ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計のエンゲル係数が急上昇。それ以上に上昇しているのは電気代と水道代

 

 消費支出に占める食費の割合を示すエンゲル係数が急上昇している。2014年4月に実施された消費増税の影響が大きいが、前回の増税時にはエンゲル係数の上昇は見られなかった。円安による物価上昇や家計の実質所得の減少など、日本人が貧しくなっていることが背景にあると考えられる。

kakeibo
 総務省が発表した11月の家計調査における食料品支出は7万111円だった。同月の消費支出全体は27万3268円だったので、エンゲル係数を計算すると25.7%になる。2013年まではエンゲル係数が25%を超える月はほとんどなかったが、2014年に入ってから25%を超える月が増え始めた。今年に入ってさらに拍車がかかっており、5月以降は毎月25%を超える状況となっている。

 直接的な原因は2014年4月に実施された消費税の8%増税であることは明らかである。これまで事業者は、内容量の削減など見えない形で値上げを行ってきたが、消費増税をきっかけに名目上の値上げに踏み切ったところも多く、これが食料品の価格を押し上げた。
 消費税が上がっても、その分、収入が増えるわけではなく、かといって生活の基礎となっている食料を減らすことも難しいので、他の品目を切り詰めることになる。結果としてエンゲル係数は上昇するわけだ。

 ただ1997年の消費税5%増税の時にはエンゲル係数の目立った上昇は見られなかった。全体の支出に余裕があり、まんべんなく消費を減らして対応したものと考えられる。
 今回の増税で極端にエンゲル係数が増加したのは、日本の家計はこれ以上、切り詰められないほどまでコスト削減をしており、バッファーがなくなっていることを示唆している。

 ちなみに消費支出の長期的な推移を見ると、いろいろなことが分かる。2000年以降、一貫して支出を減らしているのは、身の回り品や小遣いといった項目や被服・履き物などである。一方、通信費はスマホの普及でむしろ増加しているほか、電気代や水道代は相次ぐ値上げで一貫して増えている。

 電気や水道など公的サービスは、独占事業なので利用者の懐事情などお構いなしに価格を決めることができる。消費者が食品や服を切り詰めて生活し、多くの事業者が値上げしたくても実施できずに苦慮する中、こうした公営事業者はこの世の春を謳歌しているようだ。

 - 経済 ,

  関連記事

shanhai
日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造 …

nandflash
東芝の半導体技術漏洩事件。罰則強化では根本的解決にならない

 東芝の半導体技術が韓国企業に漏洩した問題で、情報提供者に対する厳罰化を求める声 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

lottehoteru
ロッテグループのお家騒動で再び注目される、韓国の循環出資構造

 経営をめぐって創業家内部の争いが続いていたロッテホールディングスは2015年8 …

setsubitousi
企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要 …

tinageeft
日銀が買い入れをコミットした賃上げETFが事実上の売買ゼロ状態に

 積極的に賃上げを実施する企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が危機的状 …

maresia
米利上げとドル高に備え、東南アジア各国が財政規律を強化

 米国の利上げとドル高に備え、東南アジア各国の準備が進んでいる。これまで景気優先 …

nichigin03
6月の日銀短観。改善が見られるが、大企業中心の産業構造を如実に反映

 日銀は7月1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示 …