ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。甘利氏は、建設会社社長と会ったことは認めているが、金銭の授受については「記憶が曖昧」など、歯切れの悪い答弁に終始している。

satsutaba

 週刊文春の報道によると、建設会社の社長はUR(独立行政法人都市再生機構)との補償交渉をめぐり、甘利氏や秘書らに口利きを依頼。見返りに現金を供与し、一部は大臣室で直接、甘利氏に手渡したという。

 甘利氏はこの点について記憶が曖昧と説明しているわけだが、建設会社側は録音もしており、現金授受があった可能性は高い。
 政界関係者の中には、甘利氏の一連の対応について脇が甘いと指摘する人もいる。政治家の中には、本人が直接、こうした案件に関わらないよう、巧妙な仕掛けをする人も多いからだ。

 有力政治家に資金を提供した経験を持つある実業家は「政治家本人とは会ったが、お金の問題とは関わっていないようにうまく演出されてしまった」と語っている。
 お金を渡す側は、できれば秘書ではなく、本人に直接渡したいと思っている。だが政治家本人はこうしたスキャンダルを警戒してお金を受け取りたがらない。

 その実業家は、議員会館で本人と会う約束をしたものの、時間の調整が難しいということで、次回のアポイントをほのめかされた。秘書は「代議士に渡しておきますから」と言ってお金を受け取ったという。
 その直後、なぜか政治家本人が忙しそうに現れ、秘書から耳打ちされると「いろいろとありがとうございます」と礼を述べたそうである。

 客観的に見れば、その政治家本人は、この案件に関わってもいないし、お金も受け取っておらず、社交辞令的に挨拶をしただけということになる。

 世間一般の常識で考えると、稚拙でくだらない演出だが、スキャンダルが表面化し、いざ立件という段階になると、こうした小細工は意外と効果を発揮することになる。現金授受が明確になっていないと収賄での起訴は難しいからだ。

 かつて、ロッキード事件で田中角栄元首相が立件された時も、現金の授受がどのように行われたのかが、大きな争点となった。
 当時は、当たり前のように現金が乱れ飛ぶ時代であり、判決によると、田中氏が受け取った5億円は、段ボール箱に詰められ、4回に分けて運び込まれたという。

 - 政治 , ,

  関連記事

obamaparitero
世界の警察官であることをやめるという米国の外交戦略はテロでどう変わのか?

 過激派組織「イスラム国(IS)」による大規模なテロが発生したことが、オバマ政権 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

kimujonun04
北朝鮮が核実験を強行した本当の理由とは?水面下で米朝交渉が進展?

 北朝鮮が3回目の核実験に踏み切ったことで、周辺諸国や国連は北朝鮮に対する制裁に …

jabuil
動き出す農協改革。最初のターゲットがJA全中になる理由

 政府が農協改革に向けて動き始めた。規制改革会議は5月22日、中央組織が地域の農 …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

settai
外国政府による米国議員関係者の接待。中国が突出して多いことが判明

 中国をはじめとする外国政府が米国の議員やそのスタッフを接待旅行に招待する事例が …

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …