ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した。2016年の世界経済の成長率予測は、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.4%となり、前回の見通しから0.2ポイント下方修正された。

imf201601

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表しているが、7月と1月に見通しの改定値を出している。今回の発表は2015年10月における見通しの改定値ということになる。
 世界経済の見通しが引き下げられたのは、原油安や中国経済の失速によって新興国経済の減速スピードが上がったことが主な要因。新興国の成長率予測は、前回見通しから0.2ポイント下がって4.3%となった。先進国経済はプラス2.1%と比較的堅調だが、新興国に足を引っ張られる形で、こちらも0.1ポイントの下方修正となっている。

 新興国経済の減速は中国が引き金になっているが、実際の影響の大きさは、ロシアやブラジルの方が圧倒的に大きい。ロシアに至っては0.4ポイントの下方修正となり、マイナス成長に転じた。ブラジルはもっとすさまじく、2.5ポイント引き下げられ、成長率はマイナス3.5%と壊滅的状況だ。

 一方の中国はプラス6.3%と前回予想が据え置かれた。2ケタ成長だった時代と比較すると激減だが、中国の経済規模は大きく、莫大な内需が何とか経済を支えている。新興国経済の図式は、中国がくしゃみをすると、ロシアやブラジルといった国が高熱でダウンするといった状況に近い。

 世界経済における唯一の機関車である米国の成長率は0.2ポイント引き下げられ、プラス2.6%になった。他国と比べると圧倒的だが、世界経済をすべて牽引するにはやはり力不足である。全世界的な成長率の鈍化は続く可能性が高い。

 日本はプラス1.0%となっており、前回見通しが据え置かれている。欧州は0.1ポイント上方修正されてプラス1.7%になった。日本だけが相変わらず低空飛行という状況に変化はない。

 - 経済

  関連記事

bukkajoushou
とうとう物価上昇にブレーキ!日銀の追加緩和策はどうなるのか?

 総務省は2014年3月28日、2014年2月の消費者物価指数を発表した。各指標 …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

shaft01
グーグルによる東大発ロボット企業の買収で危惧されること

 インターネット検索最大手の米グーグルが東大発のロボット開発ベンチャー「シャフト …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

frbzerokinri
FRBがとうとう利上げを決定。米国経済は非常事態から完全に脱却

 FRB(連邦準備制度理事会)がとうとう政策金利の引き上げを決定した。米国の金融 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …