ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

山手線新型車両E235が連続トラブルで運行休止。原因はソフトのバグと思われるが・・・

 

 東京オリンピックを見据え、13年ぶりの刷新と鳴り物入りでデビューしたJR山手線の新型車両E235系でトラブルが続出、運転を見合わせるという事態になっている。ソフトウェアの不具合が原因と思われるが、営業運転再開のメドは立っていない。

jre235

 トラブルが発生したのは2015年11月30日。目黒駅でブレーキ調整がうまくいかず停止位置をオーバーして停車するという事象が発生した。続いて大崎駅でドアが開かなくなり、停車位置を修正させてドアを開けたものの、今度は出発ランプがつかなくなった。
 さらに大塚駅では、運転中にブレーキ異常が発生し、機関士が手動運転に切り替えたものの停止位置よりも手前で停車。車内放送ができなくなり、車内灯が消えた。電源をリセットして復旧させたという。

 一連のトラブルの原因は、新型車両に初めて搭載された次世代車両制御システム(INTEROS)におけるソフトウェアの不具合と考えられている。
 JRでは以前から、列車制御のIT化を進めているが、INTEROSでは一段とIT化が加速している。INTEROSは、荷重の重さ(乗客の数)や外気温、モーターの運転状況などをリアルタイムでモニターし、列車の加速や減速、停止などをコンピュータで制御する。また社内のモニタやエアコンの調整なども一括で制御できる。

 だがソフトウェア化を進めれば、当然バグ(不具合)という問題がつきまとう。JRでは、これまで何度も試運転を行ってきたが、ラッシュ時の運行というもっとも厳しい条件でのテストは行っておらず、多くをコンピューター上のシミュレーションでカバーしてきたとの報道もある。
 自動運転車の開発に際しては、メーカー各社は気の遠くなるような回数の実地テストを繰り返している。鉄道と自動車を単純比較はできないが、報道内容が事実であれば、実地テスト不足であった可能性は否定できない。

 また一部からは、加速、ブレーキ、エアコンなどあらゆる動作がひとつのシステムに集中していることについて驚きの声も出ているようだ。ただ、制御系をすべて一つのシステムに集約するのは、以前のシステムも同じであり、INTEROS特有の問題ではない。
 INTEROSは一種のオープン・システムであり、従来のクローズドな専用システムとは異なり、拡張性が高い構造となっている。バグを考慮した冗長性の高い設計が必要との指摘は出てくるかもしれない。

 このあたりは、今回の不具合の詳しい原因が特定できないと判断することは難しい。鉄道会社単体のトラブルではあるが、これは社会インフラ全体の問題でもある。透明性の高い議論をしていくことが重要だろう。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

obamacare
まるで日本の電子政府!オバマケアの中核となるWebサイトでトラブル連発

 米国の医療保険制度改革(いわゆるオバマケア)の中核となるWebサイトが不具合を …

jisingumo
地震予知は可能なのか?期待される大気イオンなどを使った新しい予知方法

 東日本大震災における津波の被害が甚大であったことから、国や自治体では、津波を前 …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

idennsikensa
国内でも遺伝子検査サービスが普及の兆し。利用者が注意すべき点

 遺伝子解析技術を使い、自宅にいながらにして各種の病気に対するリスクを知ることが …

Angelina Jolie
女優アンジェリーナ・ジョリーが悩んだ、がん予防手術のリスクとベネフィット

 米国の著名女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんの発症を未然に防ぐために乳 …

influ
米国でインフルエンザ大流行。米マスコミの感染予防報道には学ぶべき点が多い

 米国でインフルエンザが大流行している。全米の30近くの州で例年をはるかに上回る …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …

merkeru
ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト …

appledidi
アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100 …