ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2016年度予算案閣議決定。税収増も社会保障費の伸びで相殺

 

 政府は2015年12月24日、2016年度予算案を閣議決定した。予算総額は4年連続で過去最大(当初予算ベース)となったが、税収が増加したことで国債依存度は下がった。歳出もそれなりに抑制されているが、社会保障費の自然増は避けようがなく、財政再建は思うように進んでいない。

mof05

 一般会計の総額は3799億円増加し96兆7218億円となった。4年連続で過去最高を更新したが、増加幅は昨年より減少している。税収が昨年度より約3兆円増えたことで、国債費を約2兆5000億円減らすことができた。

 歳出のうち、最も多いのは社会保障費で、昨年度から4400億円増えて31兆9738億円となった。高齢化に伴い年金や医療への支出が増えたことが主な要因。地方交付税交付金は2547億円減の15兆2811億円、防衛費は740億円増の5兆541億円、公共事業はほぼ横ばいで5兆9737億円だった。社会保障費の増加を抑え、地方交付税を減らすことで、予算全体の肥大化を抑制した格好だ。

 財務省は昨年度から歳出の抑制を強化しており、財政再建のスピードを加速している。その理由は、日本政府が掲げる2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという財政再建目標の達成が困難な状況となってきたからである。
 目標達成が不可能と市場で認識された場合、国債の金利が上昇し、利払い額が増加するリスクがある。財務省としては、利払いのためにさらに財政再建が遅れるという悪循環だけは何としても避けたいところだ。

 ただ、歳出の最大項目である社会保障費は、高齢者人口の増加で自然増となる部分が多く、裁量の余地が少ない。しかも2017年4月に予定されている消費税の10%増税では、軽減税率の財源の見通しが立たない状況となっており不透明感が漂う。

 歳出の増加抑制と税収増に依存した財政再建策には限界がある。軽減税率の財源の見通しが立たない場合や、国債の金利動向次第では、いよいよ年金の大幅減額など、聖域に関する議論をスタートせぜるをえない状況となるかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

nenkin
年金の長期見通し。生涯現役、女性参加、高リスク運用でようやく現役世代の50%

 厚生労働省は2014年6月4日、公的年金の長期的な財政見通しを発表した。政府が …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

nodae02
野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉で …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

ipusiron
低コスト・ロケット「イプシロン」を8月に打ち上げ。JAXAもそれに合わせてスリム化しては?

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月21日、新しい小型ロケットである「イプシ …