ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。甘利氏は、建設会社社長と会ったことは認めているが、金銭の授受については「記憶が曖昧」など、歯切れの悪い答弁に終始している。

satsutaba

 週刊文春の報道によると、建設会社の社長はUR(独立行政法人都市再生機構)との補償交渉をめぐり、甘利氏や秘書らに口利きを依頼。見返りに現金を供与し、一部は大臣室で直接、甘利氏に手渡したという。

 甘利氏はこの点について記憶が曖昧と説明しているわけだが、建設会社側は録音もしており、現金授受があった可能性は高い。
 政界関係者の中には、甘利氏の一連の対応について脇が甘いと指摘する人もいる。政治家の中には、本人が直接、こうした案件に関わらないよう、巧妙な仕掛けをする人も多いからだ。

 有力政治家に資金を提供した経験を持つある実業家は「政治家本人とは会ったが、お金の問題とは関わっていないようにうまく演出されてしまった」と語っている。
 お金を渡す側は、できれば秘書ではなく、本人に直接渡したいと思っている。だが政治家本人はこうしたスキャンダルを警戒してお金を受け取りたがらない。

 その実業家は、議員会館で本人と会う約束をしたものの、時間の調整が難しいということで、次回のアポイントをほのめかされた。秘書は「代議士に渡しておきますから」と言ってお金を受け取ったという。
 その直後、なぜか政治家本人が忙しそうに現れ、秘書から耳打ちされると「いろいろとありがとうございます」と礼を述べたそうである。

 客観的に見れば、その政治家本人は、この案件に関わってもいないし、お金も受け取っておらず、社交辞令的に挨拶をしただけということになる。

 世間一般の常識で考えると、稚拙でくだらない演出だが、スキャンダルが表面化し、いざ立件という段階になると、こうした小細工は意外と効果を発揮することになる。現金授受が明確になっていないと収賄での起訴は難しいからだ。

 かつて、ロッキード事件で田中角栄元首相が立件された時も、現金の授受がどのように行われたのかが、大きな争点となった。
 当時は、当たり前のように現金が乱れ飛ぶ時代であり、判決によると、田中氏が受け取った5億円は、段ボール箱に詰められ、4回に分けて運び込まれたという。

 - 政治 , ,

  関連記事

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

no image
日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

nhkkaichou
わずか2日で自説を撤回。NHK籾井会長発言がもたらすもう一つの弊害とは?

 NHKの籾井勝人会長は2014年1月27日、従軍慰安婦問題について「どこの国に …

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

abesenkyo201412
衆院選は予想通り与党が圧勝。ただ今後の政治日程が厳しいことに変わりはない

 第47回衆議院選挙は大方の予想通り、自民・公明両党の勝利となった。とりあえずア …

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …

no image
党大会開催で厳戒態勢の北京でも反政府活動が発生。共産党支配の限界が露呈している

 中国では8日から共産党大会が開催されており、首都北京では厳戒態勢が敷かれている …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …