ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

三菱重工に異変?大型客船の巨額損失に続いて、今度は国産ジェットで4度目の納入延期

 

 日本のもの作りを象徴する企業の一つである三菱重工で、相次いで異変が起こっている。米国のクルーズ会社から受注した大型客船の納期を3度に渡って延期し、すでに受注額を超える特別損失を計上したことに加え、今度は、三菱リージョナルジェット(MRJ)の4度目の納入延期を発表した。

mitsubishi201601

 特別損失を計上したのは、米国のクルーズ会社であるカーニバル社から2011年に受注した2隻の客船。総トン数12万5400トン、3300人乗りの大型船で、本来であれば2015年3月に納入する予定だったが、2014年10月にこれを2015年9月に延期すると発表。2015年9月に今度は12月に再延期すると発表したものの、さらに2016年3月まで延期する見込みである。

 今回受注した船は、カーニバル社における新型船の1番船と2番船であり、今後の継続受注を獲得するための戦略的プロジェクトと位置付けられている。1番船は仕様変更などのリスクがあり、そのあたりも考慮した価格設定を行うのが普通といわれているが、同社は、今後の継続受注を優先し、あまり細部を詰めずに受注したともいわれている。

 結局、カーニバル側が求める仕様に合致せず、工事のやり直しが続出、すでに1000億円の損失を計上する状況となっている。2隻合計の受注金額が1000億円なので、すでに受注金額と同じレベルの損失が出ている計算となる。

 これに続いて同社傘下の三菱航空機が2015年12月24日、国産ジェット旅客機「MRJ」の納入予定を当初の2017年4~6月から2018年半ばに延期すると発表した。納期の延長はこれで4度目である。
 同機は初飛行には成功しているが、主翼が必要な強度に達しておらず、型式証明を取れないことが判明したことで業務が遅延している。このほかソフトウェアや、車輪などの部分において仕様変更の可能性があるという。

 MRJは、リージョナル・ジェットというカテゴリーの航空機だが、この分野にはブラジルのエンブラエル社という強力な先行者がおり、後発の三菱は当初から厳しい立ち位置にいる。エンブラエル社は2020年に新型機を投入する予定となっており、三菱としては、それまでの間にMRJを投入するという戦略を描いていた。

 もしこれ以上、納期延長が続くことになると、エンブラエル社との新型機と直接競争する必要が出てくる。同社は2020年度にMRJの事業を黒字化させるという目標を掲げているが、実現がかなり厳しい状況になってきたようだ。

 航空機と大型客船は、三菱重工が今後の生き残りをかけた戦略事業と位置付けた分野である。場合によっては、同社の長期戦略そのものに見直しが必要となるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

bananki
バーナンキ前FRB議長が銀行から住宅ローンの借り換えを拒絶されたことの解釈は?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、住宅ローンの借り換えについ …

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

hitachi
日立が保守的な中期経営計画を発表。堅実だがやはりガラパゴスの印象は否めず

 日立製作所は5月16日、2016年3月期に売上高10兆円、当期純利益3500億 …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

jdiishikawa
有機ELで日本勢は総崩れ?シャープが突然、ジャパンディスプレイとの連携を呼びかけ

 次世代のディスプレイ技術である有機ELの開発をめぐって国内液晶メーカーが迷走し …