に国際市場で流通し始めることになる。当面は中国政府の規制が緩むことで、人民元に対しては売り圧力が高まり、弱めに推移するとの見方が強い。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …

mof05
2016年度予算の概算要求はさらに大型化。財務省は前年度並みに減額したいところだが

 財務省は2015年9月4日、2016年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …

koiketochiji
小池知事が築地市場移転延期を正式に表明。土壌汚染の実態はどの程度?

 東京都の小池百合子知事は2016年8月31日、築地市場の豊洲への移転延期を正式 …

nagunki
南軍旗撤去問題から考える、人種差別、地域主義、そして民主主義

 米国南部サウスカロライナ州の教会で黒人9人が射殺された事件をめぐり、州議事堂に …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

merukerurainiti
ドイツの対日感情が悪化する中、メルケル首相が来日。関係再構築は可能か?

 ドイツのメルケル首相が2015年3月9日午前、羽田空港に到着した。メルケル氏の …