ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBがとうとう利上げを決定。米国経済は非常事態から完全に脱却

 

 FRB(連邦準備制度理事会)がとうとう政策金利の引き上げを決定した。米国の金融政策は、リーマンショックという非常事態への対応から、好調な経済を前提にした舵取りへと180度変わる。

frbzerokinri

 米国の中央銀行にあたるFRBは2015年12月16日、FOMC(連邦公開市場委員会)において、短期金利の指標となるフェデラルファンド金利(FF金利)の目標を0.25%引き上げた。FRBのイエレン議長は、年内の利上げについて何度も言及しており、市場は完全に今回の利上げを織り込んでいたため、驚きの声はない。

 だがリーマンショック以降、大規模な緩和策を継続してきた経緯を考えると、政策金利が引き上げられというのは象徴的な出来事といってよい。米国経済が健全であることを、ようやく明示的に示すことができるようになったからである。

 7~9月期のGDP成長率は年率換算でプラス2.1%、11月の雇用統計は雇用者数の増加が前月比21万1000人増、失業率は5%と非常に好調である。失業率については、今後さらに低下する見込みであり、完全雇用に近づきつつある。金融政策の決定要因として雇用を重視してきたイエレン氏にとっては、満足のいく状況といってよいだろう。

 もっとも、8月には中国ショックがあり、中国経済の失速が米国経済に波及することが懸念された。このためFRBは9月の利上げを見送っている。
 実際、製造業の景況感は悪化しており、米供給管理協会(ISM)が発表した11月の製造業景気指数は48.6と、景気判断の境目である50を割った状況にある。しかし、中国経済の状況が米国経済全体に連鎖する兆候はなく、市場の懸念はほぼ消え去った状況にある。

 ただ、インフレ率は思うように伸びておらず、米国経済はそれほど楽観できる状況ではないとの意見もある。11月の消費者物価指数は前年同月比でプラス0.5%、FRBがインフレ目標の目安として重視しているPCE(個人消費支出)価格指数は、プラス1.3%(10月)と、インフレ目標として掲げる2%からはほど遠い状況にある。
 物価が伸び悩んでいる原因としては、原油安など一時的な要因があると考えられているが、IT化の進展など構造的な要因や、長期的な経済成長の鈍化などマクロ的な要因を指摘する人もいる。

 こうした状況を総合的に考えると、金利の引き上げを決定したものの、今後のペースは緩やかなものとし、緩和的なスタンスを継続する方向性となるだろう。FOMCメンバーの予想をまとめると、来年は4回の利上げを想定していることになるが、実際はもっと少ない回数になると見る専門家もいる。

 インフレ率が低い状態で推移する可能性が高い現状を考えると、金利引き上げで一気に市場が引き締められる可能性は低いだろう。そうなってくると、緩やかなドル高傾向が継続し、米国株はそこそこの水準で推移するというのが、常識的な予想ということになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
鴻海が超大型液晶TVを格安で販売。シャープ経営陣に対するプレッシャーか?

 台湾の経済日報は、シャープに出資を検討している台湾の鴻海精密工業が、11月、6 …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …

no image
米著名ヘッジファンドが苦境に

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立た …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

pwr
原発再稼動が進み始めているが、三菱重工と日立の原発事業統合はどうなる?

 安倍政権が原発再稼動に向け着々と布石を打っていることから、電力システム部門の統 …

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …