ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数は前月比21万1000人増となり、景気判断の節目である20万人を上回った。
 良好な雇用環境があらためて確認されたことから、FRB(連邦準備制度理事会)の利上げはほぼ確実な状況となった。市場の関心は、今後のシナリオへと移ることになる。

usakoyoutoukei201511

 米国では 新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。FRB(連邦準備制度理事会)は12月15日・16日に開催されるFOMC(連邦公開市場委員会)において利上げを決断する可能性が高いといわれてきた。FRBのイエレン議長も、各種指標が良好であればという前提条件付きだが、年内利上げを明言している。

 9月の雇用統計は21万3000人増、10月は29万8000人増となっており、雇用が拡大しているのは明らか。7~9月期の実質GDP(国内総生産)は年率換算でプラス2.1%とこちらも良好だった。8月には中国ショックが顕在化していたが、米国経済が内需中心であることなどから、大きな影響は出ていない。11月の失業率は5%と前月比で横ばいだったが、完全雇用は近い。各種指標は12月利上げが確実であることを示していると考えてよいだろう。

 市場はすでに利上げを織り込んだ状態にあるが、今回の雇用統計はそれを裏付けるものであり、市場の関心は利上げの先にシフトすることになる。

 足元の経済環境は良好だが、これは旺盛な米国の個人消費によるものである。一方、世界景気の影響を大きく受ける製造業は、内需中心のサービス業と比較すると状況がよくない。
 米供給管理協会(ISM)が発表した11月の製造業景気指数は前月から1.5ポイント低下し48.6となった。50は景況感の境目とされており、製造業の伸び悩みが顕著となった。

 米国経済が内需中心型といっても、グローバルに展開する製造業は、中国など新興国の景気低迷の影響を受ける。新興国経済の失速が米国経済を直撃する可能性はかなり低くなったが、引き続き、新興国の景気低迷には注意が必要だろう。

 金融政策を正常化するための最大のステップである金利引き上げを無事に実施することができれば、FRBにとって当面の課題はクリアしたことになる。今後は、景気を冷やさないよう、金利引き上げペースをゆっくりとしたものにしていく可能性が高い。
 これに合わせて中国の景気減速もうまく軟着陸させることができれば、来年の世界経済は比較的穏やかに推移することになる。米国の利上げペースに加えて、中国経済の動向についても再び市場の関心が高まってくることになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …

nichigin02
日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

imf201407
IMFの世界経済見通し。機関車役だった米国の失速で、多くの国が下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2014年7月24日、世界経済見通しの改定値を発表した …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …