ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」であるとの判断を下した。国会での議論を促す内容であり、別姓をめぐる議論は今後も続くことが予想される。

fufubessei
 訴えを起こしたのは都内に住む事実婚の夫婦など5人。夫婦は同じ名字にするという民法の規定が「婚姻の自由を保障した憲法に違反する」として国に賠償を求めた。
 民法では、結婚にあたり男性・女性どちらの名前を名乗ってもよいことになっているが、原告は、多くの女性が改姓を強いられおり、平等な状況にはなっていないと主張している。これに対して裁判所側は旧姓の通称を使用することで状況は緩和されているとの見解を示し、憲法には違反していないとの判断を下した。

 この部分だけを見ると、夫婦別姓に関する論点は男女同権ということになるが、必ずしもそうとはいえない。夫婦別姓を支持する人の中には、一人っ子などで家名がなくなってしまうということを危惧している人も少なくない。原告の一人も記者会見において「自分の名字で死にたかった」と発言している。
 つまり、夫婦別姓には、少なからず「家系」を残したいという近代以前の価値観が色濃く残っていることが示唆される。

 一般論として、夫婦同姓を支持する人は、いわゆる保守系と呼ばれる人々であり、伝統的価値観を強調しているケースが多い。逆に夫婦別姓を支持する人はリベラルな人が多いはずで、「家」ではなく「自立した個人」を中心に物事を考える傾向が強いと想像される。
 ところが、夫婦別姓を支持する人たちの中には、「個人」よりも「家」を重視する人がそれなりの割合で存在するということになる。

 これは、基本的な価値観をめぐって「ねじれ現象」が起きていることを示している。保守系の人たちが言う伝統とは、多くの場合、本当の意味での日本の伝統ではない。核家族を基本とし、結婚後は男性の姓を名乗るという戦後型マイホーム・パパの価値観であることがほとんどだ。

 明治以前は身分制度があり「家」の格式や存続がすべてであった。男性か女性かよりも家の格式の方が重視されたので、必ずしも男性が優位というわけではない。明治維新後は、現在の民法が出来上がり、形式的に「家」や「身分」の問題はなくなったが、実質的には昭和までその価値観は続いた。

 今回争点になった民法の規定も、欧米型の社会風習を真似るために明治政府が導入したものであり、むしろ伝統的な日本の価値観を否定するものであった。つまり、日本の伝統を破壊した民法の規定を保守系の人々が守るという奇妙な図式になっている。
 一方で、夫婦別姓という本来であればリベラル的な政策について、「家」を残したいという、前近代的な価値観を持った人が支持している。

 日本で起こっている社会的な問題の多くは、制度は整えたものの、精神的な近代化を実現できていないことに起因している。近代化の概念がしっかりしていないと、保守とは何か、リベラルとは何かという定義が曖昧になるのも当然である。本当の意味で日本が近代化できるのは、まだ先のことになりそうだ。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

dentaku
家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

asaddaasuma
本当は独裁政権など続けたくない?アサド大統領のものとされるメールの真偽

 英国のガーディアン紙がシリアのアサド大統領が送受信したとされるメール内容を報道 …

caperay
シリア化学兵器の最終処理は何と洋上。川崎重工製の輸送船がプラントに早変わり

 シリアの化学兵器引き渡しに関する最終期限が迫っている。国際機関はシリアからすみ …

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …

abekaisan20141119
安倍首相が米議会で演説するプランが浮上。ポスト・オバマに向けた動きが活発化

 安倍首相が大型連休中の訪米時に、米議会で演説するというプランが浮上している。も …

datacenter
NSA盗聴問題であらためてクローズアップされるクラウドのメリット/デメリット

 米国の諜報機関によるインターネット盗聴問題は、クラウドコンピューティングの持つ …

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …

tenanmonjiken
天安門事件から25年。中国国内は厳戒態勢だが、香港だけは追悼集会を実施

 中国で民主化運動の学生らを弾圧した天安門事件から25年が経過した2014年6月 …