ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数は前月比21万1000人増となり、景気判断の節目である20万人を上回った。
 良好な雇用環境があらためて確認されたことから、FRB(連邦準備制度理事会)の利上げはほぼ確実な状況となった。市場の関心は、今後のシナリオへと移ることになる。

usakoyoutoukei201511

 米国では 新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。FRB(連邦準備制度理事会)は12月15日・16日に開催されるFOMC(連邦公開市場委員会)において利上げを決断する可能性が高いといわれてきた。FRBのイエレン議長も、各種指標が良好であればという前提条件付きだが、年内利上げを明言している。

 9月の雇用統計は21万3000人増、10月は29万8000人増となっており、雇用が拡大しているのは明らか。7~9月期の実質GDP(国内総生産)は年率換算でプラス2.1%とこちらも良好だった。8月には中国ショックが顕在化していたが、米国経済が内需中心であることなどから、大きな影響は出ていない。11月の失業率は5%と前月比で横ばいだったが、完全雇用は近い。各種指標は12月利上げが確実であることを示していると考えてよいだろう。

 市場はすでに利上げを織り込んだ状態にあるが、今回の雇用統計はそれを裏付けるものであり、市場の関心は利上げの先にシフトすることになる。

 足元の経済環境は良好だが、これは旺盛な米国の個人消費によるものである。一方、世界景気の影響を大きく受ける製造業は、内需中心のサービス業と比較すると状況がよくない。
 米供給管理協会(ISM)が発表した11月の製造業景気指数は前月から1.5ポイント低下し48.6となった。50は景況感の境目とされており、製造業の伸び悩みが顕著となった。

 米国経済が内需中心型といっても、グローバルに展開する製造業は、中国など新興国の景気低迷の影響を受ける。新興国経済の失速が米国経済を直撃する可能性はかなり低くなったが、引き続き、新興国の景気低迷には注意が必要だろう。

 金融政策を正常化するための最大のステップである金利引き上げを無事に実施することができれば、FRBにとって当面の課題はクリアしたことになる。今後は、景気を冷やさないよう、金利引き上げペースをゆっくりとしたものにしていく可能性が高い。
 これに合わせて中国の景気減速もうまく軟着陸させることができれば、来年の世界経済は比較的穏やかに推移することになる。米国の利上げペースに加えて、中国経済の動向についても再び市場の関心が高まってくることになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

tosho05
野村證券が最長70歳まで定年を延長した背景とは?

 野村証券は、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延長し、65歳以 …

nichigin
日銀が正式に2%の物価目標を導入。日銀法の改正はとりあえず回避

 日銀は22日の金融政策決定会合で、2%の物価目標を導入し、その達成に向け、さら …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

chromecast
グーグルがテレビで動画を楽しめる安価な端末を発売開始。そのインパクトは?

 グーグルは2014年5月27日、テレビに接続するだけで、スマホやタブレットの動 …

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …