ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日、パリ協定を採択して閉幕した。途上国を含むすべての国が参加し、拘束力を持つという点で初の試みとなる。ただ、具体的な削減目標については各国の自主性に委ねられており、現実には妥協の産物といってよい。

cop21paris

 パリ協定では、気温上昇を産業革命前に比べて「2度より低く」抑えることが明記され、さらに「1.5度未満に抑える努力をする」という文言も盛り込まれた。この結果、世界全体の温室効果ガスの排出量を今世紀後半に実質的にゼロにするよう取り組む必要が出てくる。

 会議では、高い削減目標を課されることを望まない途上国と先進国との利害が衝突し、なかなか合意が得られなかった。最終的に途上国への資金援助額について年間1000億ドルを下限とする新たな拠出額の目標を決めることで決着した。

 今回の協定によって、参加するすべての国が温暖化ガスの削減目標を設定し、国内対策を実施する義務を負う。一方、全体の気温上昇の目標値は設定するが、各国の具体的な数値は自主的に設定することを前提に交渉は進められた。ある意味では各国がフリーハンドになった状態であり、場合によっては排出量削減がまったく進まない可能性も残されている。

 これまでの地球温暖化対策の枠組みは、基本的に先進国だけに温室効果ガスの削減を義務付ける内容であった。1992年に気候変動枠組条約が採択され、97年にはCOP3が開催され京都議定書がまとまった。しかし、京都議定書は米国の離脱や、日本の目標未達などによって事実上、機能しなくなり、新しい枠組みの構築が求められていた。
 途上国を含むすべての国が協調して削減に取り組むというのは初の試みであり、その点では、パリ協定は歴史的な合意といってよい。

 だが具体的な削減目標の設定はこれからであり、とりあえず各国が同じスタートラインに立ったということでしかない。途上国も含め、今後、どれだけ自国に有利な形で削減目標を提示することができるのか、各国の駆け引きが始まることになる。

 - 政治, 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

sonoayako
保守思想界の大物である曽野綾子氏の発言に、日本社会はどう反応するのか?

 作家の曽野綾子氏による「出産した女性は会社を辞めろ」という趣旨の論文が物議を醸 …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …

h2a
偵察衛星打ち上げに成功。スタートから10年でようやく常時運用体制が整う

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、政府の情報収集衛星「レー …

jenova
ジェノバの港でコンテナ船が管制塔に激突。50メートルの管制塔は完全崩壊

 イタリアのジェノバ港で5月7日、大型のコンテナ船が港の岸壁にある高さ50メート …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

raripeiji
従業員によるCEOランキング、トップはグーグル、2位はナイキ、3位は?

 米キャリア情報サイトのGlassdoorは2015年6月9日、従業員が評価する …

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

ilc
次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致 …