ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主席が与党・国民党の朱立倫主席を大差で破った。
 同時に立法院(議会)選挙も行われたが、こちらも民進党が過半数を獲得している。総統選挙と立法院選挙の両方で民進党が勝利するのは初めてのことであり、今回の選挙は歴史的なものとなった。

saieibun201601

 台湾では、2000年に民進党の陳水扁氏が総統に就任し、独立運動が最高潮に盛り上がった。しかし議会では依然として国民党が勢力を握っていたことから、思うように改革は進まず、陳氏の金銭スキャンダルが取り沙汰されたことをきっかけに民進党は急速に支持を失った。次の総統選挙では国民党の馬英九氏が当選し、同党は再び政権に返り咲いている。

 国民党は、中国と対立する従来の路線をから、中国との融和路線に転換し、台湾独立運動は勢いを失ったかに見えた。この間、中国はめざましい経済成長を実現しており、台湾と中国の立場は完全に逆転していたからである。
 しかし、中国の経済力が圧倒的になったことが、逆に台湾人の独立心に火を付けることになった。

 2014年3月には、中台間のサービス貿易協定調印に反対する学生が立法院を占拠するという事件が発生したが、馬政権はこれに抗しきれず、一部譲歩を迫られている。馬政権は支持率回復を狙い、昨年11月、中国の習近平国家主席と歴史的な首脳会談を実施したが、かえって逆効果になってしまったようだ。

 国民党は馬氏の後継者選びでも二転三転し、結局、総統選挙と議会選挙の両方で大敗するという結果になった。
 ただ、今回の選挙で台湾の独立運動が一気に進む可能性は低い。陳氏と異なり、蔡氏はかなりの現実主義者といわれており、民進党の対中政策は、中国にも取り込まれないが、明示的に独立もしない「現状維持」が基本である。

 これまで半導体やコンピュータのハードウェアに依存してきた台湾経済はこのところ不調で、国内には外交以外の問題が山積している。民進党としては、初めてのねじれ状態の解消であり、当面は、国内問題の解決に力を割く可能性が高い。中国との関係が再構築される可能性があるとすると、その先ということになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

clintonkishida02
クリントン長官の尖閣発言に中国が猛反発。長官の退任を前にしたパフォーマンスか?

 尖閣諸島をめぐるクリントン米国務長官の発言に中国側が猛反発している。 中国外交 …

hagel
オバマ大統領が次期国防長官にヘーゲル氏を指名。その真の狙いとは何か?

 オバマ米大統領が、次期国防長官に共和党のチャック・ヘーゲル元上院議員を指名する …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

tacloban
フィリピンのアキノ大統領が、被災した現地自治体を批判した政治的背景

 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

hatoyamagoten
鳩山元首相が引退を正式表明。巨万の富を持つ「クリーンな」政治家の功罪

 民主党の鳩山由紀夫元首相は21日、北海道苫小牧市で記者会見し、政界を引退するこ …

kerikokumuchokan
米国の日本に対する認識が変化?米国務省受賞者の顔ぶれに異変

 米国務省が毎年行っている「世界の勇気ある女性賞」の受賞者をめぐって波紋が広がっ …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …