ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブック、ザッカーバーグCEOの寄付は本当に寄付なのか?

 

 SNS最大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)と妻のプリシラ・チャン氏は2015年12月1日、自らが保有する同社株の99%を慈善活動に寄付すると発表した。現在の株価で計算すると約450億ドル(約5兆5000億円)になる。
 ただ寄付する先は自らが運営するLLC(有限責任会社)で、資産管理会社に名義を移しただけとも解釈できる。

zakabargukifu

 米国のIT長者が慈善活動に寄付するケースは珍しくないが、ザッカーバーグ氏の場合は、これまでとはやり方が大きく異なっている。通常、資産の寄付は財団を設立する形で行われることが多いのだが、その理由はズバリ税金である。NPOなど慈善団体への資金拠出が義務付けられる代わりに各種税金が免除される。
 資産家は、財団という形で自らの資産を公金にすることで、相続税などの問題に煩わされず、間接的な資産管理を続けることができる。マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏も、同じようなやり方で財団を運営している。

 しかしザッカーバーグ氏が運営しているのはただのLLC(有限責任会社)であり、ごく普通の企業形態である。企業の創業者が、持ち株を個人の所有から資産管理会社に移管するケースは多いが、今回のケースも形式的にはそれと同じことなる。
 ザッカーバーグ氏は、その会社を慈善事業のプロジェクトを目的として運営するという点で寄付と呼んでいるわけだ。

 営利企業なので税金が発生することから、今回のスキームは税金対策にはならない。一方で、政治家に対するロビー活動など、どのようなプロジェクトにも資金を出すことが可能となるので、組織運営の柔軟性は増す。

 ザッカーバーグ氏はかつて学校などに巨額の寄付を行ったものの、寄付金の分配をめぐって組織の内紛が発生し、本当に困っている人にはお金が行き渡らないという事態を経験している。このため、ただお金を渡すだけという従来型の寄付には疑問を感じているといわれており、今回の会社設立を通じて、新しい慈善事業の形態を目指す可能性が指摘されている。

 単なる会社への名義移転なので、ザッカーバーグ氏のフェイスブックに対する支配権に変化はなく、今後もザッカーバーグ氏はフェイスブックの所有者であり続ける。

 今回の名義変更が単なる個人的な野心に基づく行為なのか、慈善事業の世界を変える活気的な取り組みになるのかについては、LLCである「チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブ」がどのような実績を残すのかで判断するしかないだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

banankieren
米FRBが量的緩和縮小を決定。今回の決定が100点満点である理由

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日、FOMC(連邦公開市場 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

no image
検察の独善性は万国共通?韓国検察が相次ぐ不祥事を受けて改革案を策定中。

 日本と同様、絶大な権限と半ば特権的な立場が許容されている韓国の検察当局が、これ …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

jack ma
アリババが上場後初の決算を発表。市場拡大を取り込み業績は順調

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2014年11月4日、2014年7~ …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

shanhai
止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出 …