ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計のエンゲル係数が急上昇。それ以上に上昇しているのは電気代と水道代

 

 消費支出に占める食費の割合を示すエンゲル係数が急上昇している。2014年4月に実施された消費増税の影響が大きいが、前回の増税時にはエンゲル係数の上昇は見られなかった。円安による物価上昇や家計の実質所得の減少など、日本人が貧しくなっていることが背景にあると考えられる。

kakeibo
 総務省が発表した11月の家計調査における食料品支出は7万111円だった。同月の消費支出全体は27万3268円だったので、エンゲル係数を計算すると25.7%になる。2013年まではエンゲル係数が25%を超える月はほとんどなかったが、2014年に入ってから25%を超える月が増え始めた。今年に入ってさらに拍車がかかっており、5月以降は毎月25%を超える状況となっている。

 直接的な原因は2014年4月に実施された消費税の8%増税であることは明らかである。これまで事業者は、内容量の削減など見えない形で値上げを行ってきたが、消費増税をきっかけに名目上の値上げに踏み切ったところも多く、これが食料品の価格を押し上げた。
 消費税が上がっても、その分、収入が増えるわけではなく、かといって生活の基礎となっている食料を減らすことも難しいので、他の品目を切り詰めることになる。結果としてエンゲル係数は上昇するわけだ。

 ただ1997年の消費税5%増税の時にはエンゲル係数の目立った上昇は見られなかった。全体の支出に余裕があり、まんべんなく消費を減らして対応したものと考えられる。
 今回の増税で極端にエンゲル係数が増加したのは、日本の家計はこれ以上、切り詰められないほどまでコスト削減をしており、バッファーがなくなっていることを示唆している。

 ちなみに消費支出の長期的な推移を見ると、いろいろなことが分かる。2000年以降、一貫して支出を減らしているのは、身の回り品や小遣いといった項目や被服・履き物などである。一方、通信費はスマホの普及でむしろ増加しているほか、電気代や水道代は相次ぐ値上げで一貫して増えている。

 電気や水道など公的サービスは、独占事業なので利用者の懐事情などお構いなしに価格を決めることができる。消費者が食品や服を切り詰めて生活し、多くの事業者が値上げしたくても実施できずに苦慮する中、こうした公営事業者はこの世の春を謳歌しているようだ。

 - 経済 ,

  関連記事

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

nichigin04
日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定し …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

buffett
著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について …

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …