ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

北朝鮮が4度目の核実験を実施と発表。原爆ではなく水爆というのは本当か?

 

 北朝鮮は2016年1月6日、水爆実験に成功したと発表した。北朝鮮が核実験を行うのは4回目となるが、水爆実験を行ったと明らかにしたのは今回が初めて。ただ、爆発の規模などから、水爆ではなく、従来型の原爆との見方も出ている。

kitasuibaku

 北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、水爆実験について「完全に成功した。水爆の技術が正確だということを証明し、小型化された水爆の威力を科学的に解明した」と報じている。北朝鮮の主張が正しいと仮定すると、実験を行った爆弾は水爆で、かつ小型化されたものということになる。

 通常の原爆はウランやプルトニウムが分裂する際にエネルギーを放出する「核分裂反応」を利用している。一方、水爆は、水素が融合してヘリウムになる際にエネルギーを放出する「核融合反応」を利用して爆発力を得ている(実際の水爆は水素ではなく、水素の同位体である重水素、三重水素(トリチウム)、もしくはリチウムを使用している)。

 水爆の方がより大きな爆発力を得ることができるが、水爆を起爆するためには、超高温・超高圧という特殊な環境が必要となる。最初に小型の原爆を爆発させ、そのエネルギーで水爆を起爆するのが一般的であり、原爆と水爆では、爆発のプロセスが異なってくる。このため、原爆の場合と水爆の場合では、異なる地震波が検出される可能性がある。

 各国の情報機関は詳細を明らかにしていないが、韓国の情報機関は爆発力が小さいことなどから、水爆である可能性は低いと分析している。また米国政府も水爆実験に成功したという北朝鮮の主張について「分析結果と合わない」として否定するコメントを出した。

 もし今回の実験が本当に水爆だった場合、北朝鮮の核技術は従来よりもさらに高い水準にシフトしたことになるが、現実の核戦略を考えると、北朝鮮が今後、難易度の高い水爆を積極的に製造していくメリットは薄い。
 同国が今後、積極的に水爆技術にシフトしていくということよりも、内政面での引き締めや、対外的な威嚇を狙ったものと解釈するのが自然である。そうなってくると、水爆実験に成功したという同国の主張も、疑わしくなってくる。

 北朝鮮の核実験の実施は、交渉を始めたいという北朝鮮のサインでもある。同国の本当の狙いがどこにあるのは、今後の中国や米国の出方を見ることで、ある程度は伺い知ることができるはずだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

abe001
エコノミスト誌が安倍首相は多重人格と指摘。それは日本人全体のことを指している

 英国の経済誌エコノミストが、安倍首相が多重人格であるという記事を掲載し、ちょっ …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

jieitai
軍縮に走る欧米と火薬庫になるアジア。自衛隊の装備は質的に向上しているのか?

 米国や欧州が軍事費の大幅な削減を進める一方、アジア地域の軍事費が増大しているこ …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …