ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業革命」を今後の成長の柱に据える。
 ロボットや人工知能の活用を謳っているが、そのための人材育成手法として小中学校でのプログラミング教育を実現するとしている。ただ、今から小中学校でプログラムを教えることが、果たしてイノベーションにつながるのか疑問視する声も多い。

sangyokyosoryokukaigi

 25日に開催された政府の産業競争力会議では、6月にまとめる予定の新成長戦略について議論した。IoT(モノのインターネット)やシェアリング・エコノミー、人工知能、ロボット産業などを今後の成長の柱とする方針が示されている。

 だが具体的な方策となると何ともお粗末である。「世界トップレベルの人材を輩出」「未来社会を見据えた初等中等教育の変革」と目もくらむような華々しい言葉が並んでるが、具体的な施策ということになると、小中学校のプログラム教育ぐらいしかない。

 だが、小中学校で今からプログラムを教えることが、果たして「未来を見据えた」教育改革になるのか疑問視する声は多い。
 これからの社会にITスキルが必須なのは、言うまでもないが、それはプログラミングのテクニックではない。人工知能が発達すれば、近い将来、プログラミングという仕事そのものが消滅する可能性が高く、そうだとすると、これから消滅する可能性があるスキルを義務教育で教えることになってしまう。

 むしろこれからはプログラミングといった単純作業はロボットに任せ、人間はシステムに実装すべき対象を体系化する仕事に注力した方がよい。論理的な思考回路や斬新な発想の方がより重要となってくるはずだ。

 そのためにはプログラミングそのものよりも、論理的思考回路を養ったり、異なる考え方であってもそれを理解し、体系化するための複合的なトレーニングを行うべきだろう。
 もちろん人工知能時代であってもコードを書く仕事は必要だが、こうした実務的なスキルは、職業訓練として集中して教え込めば十分である。

 ちなみにプログラミングを大量生産の手段として位置付け、画一的な教育を行ったのは、20年前のインドや中国である。その結果、インドや中国は、ソフトウェア開発の下請産業として大きな発展を遂げた。日本は今から、インドや中国になろうとしているのだろうか。
 日本の公務員の発想というのは、いつの時代も、20年程度の「遅れ」が生じるらしい。

 - 政治, 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

algeriagas02
アルジェリア軍が最終攻撃を行い人質が多数死亡。国によって異なる人質に対する考え方

 イスラム武装勢力による天然ガス施設の人質事件で、アルジェリア軍は19日、最終攻 …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

graph02
内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の …

ozawaitoro
小沢一郎氏の無罪が最終確定。一連の裁判は日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する裁判で小沢氏の無罪が最終確定した。小 …

obamaegypt02
デモ排除で多数の死者が出ても、米国がエジプトへの軍事支援を簡単にやめられないワケ

 エジプトのモルシ前大統領を支持するデモ隊に対してエジプト軍が強制排除を行い多数 …

euhonbu
紛糾するEU予算交渉。日本の自民党政権下におけるバラ撒きとタカリ構造そのもの

 EUが策定する2014年から2020年までの7年間の長期予算について紛糾してお …

skymark
スカイマークの制服について組合が政府に指導を求めるってどういうこと?

 スカイマークが新型機就航のキャンペーンとして導入したスカート丈の短い制服が物議 …

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

tu-95
ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦 …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …