ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

山手線新型車両E235が連続トラブルで運行休止。原因はソフトのバグと思われるが・・・

 

 東京オリンピックを見据え、13年ぶりの刷新と鳴り物入りでデビューしたJR山手線の新型車両E235系でトラブルが続出、運転を見合わせるという事態になっている。ソフトウェアの不具合が原因と思われるが、営業運転再開のメドは立っていない。

jre235

 トラブルが発生したのは2015年11月30日。目黒駅でブレーキ調整がうまくいかず停止位置をオーバーして停車するという事象が発生した。続いて大崎駅でドアが開かなくなり、停車位置を修正させてドアを開けたものの、今度は出発ランプがつかなくなった。
 さらに大塚駅では、運転中にブレーキ異常が発生し、機関士が手動運転に切り替えたものの停止位置よりも手前で停車。車内放送ができなくなり、車内灯が消えた。電源をリセットして復旧させたという。

 一連のトラブルの原因は、新型車両に初めて搭載された次世代車両制御システム(INTEROS)におけるソフトウェアの不具合と考えられている。
 JRでは以前から、列車制御のIT化を進めているが、INTEROSでは一段とIT化が加速している。INTEROSは、荷重の重さ(乗客の数)や外気温、モーターの運転状況などをリアルタイムでモニターし、列車の加速や減速、停止などをコンピュータで制御する。また社内のモニタやエアコンの調整なども一括で制御できる。

 だがソフトウェア化を進めれば、当然バグ(不具合)という問題がつきまとう。JRでは、これまで何度も試運転を行ってきたが、ラッシュ時の運行というもっとも厳しい条件でのテストは行っておらず、多くをコンピューター上のシミュレーションでカバーしてきたとの報道もある。
 自動運転車の開発に際しては、メーカー各社は気の遠くなるような回数の実地テストを繰り返している。鉄道と自動車を単純比較はできないが、報道内容が事実であれば、実地テスト不足であった可能性は否定できない。

 また一部からは、加速、ブレーキ、エアコンなどあらゆる動作がひとつのシステムに集中していることについて驚きの声も出ているようだ。ただ、制御系をすべて一つのシステムに集約するのは、以前のシステムも同じであり、INTEROS特有の問題ではない。
 INTEROSは一種のオープン・システムであり、従来のクローズドな専用システムとは異なり、拡張性が高い構造となっている。バグを考慮した冗長性の高い設計が必要との指摘は出てくるかもしれない。

 このあたりは、今回の不具合の詳しい原因が特定できないと判断することは難しい。鉄道会社単体のトラブルではあるが、これは社会インフラ全体の問題でもある。透明性の高い議論をしていくことが重要だろう。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

ieiri
電話番号など個人情報をネットで晒す行為は、本当にバカで非常識なのか?

 自分の電話番号をツイッターに公開するという行為がネット上で話題となっている。き …

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …

mandela
南アフリカ、反アパルトヘイト運動の英雄マンデラ元大統領の光と影

 南アフリカ政府は6月23日、入院中のネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体が …

narouchiage
3度目の正直!韓国がロケット打ち上げにようやく成功。それが意味するものとは?

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号(ナロ号)」が30日午後、羅老宇宙センター …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

sagawajoshi
佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送 …

win800
パソコンが消滅する?Windows8が示すパソコン時代の静かな終焉

 マイクロソフトは同社の基本ソフトの最新版である「Windows8」を26日、全 …

senryomap
福島原発80キロ圏内外の放射線量マップ。1年で40%の減少は多いのか少ないのか?

 文部科学省は3月1日、東京電力福島第1原発から半径80キロ圏内外で測定した昨年 …