ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以来の低水準になる可能性が高い。企業の倒産を防ぐ、中小企業金融円滑化法の影響が続いていることが直接的原因だが、日本経済が活力をなくし、新陳代謝が進まなくなっているという構造的要因もある。

tokyomachinami
 東京商工リサーチがまとめた2015年11月の倒産件数は711件で、8カ月連続で前年同月を下回った。11月としては1990年以来の低い水準。2015年は全体で9000件を下回る見込みで、こちらも25年ぶりの低水準となる可能性が高い。

 倒産が減っている直接の原因は、2009年に導入された中小企業金融円滑化法の影響である。この法律は中小企業が返済条件の変更(リスケジュール)を申し込んだ場合には、金融機関は可能な限り金利の減免や返済期限の見直しに応じなければならないというもの。法律自体は2013年3月に終了しているが、同じようなスタンスの融資が続いており、これに伴って倒産件数も減少の一途を辿っている。

 一般的に企業は不景気だと倒産すると思われているが、必ずしもそうとはいえないい。確かに大型倒産は不況時に発生するので世間の目に付きやすいが、景気拡大局面の時にも倒産が増加する傾向が見られる。その理由は景気が上向くと銀行の引き当て余力が大きくなることに加え、経営者も前向きに倒産を決断しやすいからである。

 逆に不景気の時には、こうしたメカニズムが働きにくく、経営不振の企業は思いのほか延命してしまう。つまり企業の倒産は、経済の新陳代謝を促すという前向きな役割も担っていることが分かる。
 その点で考えると、近年、倒産件数が激減しているというのは、どう解釈すればよいのだろうか。日本の景気がバブル期並みに過熱しているわけではないことは明白であり、そうなってくると、新陳代謝が不活発であるという可能性が濃厚になってくる。つまり、倒産件数の減少は、日本経済が構造的に機能不全を起こしていることの象徴かもしれないのだ。

 日本企業の業績が拡大しているのは、円安によって名目上の売上高が増加しているからである。しかし数量ベースでの企業活動は活発化しておらず、人件費の削減で利益を捻出しているというのが実態である。このシナリオには持続性がなく、円安がストップすると業績拡大も終わってしまう。

 もともと日本における開業率や廃業率は低く、経済が構造転換するスピードは遅い。バブル崩壊以後、その傾向にさらに拍車がかかっており、日本企業は従来型のビジネスモデルに固執し続けている。
 このまま企業倒産が少ない状況が続けば、構造転換がさらに遅れ、ゆっくりとしたペースでパイの縮小が進むことで、ジワジワと経済を蝕んでいく可能性が高い。

 一時期、日本経済は「ゆでガエル」と揶揄されたことがあったが、その状況はますます顕著になっているのかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

no image
タックスヘイブン(租税回避地)に対する包囲網が狭まる

 ジャージー島やマン島など、英国領の租税回避地(タックスヘイブン)が米国との租税 …

kosokudoro02
財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

no image
オークションサイトをめぐる芸能人のステマが問題に。だが巨悪は別に存在する

 ペニーオークションに関する芸能人の「ステマ」に関して批判が集中している。実際は …

chokinbako
家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消 …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

apuruwochi
4~6月期決算が絶好調なのに、アップルの株価が大幅下落となった理由

 米アップルは2015年7月21日、2015年4~6月期の決算を発表した。売上高 …