ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本マクドナルドの株式を米本社が今、売却する理由

 

 日本マクドナルドの株式の約5割を保有する米マクドナルドが株式の売却に向けて動き始めた。売却額は1000億円程度になる見込み。商社や投資ファンドが引受先になると見られ、もし実現すれば、米国本体の直轄体制は終了することになる。

mackabu

 日本マクドナルドは、実業家である藤田田氏と米マクドナルドの共同出資で1971年に設立された。2001年にジャスダックに上場した後、2003年に藤田氏との合弁が解消され、米本社が直轄する体制に移行した。

 2004年には現ベネッセホールディングス会長の原田泳幸氏がトップに就任し、同社の事業構造を大きく転換させた。原田氏は、100円コーヒーなど割安な目玉商品で顧客を集めると同時に、商品メニューの見直しを行い、客単価を大幅に引き上げた。また直営店中心だった体制をあらため、フランチャイズの比率を向上させ、本体の高収益化を図った。
 原田氏は一度はV時回復を果たしたものの、割安な商品で顧客を集め、実質的には高い価格で商品を提供するという戦略はやがて行き詰まり、業績は再び低迷した。原田氏は2014年に同社を退任している。

 その後、米本社から派遣されたカサノバ氏がトップに就任したが、2014年7月に期限切れ鶏肉の問題が発生、さらに2015年1月には異物混入問題が表面化し、業績はさらに悪化した。2015年12月期は、前期に引き続いて380億円の損失を計上する見込みとなっている。

 米本社が売却を決断したのは、足元の業績が低迷していることに加え、長期的に成長が見込めないと判断したことが主な理由と考えられる。だが、最大の理由は、現在の株価である可能性が高い。
 現在、同社の株価は足元の業績とは正反対に過去最高水準で推移しており、今、株式を売却すれば米本社は大きな利益を得ることができる。本社直轄体制を終了させ、日本法人を単なるパートナーにした方が得策と判断した可能性が高い。

 現在、業績が低迷しているとはいえ、同社には高いブランド力と巨大な店舗網がある。日本国内には目立った投資先がなく、商社やファンドは投資先の確保に苦労している。株式を引き受けたい企業は多数出てくるだろう。
 同社の経営は、株式を取得する企業次第だが、もし同社の株価が今がピークであれば、米本社は最高のタイミングで売り抜けたということになる。

 - 経済 ,

  関連記事

nec
NECのスマホ事業撤退は、日本型ガラパゴス産業の象徴?

 これまでNTTドコモと二人三脚で携帯電話事業を展開してきたNECが、スマホから …

daiei
イオンがダイエーを完全子会社化。そのブランド名も消滅させる理由とは?

 イオンは2014年9月24日、傘下のスーパー「ダイエー」を2015年1月に完全 …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

trumphonhai
鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの …

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …