ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそうでないのかがよく分からず、これをどう受け止めよいのかコンセンサスが出てきていないことが原因である。だが、結論から言うとこれは追加緩和ではない。

kurodashirakawa
 日銀は2015年12月18日、金融政策決定会合において、現在の追加緩和を補完するための措置(補完措置)の導入を決定した。具体的には、保有する国債の残存期間を2年延ばす、上場投資信託(ETF)の買い入れ枠をあらたに3000億円増額する、不動産投資信託(REIT)の銘柄ごとの買い入れ制限を緩和するといった措置が列挙されている。

 国債の平均残存期間を延ばせば、より長期の国債も購入できるようになるし、ETFの追加購入枠が設定されれば、日銀から供給されるマネーの総量が増えると想像できる。だが実際にはこれらの措置によって資金供給が増えることはない。

 国債の残存期間拡大については、追加緩和策の準備という解釈もできるが、現時点においては必ずしもそうはならない。保有している国債の償還が増加しており、償還分を考慮すると国債の買い入れ総量を増やさざるをえない状況にあるからだ。つまり現状を維持するために、残存期間の拡大策が必要ということになる。

 ETFやREITについても同様である。日銀はこれまで保有していた株式の一部を2016年から売却する方針だが、その金額は約3000億円となっている。売却が決まっている株式と入れ替わりで3000億円のETFを購入するので、これも現状維持策だ。
 REITについては、時価総額が小さく、大量購入するとすぐに大株主になってしまうという問題がある。現在の5%以内という制限では、これ以上購入できない銘柄が出てきてしまうため、制限を緩和せざるを得なかった。こちらも現状を維持のための施策と考えるべきだろう。

 前向きに解釈すれば、今後の追加緩和をやりやすくするための前段階ということにもなる。だが、現状維持のためにこれだけの施策を実施しなければならないということになると、むしろ日銀の手詰まり感を印象付ける結果になったともいえる。

 市場関係者の一部からは、白川前総裁の時代に逆戻りしたとの声も聞かれる。白川氏は、基本的に量的緩和策に否定的で、政治的圧力を回避するために、官僚的でテクニカルな手法を多用した。表面的には緩和しているように見えて、実際にはほとんど緩和を行っていないというやり方である。

 量的緩和策を継続するという基本政策は変わっていないので、白川時代に戻ったわけではないが、今回の措置には過去との類似性が感じられる。短期的には影響はないだろうが、こうした状況が続くことなった場合には、量的緩和策に対する市場の基本認識に変化が出てくる可能性もあるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

netflix
ネットワークの負荷を増大させる動画配信サービス。コストは誰が払うのか?

 米オンライン動画配信大手ネットフリックスは、米ケーブルテレビ大手のコムキャスト …