ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

甘利経財相に金銭疑惑が浮上。永田町の潮目が変わったとの見方も

 

 安倍政権の屋台骨に「政治とカネ」の問題が浮上した。国会が始まったばかりであり、夏の参院選を控えた重要な時期であるだけに、政権運営に対するインパクトは大きい。これまでの安倍政権では考えられなかった事態であり、永田町における潮目が変わったと見る政界関係者もいる。

amarikaiken

 2016年1月21日発売の週刊文春によると、甘利氏は、千葉県内の建設業者から総額1200万円の現金や飲食設定を受けていたという。建設業者は週刊文春の取材に対して実名で告白。建設業者はUR(独立行政法人都市再生機構)との補償交渉をめぐり、甘利氏や秘書らに口利きを依頼し、見返りに現金を供与したという。一部は直接甘利氏に手渡したとしており、記事の信憑性は高い。

 記者会見で甘利氏は、自身について「国民に後ろ指をさされるようなことはしていない」と釈明。秘書については「これから調べる」とした。
 以前甘利氏は、原発事故をめぐる自身の発言に対する報道について、テレビ東京に対して訴訟を起こしたことがあり、報道に対する強硬姿勢で知られている。だが今回の件については、法的対処という言葉は口にしていない。

 こうした収賄疑惑は線引きが難しく、進退問題や刑事責任に発展するのかどうかは、その時の政治情勢によって左右される。甘利氏はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の担当大臣であり、TPP国会ともいえる今国会の顔となっている。また経済閣僚としてアベノミクスの舵取りも行っており、安倍政権に与える影響は大きい。

 昨年までの安倍政権であれば、こうしたスキャンダルは封じ込めることができた可能性が高く、政界関係者の中からは永田町における潮目が変わったとの声も聞かれる。

 今回の報道が政権に対する致命傷となるのか、それとも、わずかな影響で済むのかについては、国会での論戦次第ということになるだろう。物価や株価も大幅に下がっている中での出来事だけに、安倍政権にとってはまさに正念場の国会となる。

 - 政治 ,

  関連記事

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …

home02
米国の政府系住宅金融公社2社が業務縮小を決定。米国のバブル処理は完全終了へ

 オバマ米大統領は8月5日、住宅金融市場の改革案を発表した。政府系住宅金融機関で …

popefrancis201411
フランシスコ法王が欧州議会で演説。EUの官僚主義的な体制を痛烈に批判

 カトリック教会のフランシスコ法王は2014年11月25日、欧州議会で演説をおこ …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

zangyou
働き方改革で政府が残業時間規制を検討。結局はサービス残業増えるだけ?

 政府は長時間残業を是正するため、労働基準法を見直し、一定以上の残業を規制する検 …

romuni02
米大統領選挙のTV討論会第3回(最終回)が終了。今回もオバマ大統領優勢か?

 米大統領選挙の第3回TV討論会が22日終了した。これで大統領選挙のTV討論会は …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

matsuzawa
松沢・前神奈川県知事が都知事選に出馬を表明。だが前回の都知事選での失態はイタい

 前神奈川県知事の松沢成文氏が8日午後、都庁で記者会見を行い、12月に行われる東 …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …