ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党のクリントン氏の支持率が低下し、サンダース氏と接戦になりつつある。また共和党では、トランプ氏が勝利する可能性が日増しに高まってきており、ニューヨーク前市長のブルームバーグ氏が無所属で大統領選挙に出馬する可能性を模索し始めた。

clinton201601

 ウォールストリートジャーナルとNBCが行った調査によると、アイオワ州ではクリントン氏の支持が48%に対して、サンダース氏が45%とクリントン氏に肉薄する状況となっている。ニューハンプシャー州では、とうとうサンダース氏がクリントン氏を上回った。

 この結果がショッキングなのは、アイオワ州とニューハンプシャー州が大統領選挙において特別な州と見なされているから。両州は、それぞれ全米で最初に党員集会と予備選が行われる州であり、両州の選挙結果は、今後の行方を占うとされている。

 サンダース氏は自らを社会主義者と称する人物で、本来であれば泡沫候補となるべき人物である。だがサンダース氏は大本命であるクリントン氏に肉薄する状況となっており、場合によっては民主党の正式な候補者になる可能性が出てきた。
 そうなってくると、大統領本選において共和党のトランプ氏と、民主党のサンダース氏が争うという、誰も想定しなかった事態が発生することになってしまう。

 共和党内では、当初、選挙が近づくにつれてトランプ氏の支持が低下するとの見方が強かったが、トランプ氏の勢いは止まらず、正式に候補者となる可能性が高まってきた。こうした状況を見越して、別な動きも出てきている

 2016年1月10日、ニューヨーク前市長のブルームバーグ氏が、無所属で大統領選挙に出馬する可能性を模索しているとの報道が出た。同氏は、以前、無所属で大統領選に出馬することを検討したことがあるが、予備選の段階で断念している。

 同氏はウォール街出身の大富豪で、金融情報サービス企業であるブルームバーグの創業者。同氏は、長く民主党支持者だったが、ニューヨーク市長選へ立候補する際に共和党に鞍替えし、その後は無所属となっている。
 ブルームバーグ氏には高い知名度があり、民主・共和両党の候補者がサンダース氏とトランプ氏だった場合には、勝利できる可能性が見えてくるかもしれない。

 ブルームバーグ氏が出馬すると、民主・共和党から泡沫候補が出馬し、無所属で実績のある候補者が出るという前代未聞の状況となる。ただ、ブルームバーグ氏は、ユダヤ系の元金融マンであり、銃規制を強く主張している。元共和党とはいえ保守層からの支持率は高くない。また政党を鞍替えしているところも、あまりプラスに作用しないと思われる。実際に本選挙で戦えるかは未知数だ。

 アイオワでは、民主党が2月1日に、共和党が2日に党員集会を開催する予定。その後、全米で党員集会や予備選が行われることになる。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

cross
米大統領選挙に見る政治と宗教。米国社会は想像以上に変化が進んでいる

 日本ではあまり報道されないが、米国の政治は宗教によって動く側面が強い。言うまで …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

kaigosisetu
特養の規制を都市部で一部緩和。だが介護政策における根本的矛盾は解消されず

 厚生労働省が特別養護老人ホーム(特養)に関する規制を都市部に限って緩和する方向 …

shukinpei
中国に異変?新聞検閲問題が北京にも波及し、香港では行政長官弾劾の動き

 中国共産党による独裁体制を批判する動きが、国内でじわじわと広がってきている。新 …

shukinpei05
習近平国家主席がインドネシア国会で外国要人として初の演説。両国関係は劇的に変化

 中国の習近平国家主席は10月3日、インドネシアを訪問し、国会で演説を行った。イ …