ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計のエンゲル係数が急上昇。それ以上に上昇しているのは電気代と水道代

 

 消費支出に占める食費の割合を示すエンゲル係数が急上昇している。2014年4月に実施された消費増税の影響が大きいが、前回の増税時にはエンゲル係数の上昇は見られなかった。円安による物価上昇や家計の実質所得の減少など、日本人が貧しくなっていることが背景にあると考えられる。

kakeibo
 総務省が発表した11月の家計調査における食料品支出は7万111円だった。同月の消費支出全体は27万3268円だったので、エンゲル係数を計算すると25.7%になる。2013年まではエンゲル係数が25%を超える月はほとんどなかったが、2014年に入ってから25%を超える月が増え始めた。今年に入ってさらに拍車がかかっており、5月以降は毎月25%を超える状況となっている。

 直接的な原因は2014年4月に実施された消費税の8%増税であることは明らかである。これまで事業者は、内容量の削減など見えない形で値上げを行ってきたが、消費増税をきっかけに名目上の値上げに踏み切ったところも多く、これが食料品の価格を押し上げた。
 消費税が上がっても、その分、収入が増えるわけではなく、かといって生活の基礎となっている食料を減らすことも難しいので、他の品目を切り詰めることになる。結果としてエンゲル係数は上昇するわけだ。

 ただ1997年の消費税5%増税の時にはエンゲル係数の目立った上昇は見られなかった。全体の支出に余裕があり、まんべんなく消費を減らして対応したものと考えられる。
 今回の増税で極端にエンゲル係数が増加したのは、日本の家計はこれ以上、切り詰められないほどまでコスト削減をしており、バッファーがなくなっていることを示唆している。

 ちなみに消費支出の長期的な推移を見ると、いろいろなことが分かる。2000年以降、一貫して支出を減らしているのは、身の回り品や小遣いといった項目や被服・履き物などである。一方、通信費はスマホの普及でむしろ増加しているほか、電気代や水道代は相次ぐ値上げで一貫して増えている。

 電気や水道など公的サービスは、独占事業なので利用者の懐事情などお構いなしに価格を決めることができる。消費者が食品や服を切り詰めて生活し、多くの事業者が値上げしたくても実施できずに苦慮する中、こうした公営事業者はこの世の春を謳歌しているようだ。

 - 経済 ,

  関連記事

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

shukinpeiru
習近平国家主席が就任早々、米国のルー財務長官と会談

 米国のルー財務長官は3月19日、中国を訪問し、就任したばかりの習近平国家主席と …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …