ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期していた2016年3月期の業績予想を発表した。赤字額は5500億円となる見込みで、東芝の自己資本は大幅に毀損することになった。
 だが、ここには問題視されている原子力事業ののれん代や固定資産の減損は含まれておらず、これらが顕在化した場合、同社の自己資本がさらに吹き飛んでしまう。状況によっては、同社の存続が危ぶまれる事態も予想される。

toshiba03

 赤字の原因は、減損処理、リストラ費用、繰延税金資産の3つである。減損処理については、連結子会社である東芝テックの減損が約700億円、送変電・配電システム事業の資産価値見直しが約400億円で、合計すると1100億円になる。
 リストラ費用は、電子デバイス部門が約600億円、パソコン・AV・家電部門が約800億円、本社が900億円となっており、合計すると約2300億円となっている。リストラ対象者は1万人を超えるとみられ、割増退職金などが加算される予定だ。

 これに加えて予想外に大きかったのが、税繰延税金資産である。同社には、将来に支払う税金の減少を見越して計上された繰り延べ税金資産が2000億円ほどあったが、これをほぼ全額取り崩す。他部門の利益と相殺しても、最終的に5500億円の赤字に転落することになる。現在、同社の自己資本は1兆6000億円ほどあるが、今回の赤字計上で約3分の1が毀損する(非支配分を含んだ場合の数字。これを含めない場合、さらに状況は悪化する)。

 ここで問題なのは、資産価格の評価に対して疑念が生じている原子力部門の減損が含まれていないことである。同社は、米ウェスチングハウス買収などに伴って6700億円ののれん代を計上しているが、原子力事業の業績悪化を受けたのれん代の処理はまだ行っていない。

 ウェスチングハウス単体では、すでに約13億ドル(約1600億円)の減損を行っており、この数字が本体に上乗せされるリスクがある。この数字を加えた場合、同社の自己資本はさらに毀損することになる。
 この先、原子力事業の業績見通しが悪化することにでもなれば、自己資本比率がさらに低下するリスクも否定できない。そうなってくると企業の継続性そのものに対して疑問符が付く可能性もある。

 これまで東芝は不正会計問題を起こしていた企業という位置付けだったが、最悪の場合には、経営危機という問題がこれに加わることになるかもしれない。2016年は東芝にとって正念場の年となるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

gehongyo
GEが金融資産大量売却で本業回帰を加速。背景には絶好調な米経済

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2015年4月10日、同社の金融部門が保有 …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

usakoyoutoukei201402
2月の米雇用統計で失業率は悪化したのに、市場が高く評価した理由

 米労働省は2014年3月7日、2月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

bitcoin
各国がビットコイン規制を検討中。だがそれはタテマエかもしれない

 仮想通貨ビットコインの主要取引所マウンドゴックスが破綻したことを受けて、日本政 …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

glp
J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス。背景にあるのはインフレ期待?

 不動産投資信託(J-REIT)が好調だ。年初850円前後だった東証REIT指数 …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …