ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。甘利氏は、建設会社社長と会ったことは認めているが、金銭の授受については「記憶が曖昧」など、歯切れの悪い答弁に終始している。

satsutaba

 週刊文春の報道によると、建設会社の社長はUR(独立行政法人都市再生機構)との補償交渉をめぐり、甘利氏や秘書らに口利きを依頼。見返りに現金を供与し、一部は大臣室で直接、甘利氏に手渡したという。

 甘利氏はこの点について記憶が曖昧と説明しているわけだが、建設会社側は録音もしており、現金授受があった可能性は高い。
 政界関係者の中には、甘利氏の一連の対応について脇が甘いと指摘する人もいる。政治家の中には、本人が直接、こうした案件に関わらないよう、巧妙な仕掛けをする人も多いからだ。

 有力政治家に資金を提供した経験を持つある実業家は「政治家本人とは会ったが、お金の問題とは関わっていないようにうまく演出されてしまった」と語っている。
 お金を渡す側は、できれば秘書ではなく、本人に直接渡したいと思っている。だが政治家本人はこうしたスキャンダルを警戒してお金を受け取りたがらない。

 その実業家は、議員会館で本人と会う約束をしたものの、時間の調整が難しいということで、次回のアポイントをほのめかされた。秘書は「代議士に渡しておきますから」と言ってお金を受け取ったという。
 その直後、なぜか政治家本人が忙しそうに現れ、秘書から耳打ちされると「いろいろとありがとうございます」と礼を述べたそうである。

 客観的に見れば、その政治家本人は、この案件に関わってもいないし、お金も受け取っておらず、社交辞令的に挨拶をしただけということになる。

 世間一般の常識で考えると、稚拙でくだらない演出だが、スキャンダルが表面化し、いざ立件という段階になると、こうした小細工は意外と効果を発揮することになる。現金授受が明確になっていないと収賄での起訴は難しいからだ。

 かつて、ロッキード事件で田中角栄元首相が立件された時も、現金の授受がどのように行われたのかが、大きな争点となった。
 当時は、当たり前のように現金が乱れ飛ぶ時代であり、判決によると、田中氏が受け取った5億円は、段ボール箱に詰められ、4回に分けて運び込まれたという。

 - 政治 , ,

  関連記事

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

clintonkishida02
クリントン長官の尖閣発言に中国が猛反発。長官の退任を前にしたパフォーマンスか?

 尖閣諸島をめぐるクリントン米国務長官の発言に中国側が猛反発している。 中国外交 …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

hongkongdemo
香港でTV局新規開設をめぐってデモ。日本と香港が抱える問題には共通点が多い

 中国の香港で、テレビ局新設を申請した企業に特区政府が放送免許交付をしなかったこ …

beiyosan
米国の予算教書。税収増で財政赤字問題はほぼ解消。歳出拡大へ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年2月2日、2016年会計年度(2015 …

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

cameron2
英国でEU離脱を主張する政党が大躍進。EU問題が再び炎上か?

 英国でEU離脱をめぐる動きが再び活発化している。5月2日に統一地方選挙が実施さ …

chukounen
結局は減額?政府が年金給付額の抑制について具体的な検討を開始

 政府は、年金の給付額抑制に乗り出す方針を固めた。現在のマクロ経済スライド制を見 …

no image
薬物に厳しいフランスがとうとう合法化に向けてテストを開始。日本はどうする?

 EU諸国の中でもっとも薬物に対する規制厳しかったフランスで、試験的に薬物の一部 …