ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主席が与党・国民党の朱立倫主席を大差で破った。
 同時に立法院(議会)選挙も行われたが、こちらも民進党が過半数を獲得している。総統選挙と立法院選挙の両方で民進党が勝利するのは初めてのことであり、今回の選挙は歴史的なものとなった。

saieibun201601

 台湾では、2000年に民進党の陳水扁氏が総統に就任し、独立運動が最高潮に盛り上がった。しかし議会では依然として国民党が勢力を握っていたことから、思うように改革は進まず、陳氏の金銭スキャンダルが取り沙汰されたことをきっかけに民進党は急速に支持を失った。次の総統選挙では国民党の馬英九氏が当選し、同党は再び政権に返り咲いている。

 国民党は、中国と対立する従来の路線をから、中国との融和路線に転換し、台湾独立運動は勢いを失ったかに見えた。この間、中国はめざましい経済成長を実現しており、台湾と中国の立場は完全に逆転していたからである。
 しかし、中国の経済力が圧倒的になったことが、逆に台湾人の独立心に火を付けることになった。

 2014年3月には、中台間のサービス貿易協定調印に反対する学生が立法院を占拠するという事件が発生したが、馬政権はこれに抗しきれず、一部譲歩を迫られている。馬政権は支持率回復を狙い、昨年11月、中国の習近平国家主席と歴史的な首脳会談を実施したが、かえって逆効果になってしまったようだ。

 国民党は馬氏の後継者選びでも二転三転し、結局、総統選挙と議会選挙の両方で大敗するという結果になった。
 ただ、今回の選挙で台湾の独立運動が一気に進む可能性は低い。陳氏と異なり、蔡氏はかなりの現実主義者といわれており、民進党の対中政策は、中国にも取り込まれないが、明示的に独立もしない「現状維持」が基本である。

 これまで半導体やコンピュータのハードウェアに依存してきた台湾経済はこのところ不調で、国内には外交以外の問題が山積している。民進党としては、初めてのねじれ状態の解消であり、当面は、国内問題の解決に力を割く可能性が高い。中国との関係が再構築される可能性があるとすると、その先ということになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

abenaikaku3ji20151007
第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発 …

shairo
北朝鮮が間もなく核実験?米第7艦隊の艦船が続々出航、中国を交えた神経戦を展開

 核実験の実施をほのめかしている北朝鮮の準備がほぼ最終段階に入った。韓国の聯合ニ …

obamacare
まるで日本の電子政府!オバマケアの中核となるWebサイトでトラブル連発

 米国の医療保険制度改革(いわゆるオバマケア)の中核となるWebサイトが不具合を …

komei
連立与党の動きを知りたければ、公明党の発言に注目すべし。

 自民・公明の連立与党において公明党が政策決定のカギを握る局面が増えてきている。 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …