ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBがとうとう利上げを決定。米国経済は非常事態から完全に脱却

 

 FRB(連邦準備制度理事会)がとうとう政策金利の引き上げを決定した。米国の金融政策は、リーマンショックという非常事態への対応から、好調な経済を前提にした舵取りへと180度変わる。

frbzerokinri

 米国の中央銀行にあたるFRBは2015年12月16日、FOMC(連邦公開市場委員会)において、短期金利の指標となるフェデラルファンド金利(FF金利)の目標を0.25%引き上げた。FRBのイエレン議長は、年内の利上げについて何度も言及しており、市場は完全に今回の利上げを織り込んでいたため、驚きの声はない。

 だがリーマンショック以降、大規模な緩和策を継続してきた経緯を考えると、政策金利が引き上げられというのは象徴的な出来事といってよい。米国経済が健全であることを、ようやく明示的に示すことができるようになったからである。

 7~9月期のGDP成長率は年率換算でプラス2.1%、11月の雇用統計は雇用者数の増加が前月比21万1000人増、失業率は5%と非常に好調である。失業率については、今後さらに低下する見込みであり、完全雇用に近づきつつある。金融政策の決定要因として雇用を重視してきたイエレン氏にとっては、満足のいく状況といってよいだろう。

 もっとも、8月には中国ショックがあり、中国経済の失速が米国経済に波及することが懸念された。このためFRBは9月の利上げを見送っている。
 実際、製造業の景況感は悪化しており、米供給管理協会(ISM)が発表した11月の製造業景気指数は48.6と、景気判断の境目である50を割った状況にある。しかし、中国経済の状況が米国経済全体に連鎖する兆候はなく、市場の懸念はほぼ消え去った状況にある。

 ただ、インフレ率は思うように伸びておらず、米国経済はそれほど楽観できる状況ではないとの意見もある。11月の消費者物価指数は前年同月比でプラス0.5%、FRBがインフレ目標の目安として重視しているPCE(個人消費支出)価格指数は、プラス1.3%(10月)と、インフレ目標として掲げる2%からはほど遠い状況にある。
 物価が伸び悩んでいる原因としては、原油安など一時的な要因があると考えられているが、IT化の進展など構造的な要因や、長期的な経済成長の鈍化などマクロ的な要因を指摘する人もいる。

 こうした状況を総合的に考えると、金利の引き上げを決定したものの、今後のペースは緩やかなものとし、緩和的なスタンスを継続する方向性となるだろう。FOMCメンバーの予想をまとめると、来年は4回の利上げを想定していることになるが、実際はもっと少ない回数になると見る専門家もいる。

 インフレ率が低い状態で推移する可能性が高い現状を考えると、金利引き上げで一気に市場が引き締められる可能性は低いだろう。そうなってくると、緩やかなドル高傾向が継続し、米国株はそこそこの水準で推移するというのが、常識的な予想ということになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

bouekitoukei201310
貿易赤字の金額がジワジワと拡大。その先に見えてくるのは経常赤字への転落

 財務省は11月20日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

contena
9月の経常収支がとうとう赤字に。日本は輸出はおろか、金貸しをしても儲からなくなった

 製造業の競争力の証であり、日本経済のすべての原動力となってきた経常収支がとうと …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

bukkajoushou
足元で東大物価指数が急上昇。急激な円安で消費者がとうとう値上げを受け入れ?

 足元で物価が再上昇する兆しが見えてきた。東京大学が中心となって作成した東大物価 …

ecb02
欧州中銀がマイナス金利導入を決定。背景は「日本化」に対する懸念

 欧州中央銀行(ECB)は2014年6月5日、定例理事会を開催し、追加の金融緩和 …

tenanmon
中国が2012年GDP値を発表。中国の爆発的成長は終了し、今後は普通の経済成長へ

 中国国家統計局は18日、2012年のGDP(国内総生産)を発表した。実質GDP …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …