ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2016年度予算案閣議決定。税収増も社会保障費の伸びで相殺

 

 政府は2015年12月24日、2016年度予算案を閣議決定した。予算総額は4年連続で過去最大(当初予算ベース)となったが、税収が増加したことで国債依存度は下がった。歳出もそれなりに抑制されているが、社会保障費の自然増は避けようがなく、財政再建は思うように進んでいない。

mof05

 一般会計の総額は3799億円増加し96兆7218億円となった。4年連続で過去最高を更新したが、増加幅は昨年より減少している。税収が昨年度より約3兆円増えたことで、国債費を約2兆5000億円減らすことができた。

 歳出のうち、最も多いのは社会保障費で、昨年度から4400億円増えて31兆9738億円となった。高齢化に伴い年金や医療への支出が増えたことが主な要因。地方交付税交付金は2547億円減の15兆2811億円、防衛費は740億円増の5兆541億円、公共事業はほぼ横ばいで5兆9737億円だった。社会保障費の増加を抑え、地方交付税を減らすことで、予算全体の肥大化を抑制した格好だ。

 財務省は昨年度から歳出の抑制を強化しており、財政再建のスピードを加速している。その理由は、日本政府が掲げる2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという財政再建目標の達成が困難な状況となってきたからである。
 目標達成が不可能と市場で認識された場合、国債の金利が上昇し、利払い額が増加するリスクがある。財務省としては、利払いのためにさらに財政再建が遅れるという悪循環だけは何としても避けたいところだ。

 ただ、歳出の最大項目である社会保障費は、高齢者人口の増加で自然増となる部分が多く、裁量の余地が少ない。しかも2017年4月に予定されている消費税の10%増税では、軽減税率の財源の見通しが立たない状況となっており不透明感が漂う。

 歳出の増加抑制と税収増に依存した財政再建策には限界がある。軽減税率の財源の見通しが立たない場合や、国債の金利動向次第では、いよいよ年金の大幅減額など、聖域に関する議論をスタートせぜるをえない状況となるかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

jinmindaikaido
中国主導のアジアインフラ投資銀行に英が参加。米は表向き反発なのだが・・・

 英財務省は2015年3月12日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行に参加する …

mizunomaki
水野真紀が夫の後藤田議員と離婚寸前?確かに2人はスタート時点から躓きの連続

 女優の水野真紀が着々と離婚の準備を進めているとの噂が広がっている。よく知られて …

maruyama02
丸山発言は特殊ではない。日本人の人権感覚はズレているという認識が必要

 参院憲法審査会でオバマ米大統領に対する人種差別的発言を行った丸山和也議員は20 …

beichushunoukaidan20141113
APEC終了後、米中が長時間の首脳会談を実施。米中関係はより実務的な段階へ

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は2014年11月11日、北京で開催さ …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

abeicshiba201409
地方創世の具体策検討開始。だが基本戦略でコンセンサスは得られているのか?

 政府は2014年9月19日、地方創世について有識者の意見を集める「まち・ひと・ …

roujin02
生活保護世帯が過去最多を更新。制度のもっとも大きな問題点は何か?

 厚生労働省は2013年12月11日、9月に生活保護を受けた世帯が159万911 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …