ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本軍の関与を認め、謝罪を行うとともに、慰安婦支援事業に日本側が資金を拠出する。安倍政権は、従来の歴史観を修正するという強気の方針を掲げて対韓外交を進めていたが、結局はすべての件について譲歩し、河野談話の時点に戻っただけで交渉は終了した。

iannfugoui

 岸田文雄外相とユン・ビョンセ外相は28日、ソウルの韓国外務省で会談を行い、慰安婦問題について合意に達した。合意内容は日本側がすべての件において日本側が譲歩するというものだった。
 日本側は、慰安婦問題における旧日本軍の関与を認めるともに、安倍首相が「心からおわびと反省の気持ちを表明する」との文言が盛り込まれた。また韓国政府が設立する慰安婦支援の財団に対して、日本政府が資金を一括で拠出することについても合意された。

 今回の合意によって、日韓両政府は慰安婦問題が不可逆的に解決されるとしてしている。安倍首相は「子や孫に謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない」と、興奮気味にこの合意の意義を説明しているが、不可逆的解決には、慰安婦支援事業が確実に実施されることが条件となっている。
 韓国側が同意しない場合、再び同じ問題が蒸し返される可能性が残されたほか、日本側が求めていた日本大使館前の少女像についても、韓国側は撤去を明言しておらず「努力する」という表現にとどまった。日本側がすべての件について譲歩しており、これによって日韓関係は河野談話の状態に完全に戻ったことになる。

 安倍政権における対韓外交、対中外交の結果を客観的に見ると、高く拳を振り上げるものの、最終的には日本側がより多くを譲歩する形で終了している。

 河野談話の内容については様々な意見があるが、日本軍の関与を認め、謝罪してしまうことで、韓国側からの過剰な要求を無効化する役割を果たしてきたことは事実である。韓国側からどのような要求があっても、河野談話を盾に、それ以上の対応をしないというスタンスを取ることが可能であった。

 だが、安倍政権は河野談話の見直しに言及し、自ら韓国側に交渉材料を与えてしまった。拳を振り上げたものの、結局はその拳を降ろしてしまった格好だが、それだけでは済まず、最終的には慰安婦支援事業への資金拠出を迫られる形になった。

 対中外交も同様である。安倍政権は靖国問題などにおいて強気の発言を行っていたが、日中首脳会談を実現するため、結局は領土問題で大幅な譲歩を行った。
 首脳会談に先立ち、2014年11月にまとめられた合意文書では、尖閣諸島に関して「緊張状態が生じていることについて異なる見解を有している」との記述が盛り込まれ、中国側が領土問題が存在していると主張できる余地を残してしまった。これは、一貫して「領土問題は存在しない」との立場を貫いてきた日本の戦後外交ではもっとも大きな譲歩といってよいだろう。

 安倍政権が、後先のことを考えずに、ただ感情的に強気の発言を行っているのか、戦略を立てたものの、結果的にうまく機能していないのかは不明である。
 だが、歴代政権の中でもっとも保守的といわれる安倍政権が、対中、対韓外交において、最大の譲歩をしているとうのは、皮肉というよりほかない。

 - 政治 ,

  関連記事

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

onoderahagel
小野寺防衛大臣とヘーゲル国防長官が会談。諜報分野での日米連携強化で合意

 小野寺防衛相は4月29日、米国防総省でヘーゲル国防長官と初の会談を行った。尖閣 …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

nenkin02
欧州で再び年金制度改革が議論に。日本がのんびりしているのは外圧がないから?

 債務問題を抱える欧州で年金制度を見直す動きが再び活発になってきている。フランス …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

southweekend
中国で新聞検閲に反対するデモが発生。権力闘争も絡み、習近平体制は早くも岐路に

 中国の新聞記事が当局の介入で差し替えられたことに反発するデモが、広州市内で7日 …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

carlos
スペイン民主化の象徴であるカルロス国王が退位。上からの民主主義は根付いたか?

 スペインのラホイ首相は2014年6月2日、国王のフアン・カルロス1世が退位する …