ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い処分が下された。同法人は東芝の監査を辞退する方針を明らかにしており、東芝は来期の監査法人を変更する。

toshiba02

 金融庁は2015年12月25日、新日本監査法人に対して、新規契約の3カ月停止と業務改善命令処分を下した。監査法人に対する処分としては極めて重い内容といってよいだろう。
 これを受けて新日本監査法人も内部処分を発表しており、トップが引責辞任するとともに、東芝を担当した会計士6名を事実上解雇した。同法人は来期における東芝の監査を辞退する方針を同社に伝えており、同社は監査法人を変更することを発表している。

 今回の処分においては、既存の業務を停止する必要はないので、同法人は営業を継続することができる。だが、今回の事件をきっかけに同法人から別の法人に監査法人を変更する上場企業が出てくる可能性があり、場合によっては今後の業務の継続が難しくなる可能性も指摘されている。
 新日本監査法人は、2011年に損失隠しが発覚したオリンパスの監査も担当しており、業界では監査が甘いのではないかとの指摘も出ていた。同法人の影響力が低下することは、市場としては前向きに評価することになるだろう。

 ただ、今回の事件全体を考えると、違和感が拭えないのも事実である。監査法人の役目は、企業が作成した財務諸表の正確性をチェックするものであって、不正を見抜くことではない。財務諸表のチェックを通じて、結果的に不正が明らかになるだけのことであり、企業から報酬をもらって作業する監査法人ができることには自ずと限界がある。

 その点で考えれば、正確な会計を行い、これを市場に対して説明する義務を負うのは東芝の取締役会であり、当然、負うべき責任も東芝の取締役が最も重い。
 しかし東芝の経営陣は、十分な責任を負っているとは到底いえない状況である。しょせん外部組織に過ぎない新日本監査法人がこれだけ重い処分を受けていることと比較すると、東芝経営陣への処遇は明らかに不自然といってよいだろう。

 市場関係者の一部からは、今回の監査法人の処分は、結局のところスケープゴート捜しに過ぎないとの声も聞かれる。一連の不正会計がこれで幕を閉じることになれば、将来、同じような事件が再び発生することになるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

jdiishikawa
政府がジャパンディスプレイの株売却を示唆。資金繰り悪化との報道も

 政府が全面的に支援している日の丸液晶メーカー・ジャパンディスプレイ(JDI)の …

doruen
欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行わ …

apuruwochi
アップルウオッチの登場で金の価格形成メカニズムが変わる?

 米アップルは2015年3月9日、腕時計型のウェアラブル端末「アップルウオッチ」 …

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …