ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」であるとの判断を下した。国会での議論を促す内容であり、別姓をめぐる議論は今後も続くことが予想される。

fufubessei
 訴えを起こしたのは都内に住む事実婚の夫婦など5人。夫婦は同じ名字にするという民法の規定が「婚姻の自由を保障した憲法に違反する」として国に賠償を求めた。
 民法では、結婚にあたり男性・女性どちらの名前を名乗ってもよいことになっているが、原告は、多くの女性が改姓を強いられおり、平等な状況にはなっていないと主張している。これに対して裁判所側は旧姓の通称を使用することで状況は緩和されているとの見解を示し、憲法には違反していないとの判断を下した。

 この部分だけを見ると、夫婦別姓に関する論点は男女同権ということになるが、必ずしもそうとはいえない。夫婦別姓を支持する人の中には、一人っ子などで家名がなくなってしまうということを危惧している人も少なくない。原告の一人も記者会見において「自分の名字で死にたかった」と発言している。
 つまり、夫婦別姓には、少なからず「家系」を残したいという近代以前の価値観が色濃く残っていることが示唆される。

 一般論として、夫婦同姓を支持する人は、いわゆる保守系と呼ばれる人々であり、伝統的価値観を強調しているケースが多い。逆に夫婦別姓を支持する人はリベラルな人が多いはずで、「家」ではなく「自立した個人」を中心に物事を考える傾向が強いと想像される。
 ところが、夫婦別姓を支持する人たちの中には、「個人」よりも「家」を重視する人がそれなりの割合で存在するということになる。

 これは、基本的な価値観をめぐって「ねじれ現象」が起きていることを示している。保守系の人たちが言う伝統とは、多くの場合、本当の意味での日本の伝統ではない。核家族を基本とし、結婚後は男性の姓を名乗るという戦後型マイホーム・パパの価値観であることがほとんどだ。

 明治以前は身分制度があり「家」の格式や存続がすべてであった。男性か女性かよりも家の格式の方が重視されたので、必ずしも男性が優位というわけではない。明治維新後は、現在の民法が出来上がり、形式的に「家」や「身分」の問題はなくなったが、実質的には昭和までその価値観は続いた。

 今回争点になった民法の規定も、欧米型の社会風習を真似るために明治政府が導入したものであり、むしろ伝統的な日本の価値観を否定するものであった。つまり、日本の伝統を破壊した民法の規定を保守系の人々が守るという奇妙な図式になっている。
 一方で、夫婦別姓という本来であればリベラル的な政策について、「家」を残したいという、前近代的な価値観を持った人が支持している。

 日本で起こっている社会的な問題の多くは、制度は整えたものの、精神的な近代化を実現できていないことに起因している。近代化の概念がしっかりしていないと、保守とは何か、リベラルとは何かという定義が曖昧になるのも当然である。本当の意味で日本が近代化できるのは、まだ先のことになりそうだ。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

chinahodokan00
尖閣は「核心的利益」との中国側発言は確信犯か勇み足か?

 中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は4月26日、定例記者会見において、尖閣諸島 …

junebu
スイスで役所の掃除を職員が行う取り組みが成果を上げている。日本もぜひ導入を!

 スイスのジュネーブで、経費削減と公務員の意識改革を目的に、役所内の掃除を職員が …

hagejapan201401
ヘーゲル国防長官が来日。日米連携強化を演出したい日本側に配慮

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月5日から2日間の日程で日本を訪問し、安倍 …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

puticshukinpei201405
中国がロシアから天然ガスを高価格で大量購入。ウクライナ問題でロシアが優位に?

 ロシアと中国が、天然ガス供給に関する大型の長期契約を締結した。ロシアはEUに代 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

no image
薬物に厳しいフランスがとうとう合法化に向けてテストを開始。日本はどうする?

 EU諸国の中でもっとも薬物に対する規制厳しかったフランスで、試験的に薬物の一部 …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …