ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

甘利経財相に金銭疑惑が浮上。永田町の潮目が変わったとの見方も

 

 安倍政権の屋台骨に「政治とカネ」の問題が浮上した。国会が始まったばかりであり、夏の参院選を控えた重要な時期であるだけに、政権運営に対するインパクトは大きい。これまでの安倍政権では考えられなかった事態であり、永田町における潮目が変わったと見る政界関係者もいる。

amarikaiken

 2016年1月21日発売の週刊文春によると、甘利氏は、千葉県内の建設業者から総額1200万円の現金や飲食設定を受けていたという。建設業者は週刊文春の取材に対して実名で告白。建設業者はUR(独立行政法人都市再生機構)との補償交渉をめぐり、甘利氏や秘書らに口利きを依頼し、見返りに現金を供与したという。一部は直接甘利氏に手渡したとしており、記事の信憑性は高い。

 記者会見で甘利氏は、自身について「国民に後ろ指をさされるようなことはしていない」と釈明。秘書については「これから調べる」とした。
 以前甘利氏は、原発事故をめぐる自身の発言に対する報道について、テレビ東京に対して訴訟を起こしたことがあり、報道に対する強硬姿勢で知られている。だが今回の件については、法的対処という言葉は口にしていない。

 こうした収賄疑惑は線引きが難しく、進退問題や刑事責任に発展するのかどうかは、その時の政治情勢によって左右される。甘利氏はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の担当大臣であり、TPP国会ともいえる今国会の顔となっている。また経済閣僚としてアベノミクスの舵取りも行っており、安倍政権に与える影響は大きい。

 昨年までの安倍政権であれば、こうしたスキャンダルは封じ込めることができた可能性が高く、政界関係者の中からは永田町における潮目が変わったとの声も聞かれる。

 今回の報道が政権に対する致命傷となるのか、それとも、わずかな影響で済むのかについては、国会での論戦次第ということになるだろう。物価や株価も大幅に下がっている中での出来事だけに、安倍政権にとってはまさに正念場の国会となる。

 - 政治 ,

  関連記事

江沢民
中国の前国家エネルギー局長の汚職事件。江沢民グループの影響力排除が目的か?

 新華社通信や中国中央電視台など中国の国営メディアは、中国共産党中央規律検査委員 …

boyscout
米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボー …

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

carter
米次期国防長官は、実務官僚で経験豊富なカーター氏に落ち着く?

 辞任が決まっているヘーゲル米国防長官の後任に、前国防副長官のアシュトン・カータ …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

takeshima
朴槿恵氏の大統領就任で韓国経済や日韓関係はどうなるか?

 与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が大統領に選出されたことで、韓国はどのよ …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …

no image
ルイヴィトンのオーナーが課税強化を嫌ってベルギー国籍を取得

 フランスの大富豪で「LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)」会長のベルナール・ …

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …