ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2016年度予算案閣議決定。税収増も社会保障費の伸びで相殺

 

 政府は2015年12月24日、2016年度予算案を閣議決定した。予算総額は4年連続で過去最大(当初予算ベース)となったが、税収が増加したことで国債依存度は下がった。歳出もそれなりに抑制されているが、社会保障費の自然増は避けようがなく、財政再建は思うように進んでいない。

mof05

 一般会計の総額は3799億円増加し96兆7218億円となった。4年連続で過去最高を更新したが、増加幅は昨年より減少している。税収が昨年度より約3兆円増えたことで、国債費を約2兆5000億円減らすことができた。

 歳出のうち、最も多いのは社会保障費で、昨年度から4400億円増えて31兆9738億円となった。高齢化に伴い年金や医療への支出が増えたことが主な要因。地方交付税交付金は2547億円減の15兆2811億円、防衛費は740億円増の5兆541億円、公共事業はほぼ横ばいで5兆9737億円だった。社会保障費の増加を抑え、地方交付税を減らすことで、予算全体の肥大化を抑制した格好だ。

 財務省は昨年度から歳出の抑制を強化しており、財政再建のスピードを加速している。その理由は、日本政府が掲げる2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという財政再建目標の達成が困難な状況となってきたからである。
 目標達成が不可能と市場で認識された場合、国債の金利が上昇し、利払い額が増加するリスクがある。財務省としては、利払いのためにさらに財政再建が遅れるという悪循環だけは何としても避けたいところだ。

 ただ、歳出の最大項目である社会保障費は、高齢者人口の増加で自然増となる部分が多く、裁量の余地が少ない。しかも2017年4月に予定されている消費税の10%増税では、軽減税率の財源の見通しが立たない状況となっており不透明感が漂う。

 歳出の増加抑制と税収増に依存した財政再建策には限界がある。軽減税率の財源の見通しが立たない場合や、国債の金利動向次第では、いよいよ年金の大幅減額など、聖域に関する議論をスタートせぜるをえない状況となるかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

senkaku02
中国が尖閣付近での活動を活発化。今度は新鋭ミサイル駆逐艦を投入

 中国が尖閣諸島付近での活動を活発化させている。これまで中国の活動は日本の巡視船 …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

maduro
ベネズエラ総選挙で野党が勝利。ボリバル革命は原油安の直撃を受け瓦解

 反米主義を掲げ、社会主義的な政策を強引に推進してきた南米ベネズエラで総選挙が実 …

ipusiron
低コスト・ロケット「イプシロン」を8月に打ち上げ。JAXAもそれに合わせてスリム化しては?

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月21日、新しい小型ロケットである「イプシ …

ozawaitoro
小沢一郎氏の無罪が最終確定。一連の裁判は日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する裁判で小沢氏の無罪が最終確定した。小 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

no image
これが大統領就任式の雛壇席に招待された、米国政界のVIP達だ

 21日にワシントンで行われたオバマ大統領の2期目の就任式。会場となった議会前の …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

monka
文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごと …