ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国の人民元を採用することを正式に決定した。ただ、実際にSDRに採用されるのは来年10月となっており、中国当局に対して人民元の自由化や透明化を強く要請する形となった。

imfsdr

 SDRとは、IMFが設置している準備金の一種で、これまではドル、ユーロ、円、ポンドという4つの通貨で構成されていた。加盟国にとっては一種のオプションが付与されたような形となっており、通貨危機などが発生した場合には、加盟国がSDRを他国に渡すことで、主要4通貨と交換できる。受け取った主要通貨を自国の金融システム安定化に活用するという仕組みである。

 IMFは基本的にドル・ベースでオペレーションを行っているが、SDRはIMFが持つドルの自己資金を補完する役割を担っている。つまりSDRに採用されるということは、国際的に信頼性の高い通貨として認められたことを意味する。SDRに新しく通貨を加えるのは1981年の現行制度発足以来初めて。

 これまで4通貨の比率は、ドル41.9%、ユーロ37.4%、英ポンド11.3%、円9.4%だった。人民元追加後は、ドル41.73%、ユーロ30.93%、人民元10.92%、円8.33%、ポンド8.09%となる。ドルの構成比率はほとんど変わらず、ユーロ、ポンド、円の比率が低下した。

 SDRに通貨を採用するためには「貿易量」と「通貨取引の自由度」という2つの条件を満たす必要がある。中国の貿易量はすでにユーロ圏に次ぐ水準となっており、アジア地域を中心に人民元での決済も広く行われており、この部分については問題なくクリアできる。
 一方、通貨取引の自由度については不十分な状況が続いている。中国は、人民元の為替相場を一定の範囲内でコントロールする「管理変動相場制」を導入しており、通貨の取引は事実上、中国政府の管理下にある。人民元が国際通貨となるためには、人民元の自由な取引を拡大させていく必要がある。

 IMFが人民元の完全な自由化を待たずにSDR採用へと踏み切ったのは、中国に対して迅速に人民元の自由化を迫る意図があると考えられる。IMFのラガルド専務理事も「人民元改革がスムーズに進むのか監視していく」と発言しており、一定の留保があることを匂わせた。
 ただ、人民元のSDR採用が覆る可能性はほとんどなく、人民元は今後、本格的に国際市場で流通し始めることになる。当面は中国政府の規制が緩むことで、人民元に対しては売り圧力が高まり、弱めに推移するとの見方が強い。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

ishiba
安倍首相は政権運営に自信満々?ガス抜きとしての党内人事や内閣改造も不必要

 自民党は9月17日、役員会を開催し、今月末に任期が切れる石破幹事長ら党三役を続 …

abe201405
集団的自衛権見直しの報告書提出へ。ただ公明への配慮から閣議決定時期は流動的

 集団的自衛権の行使に関する憲法解釈見直しを議論している安倍首相の私的懇談会は、 …

sonyhirai
ソニーが今年も業績の下方修正。悪材料小出しはもはや同社のお家芸

 経営再建中のソニーは2014年9月17日、2015年3月期の業績見通しについて …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …