ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した。2016年の世界経済の成長率予測は、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.4%となり、前回の見通しから0.2ポイント下方修正された。

imf201601

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表しているが、7月と1月に見通しの改定値を出している。今回の発表は2015年10月における見通しの改定値ということになる。
 世界経済の見通しが引き下げられたのは、原油安や中国経済の失速によって新興国経済の減速スピードが上がったことが主な要因。新興国の成長率予測は、前回見通しから0.2ポイント下がって4.3%となった。先進国経済はプラス2.1%と比較的堅調だが、新興国に足を引っ張られる形で、こちらも0.1ポイントの下方修正となっている。

 新興国経済の減速は中国が引き金になっているが、実際の影響の大きさは、ロシアやブラジルの方が圧倒的に大きい。ロシアに至っては0.4ポイントの下方修正となり、マイナス成長に転じた。ブラジルはもっとすさまじく、2.5ポイント引き下げられ、成長率はマイナス3.5%と壊滅的状況だ。

 一方の中国はプラス6.3%と前回予想が据え置かれた。2ケタ成長だった時代と比較すると激減だが、中国の経済規模は大きく、莫大な内需が何とか経済を支えている。新興国経済の図式は、中国がくしゃみをすると、ロシアやブラジルといった国が高熱でダウンするといった状況に近い。

 世界経済における唯一の機関車である米国の成長率は0.2ポイント引き下げられ、プラス2.6%になった。他国と比べると圧倒的だが、世界経済をすべて牽引するにはやはり力不足である。全世界的な成長率の鈍化は続く可能性が高い。

 日本はプラス1.0%となっており、前回見通しが据え置かれている。欧州は0.1ポイント上方修正されてプラス1.7%になった。日本だけが相変わらず低空飛行という状況に変化はない。

 - 経済

  関連記事

seveneleven
コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

no image
韓国企業が相次いで中国内陸部に巨額投資。しかも土地はタダだって!

 韓国が中国内陸部への投資を加速している。  韓国のサムスン電子が陝西省西安に7 …

joseiroudou
女性の賃金が過去最高を更新したのは、皮肉にも日本が貧しくなっているから

 厚生労働省は21日、賃金構造基本統計調査の結果を発表した。それによると、201 …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

juko3sha
日本の製造業が大ピンチ。三菱と東芝はすでに満身創痍、日立は比較的身軽だが・・・

 日本の重電・重工メーカーが岐路に立たされている。三菱重工は日の丸ジェットである …

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …