ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比14.4%減と、現在の統計になってから、過去3番目の減少幅となった。
 機械受注は企業の設備投資の先行指標ともいわれる。大幅なマイナスとなったのは、先月のプラスからの反動が大きいが、消費や生産に関する他の経済指標も冴えない状況が続く。10~12月期のGDPについても、前期に引き続き、顕著な伸びは期待できなかもしれない。

hitogomi

 10月の機械受注は10.7%と大幅増となったが、今回のマイナスで10月の増加分はすべて打ち消してしまった。今のところ10~12月の見通しは2.9%増とプラスを維持しているが、12月の数値が低い場合、マイナスに転じる可能性もある。

 機械受注は設備投資に関する指標だが、生産や消費の動向もあまり芳しくない。11月の鉱工業生産指数は前月比マイナス1.0%だった。10月はプラス1.4%だったので、わずかにプラスという状況である。需要側の調査である実質消費支出は、10月がマイナス0.7%、11月はマイナス2.2%となっており、個人消費の弱さが目立つ。

 消費、投資ともにあまり活発ではないということになると、10~12月期のGDPもあまりよい数値は期待できないことになる。日本経済研究センターが13日に発表した民間エコノミストの予想平均値は、前期比プラス0.63%(年率換算)となっており、前回調査(12月)からは大幅に下振れしている。

 7~9月期のGDPはマイナス予想が多く、実際、速報値では0.2%のマイナスだったが、改定値ではプラス0.3%と上方修正された。最終的にどうなるのかは現段階では何ともいえないが、いずれにせよ、10~12月期についても、あまり良い結果は得られない可能性が高い。

 ただ、昨年とは異なり、すでに市場では景気に対する諦めムードが蔓延している。仮にマイナス成長となっても、それほどのインパクトはないだろう。
 かつてデフレが長く続いた時代には、不景気であることが当たり前の感覚となり、これが実体経済にも大きく影響した。市場関係者の中からは、かつての時代に再び逆戻りするのではないかといった声も聞かれるようになってきた。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …

shukinpeihouei2015
習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21 …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

kosobiru
日本の1人あたりGDPは14位を維持。だがこれは円高でかなりお化粧されている

 内閣府は25日、2011年度の国民経済計算確報を発表した。それによると2011 …

ieren201409
絶妙だったイエレンFRB議長の株高発言。金利引き上げタイミングは中立になった

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は2015年5月6日、米国株式市場 …

wallst02
8月の雇用統計は市場予想を下回るもまずまず。9月緩和縮小の可能性は引き続き高い

 米FRB(連邦準備制度理事会)における緩和縮小の判断材料となる最新経済指標がほ …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …