ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比14.4%減と、現在の統計になってから、過去3番目の減少幅となった。
 機械受注は企業の設備投資の先行指標ともいわれる。大幅なマイナスとなったのは、先月のプラスからの反動が大きいが、消費や生産に関する他の経済指標も冴えない状況が続く。10~12月期のGDPについても、前期に引き続き、顕著な伸びは期待できなかもしれない。

hitogomi

 10月の機械受注は10.7%と大幅増となったが、今回のマイナスで10月の増加分はすべて打ち消してしまった。今のところ10~12月の見通しは2.9%増とプラスを維持しているが、12月の数値が低い場合、マイナスに転じる可能性もある。

 機械受注は設備投資に関する指標だが、生産や消費の動向もあまり芳しくない。11月の鉱工業生産指数は前月比マイナス1.0%だった。10月はプラス1.4%だったので、わずかにプラスという状況である。需要側の調査である実質消費支出は、10月がマイナス0.7%、11月はマイナス2.2%となっており、個人消費の弱さが目立つ。

 消費、投資ともにあまり活発ではないということになると、10~12月期のGDPもあまりよい数値は期待できないことになる。日本経済研究センターが13日に発表した民間エコノミストの予想平均値は、前期比プラス0.63%(年率換算)となっており、前回調査(12月)からは大幅に下振れしている。

 7~9月期のGDPはマイナス予想が多く、実際、速報値では0.2%のマイナスだったが、改定値ではプラス0.3%と上方修正された。最終的にどうなるのかは現段階では何ともいえないが、いずれにせよ、10~12月期についても、あまり良い結果は得られない可能性が高い。

 ただ、昨年とは異なり、すでに市場では景気に対する諦めムードが蔓延している。仮にマイナス成長となっても、それほどのインパクトはないだろう。
 かつてデフレが長く続いた時代には、不景気であることが当たり前の感覚となり、これが実体経済にも大きく影響した。市場関係者の中からは、かつての時代に再び逆戻りするのではないかといった声も聞かれるようになってきた。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

imf201407
IMFの世界経済見通し。機関車役だった米国の失速で、多くの国が下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2014年7月24日、世界経済見通しの改定値を発表した …

toyotajinnji
トヨタの新役員人事が話題。同社はガバナンスの本質をよく理解している

 トヨタ自動車は2015年3月4日、新しい役員人事を発表した。外国人や女性の積極 …

komatsu
コマツの中間決算を見れば分かる、世界経済の動向と今後の課題

 世界景気、特に新興国の投資需要の減衰が顕著になってきている。先進国では米国が堅 …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …

tenanmon
データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた

 中国の税関当局は5月8日、4月の貿易統計の数値を発表した。それによると、輸出額 …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …