ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2016年度予算案閣議決定。税収増も社会保障費の伸びで相殺

 

 政府は2015年12月24日、2016年度予算案を閣議決定した。予算総額は4年連続で過去最大(当初予算ベース)となったが、税収が増加したことで国債依存度は下がった。歳出もそれなりに抑制されているが、社会保障費の自然増は避けようがなく、財政再建は思うように進んでいない。

mof05

 一般会計の総額は3799億円増加し96兆7218億円となった。4年連続で過去最高を更新したが、増加幅は昨年より減少している。税収が昨年度より約3兆円増えたことで、国債費を約2兆5000億円減らすことができた。

 歳出のうち、最も多いのは社会保障費で、昨年度から4400億円増えて31兆9738億円となった。高齢化に伴い年金や医療への支出が増えたことが主な要因。地方交付税交付金は2547億円減の15兆2811億円、防衛費は740億円増の5兆541億円、公共事業はほぼ横ばいで5兆9737億円だった。社会保障費の増加を抑え、地方交付税を減らすことで、予算全体の肥大化を抑制した格好だ。

 財務省は昨年度から歳出の抑制を強化しており、財政再建のスピードを加速している。その理由は、日本政府が掲げる2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという財政再建目標の達成が困難な状況となってきたからである。
 目標達成が不可能と市場で認識された場合、国債の金利が上昇し、利払い額が増加するリスクがある。財務省としては、利払いのためにさらに財政再建が遅れるという悪循環だけは何としても避けたいところだ。

 ただ、歳出の最大項目である社会保障費は、高齢者人口の増加で自然増となる部分が多く、裁量の余地が少ない。しかも2017年4月に予定されている消費税の10%増税では、軽減税率の財源の見通しが立たない状況となっており不透明感が漂う。

 歳出の増加抑制と税収増に依存した財政再建策には限界がある。軽減税率の財源の見通しが立たない場合や、国債の金利動向次第では、いよいよ年金の大幅減額など、聖域に関する議論をスタートせぜるをえない状況となるかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

tacloban
フィリピンのアキノ大統領が、被災した現地自治体を批判した政治的背景

 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

chisoshobun002
学術会議が「核のゴミ」管理を原発再稼働の条件にすべきという提言をまとめる

 日本学術会議の分科会は、原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物(いわゆる核の …

cyprus2
キプロス問題でとうとうロシアが介入か?小さな島をめぐって地政学上の策略が渦巻く

 金融危機に陥ったキプロスの支援策をめぐって、とうとうロシアが本格的に動き始めた …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …