ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した。2016年の世界経済の成長率予測は、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.4%となり、前回の見通しから0.2ポイント下方修正された。

imf201601

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表しているが、7月と1月に見通しの改定値を出している。今回の発表は2015年10月における見通しの改定値ということになる。
 世界経済の見通しが引き下げられたのは、原油安や中国経済の失速によって新興国経済の減速スピードが上がったことが主な要因。新興国の成長率予測は、前回見通しから0.2ポイント下がって4.3%となった。先進国経済はプラス2.1%と比較的堅調だが、新興国に足を引っ張られる形で、こちらも0.1ポイントの下方修正となっている。

 新興国経済の減速は中国が引き金になっているが、実際の影響の大きさは、ロシアやブラジルの方が圧倒的に大きい。ロシアに至っては0.4ポイントの下方修正となり、マイナス成長に転じた。ブラジルはもっとすさまじく、2.5ポイント引き下げられ、成長率はマイナス3.5%と壊滅的状況だ。

 一方の中国はプラス6.3%と前回予想が据え置かれた。2ケタ成長だった時代と比較すると激減だが、中国の経済規模は大きく、莫大な内需が何とか経済を支えている。新興国経済の図式は、中国がくしゃみをすると、ロシアやブラジルといった国が高熱でダウンするといった状況に近い。

 世界経済における唯一の機関車である米国の成長率は0.2ポイント引き下げられ、プラス2.6%になった。他国と比べると圧倒的だが、世界経済をすべて牽引するにはやはり力不足である。全世界的な成長率の鈍化は続く可能性が高い。

 日本はプラス1.0%となっており、前回見通しが据え置かれている。欧州は0.1ポイント上方修正されてプラス1.7%になった。日本だけが相変わらず低空飛行という状況に変化はない。

 - 経済

  関連記事

usakoyoutoukei201409
9月の米雇用統計は予想以上。ただし、世界経済は減速懸念でディスインフレ?

 米労働省は2014年10月3日、9月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数 …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

jinkochinoibm
メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

young
EUの失業率が過去最悪で若年層対策に1兆円投入。日本での関心は低いまま

 EU(欧州連合)首脳会議は6月27日、若年層の失業対策に2年で総額80億ユーロ …

ginkou
全銀協が24時間振り込みに対応する方針。最終的なライバルはビットコイン?

 銀行業界が振り込みの24時間対応に向けて動き始めた。もし実現すれば、15時で当 …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …