ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した。2016年の世界経済の成長率予測は、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.4%となり、前回の見通しから0.2ポイント下方修正された。

imf201601

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表しているが、7月と1月に見通しの改定値を出している。今回の発表は2015年10月における見通しの改定値ということになる。
 世界経済の見通しが引き下げられたのは、原油安や中国経済の失速によって新興国経済の減速スピードが上がったことが主な要因。新興国の成長率予測は、前回見通しから0.2ポイント下がって4.3%となった。先進国経済はプラス2.1%と比較的堅調だが、新興国に足を引っ張られる形で、こちらも0.1ポイントの下方修正となっている。

 新興国経済の減速は中国が引き金になっているが、実際の影響の大きさは、ロシアやブラジルの方が圧倒的に大きい。ロシアに至っては0.4ポイントの下方修正となり、マイナス成長に転じた。ブラジルはもっとすさまじく、2.5ポイント引き下げられ、成長率はマイナス3.5%と壊滅的状況だ。

 一方の中国はプラス6.3%と前回予想が据え置かれた。2ケタ成長だった時代と比較すると激減だが、中国の経済規模は大きく、莫大な内需が何とか経済を支えている。新興国経済の図式は、中国がくしゃみをすると、ロシアやブラジルといった国が高熱でダウンするといった状況に近い。

 世界経済における唯一の機関車である米国の成長率は0.2ポイント引き下げられ、プラス2.6%になった。他国と比べると圧倒的だが、世界経済をすべて牽引するにはやはり力不足である。全世界的な成長率の鈍化は続く可能性が高い。

 日本はプラス1.0%となっており、前回見通しが据え置かれている。欧州は0.1ポイント上方修正されてプラス1.7%になった。日本だけが相変わらず低空飛行という状況に変化はない。

 - 経済

  関連記事

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

juko3sha
日本の製造業が大ピンチ。三菱と東芝はすでに満身創痍、日立は比較的身軽だが・・・

 日本の重電・重工メーカーが岐路に立たされている。三菱重工は日の丸ジェットである …

nyse02
ツイッター偽情報による株価の乱高下。即座に株価が安定したことの方に意味がある

 4月23日のニューヨーク株式市場において、ツイッターの偽情報によって株価が一時 …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …