ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比14.4%減と、現在の統計になってから、過去3番目の減少幅となった。
 機械受注は企業の設備投資の先行指標ともいわれる。大幅なマイナスとなったのは、先月のプラスからの反動が大きいが、消費や生産に関する他の経済指標も冴えない状況が続く。10~12月期のGDPについても、前期に引き続き、顕著な伸びは期待できなかもしれない。

hitogomi

 10月の機械受注は10.7%と大幅増となったが、今回のマイナスで10月の増加分はすべて打ち消してしまった。今のところ10~12月の見通しは2.9%増とプラスを維持しているが、12月の数値が低い場合、マイナスに転じる可能性もある。

 機械受注は設備投資に関する指標だが、生産や消費の動向もあまり芳しくない。11月の鉱工業生産指数は前月比マイナス1.0%だった。10月はプラス1.4%だったので、わずかにプラスという状況である。需要側の調査である実質消費支出は、10月がマイナス0.7%、11月はマイナス2.2%となっており、個人消費の弱さが目立つ。

 消費、投資ともにあまり活発ではないということになると、10~12月期のGDPもあまりよい数値は期待できないことになる。日本経済研究センターが13日に発表した民間エコノミストの予想平均値は、前期比プラス0.63%(年率換算)となっており、前回調査(12月)からは大幅に下振れしている。

 7~9月期のGDPはマイナス予想が多く、実際、速報値では0.2%のマイナスだったが、改定値ではプラス0.3%と上方修正された。最終的にどうなるのかは現段階では何ともいえないが、いずれにせよ、10~12月期についても、あまり良い結果は得られない可能性が高い。

 ただ、昨年とは異なり、すでに市場では景気に対する諦めムードが蔓延している。仮にマイナス成長となっても、それほどのインパクトはないだろう。
 かつてデフレが長く続いた時代には、不景気であることが当たり前の感覚となり、これが実体経済にも大きく影響した。市場関係者の中からは、かつての時代に再び逆戻りするのではないかといった声も聞かれるようになってきた。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …

sinise
来年100周年を迎える企業が1425社。このニュースの意味分かります?

 来年に創業100周年を迎える企業が全国で1425社に上ることが帝国データバンク …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

mof05
2016年度予算の概算要求はさらに大型化。財務省は前年度並みに減額したいところだが

 財務省は2015年9月4日、2016年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は …