ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い処分が下された。同法人は東芝の監査を辞退する方針を明らかにしており、東芝は来期の監査法人を変更する。

toshiba02

 金融庁は2015年12月25日、新日本監査法人に対して、新規契約の3カ月停止と業務改善命令処分を下した。監査法人に対する処分としては極めて重い内容といってよいだろう。
 これを受けて新日本監査法人も内部処分を発表しており、トップが引責辞任するとともに、東芝を担当した会計士6名を事実上解雇した。同法人は来期における東芝の監査を辞退する方針を同社に伝えており、同社は監査法人を変更することを発表している。

 今回の処分においては、既存の業務を停止する必要はないので、同法人は営業を継続することができる。だが、今回の事件をきっかけに同法人から別の法人に監査法人を変更する上場企業が出てくる可能性があり、場合によっては今後の業務の継続が難しくなる可能性も指摘されている。
 新日本監査法人は、2011年に損失隠しが発覚したオリンパスの監査も担当しており、業界では監査が甘いのではないかとの指摘も出ていた。同法人の影響力が低下することは、市場としては前向きに評価することになるだろう。

 ただ、今回の事件全体を考えると、違和感が拭えないのも事実である。監査法人の役目は、企業が作成した財務諸表の正確性をチェックするものであって、不正を見抜くことではない。財務諸表のチェックを通じて、結果的に不正が明らかになるだけのことであり、企業から報酬をもらって作業する監査法人ができることには自ずと限界がある。

 その点で考えれば、正確な会計を行い、これを市場に対して説明する義務を負うのは東芝の取締役会であり、当然、負うべき責任も東芝の取締役が最も重い。
 しかし東芝の経営陣は、十分な責任を負っているとは到底いえない状況である。しょせん外部組織に過ぎない新日本監査法人がこれだけ重い処分を受けていることと比較すると、東芝経営陣への処遇は明らかに不自然といってよいだろう。

 市場関係者の一部からは、今回の監査法人の処分は、結局のところスケープゴート捜しに過ぎないとの声も聞かれる。一連の不正会計がこれで幕を閉じることになれば、将来、同じような事件が再び発生することになるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

gold04
金価格の暴落でスイス中銀が評価損を計上。ドル高によって、金価格は低空飛行が続く

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行は、2013年の決算で約90億フラン(約 …

bouekitoukei 201411
11月の貿易収支は円安と原油安の相乗効果で赤字幅縮小

 財務省は2014年12月17日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

nichigin03
6月の日銀短観。改善が見られるが、大企業中心の産業構造を如実に反映

 日銀は7月1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

menkyo
韓国で自動車免許を取得する中国人が急増中。日本人の利用も

 最近、韓国の自動車教習所で免許を取得する中国人が急増しているという。自動車免許 …

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …

googlecar01
Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。  同社は8月に、 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …