ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業革命」を今後の成長の柱に据える。
 ロボットや人工知能の活用を謳っているが、そのための人材育成手法として小中学校でのプログラミング教育を実現するとしている。ただ、今から小中学校でプログラムを教えることが、果たしてイノベーションにつながるのか疑問視する声も多い。

sangyokyosoryokukaigi

 25日に開催された政府の産業競争力会議では、6月にまとめる予定の新成長戦略について議論した。IoT(モノのインターネット)やシェアリング・エコノミー、人工知能、ロボット産業などを今後の成長の柱とする方針が示されている。

 だが具体的な方策となると何ともお粗末である。「世界トップレベルの人材を輩出」「未来社会を見据えた初等中等教育の変革」と目もくらむような華々しい言葉が並んでるが、具体的な施策ということになると、小中学校のプログラム教育ぐらいしかない。

 だが、小中学校で今からプログラムを教えることが、果たして「未来を見据えた」教育改革になるのか疑問視する声は多い。
 これからの社会にITスキルが必須なのは、言うまでもないが、それはプログラミングのテクニックではない。人工知能が発達すれば、近い将来、プログラミングという仕事そのものが消滅する可能性が高く、そうだとすると、これから消滅する可能性があるスキルを義務教育で教えることになってしまう。

 むしろこれからはプログラミングといった単純作業はロボットに任せ、人間はシステムに実装すべき対象を体系化する仕事に注力した方がよい。論理的な思考回路や斬新な発想の方がより重要となってくるはずだ。

 そのためにはプログラミングそのものよりも、論理的思考回路を養ったり、異なる考え方であってもそれを理解し、体系化するための複合的なトレーニングを行うべきだろう。
 もちろん人工知能時代であってもコードを書く仕事は必要だが、こうした実務的なスキルは、職業訓練として集中して教え込めば十分である。

 ちなみにプログラミングを大量生産の手段として位置付け、画一的な教育を行ったのは、20年前のインドや中国である。その結果、インドや中国は、ソフトウェア開発の下請産業として大きな発展を遂げた。日本は今から、インドや中国になろうとしているのだろうか。
 日本の公務員の発想というのは、いつの時代も、20年程度の「遅れ」が生じるらしい。

 - 政治, 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

nasamineika
NASAがスペースシャトルの後継に民間2社を選定。宇宙民営化が一気に進む

 NASA(米航空宇宙局)は2014年9月16日、国際宇宙ステーション(ISS) …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …