ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルの四半期決算。過去最高の売上高だが中国市場は急減速

 

 米アップルの業績が大きな曲がり角に差し掛かっている。数字上は四半期ベースで過去最高の売上高だが、中国でのiPhoen販売が思いのほか伸びなかったことで、売上高の増加ペースが大幅に鈍化した。

apple2016q1

 同社は2016年1月26日、2015年9~12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比1.7%増の758億7200万ドル(約8兆9600億円)、純利益は1.9%増の183億6100万ドル(約2兆1700億円)とほぼ横ばいだった。
 同社は2015年の第一四半期から連続で20%以上の大幅増収を続けてきたが、ここに来て売上高の増加ペースが急減してしまった。営業利益に至っては0.3%のマイナスである。

 業績鈍化の最大要因は中国市場での伸び悩み。同社は2014年1月からチャイナモバイル経由での販売を開始し、中国での販売実績を急速に伸ばしてきた。2015年に入っても、新型のiPhone6の販売が好調で、前期(2015年7~9月期)における中国の販売実績は前年同期比で2倍となった。

 だが今期の中国向け販売は前年同期比で13.8%と伸び率が大幅に縮小した。北米向けは4.1%のマイナス、日本向けは12%のマイナスであることを考えると、まだまだ伸びているが、これまでの期待値の高さから考えると大きな減速といえる。

 中国経済が急激に失速したこともあり、2015年における中国のスマートフォン市場はほぼ横ばいで推移している。市場全体が伸びない中でiPhoneだけが伸び続けるというシナリオはさすがに描きにくい。
 また、中国では小米(シャオミ)など国産の低価格スマホのシェアが拡大しており、これがアップルにとっての脅威になっている。iPhoneは中国の消費者にとって超高額商品であり、所得が伸び続けないと購買を維持することが難しいからだ。

 中国市場を攻略するため、中国人が好むゴールド色を新型のiPhone6sに集中させる戦略を採用するなど工夫を凝らしているが、それでも購買力には限界がある。今後、大きく中国経済が成長しない限り、従来のような倍々ゲームは期待できないだろう。

 同社は、これまで何度も、そろそろ普通の会社に変わるのではないかとの予想が市場で囁かれても、よい意味で、毎回、期待を裏切り続けてきた。今回の変調の兆しはいよいよホンモノなのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

yuki
大雪予想がハズれ鉄道は逆に大混乱。前代未聞の事態は日本社会劣化の象徴

 2月6日に関東地方に大雪が降るという気象庁の予報に基づき、JRなど鉄道各社は間 …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

chikyugi
日本の1人あたりGDPが急降下。そろそろ貧しさが顕在化してくる?

 日本の1人あたりGDP(国内総生産)が大きく順位を落とし、OECD(経済協力開 …

mackabu
日本マクドナルドの株式を米本社が今、売却する理由

 日本マクドナルドの株式の約5割を保有する米マクドナルドが株式の売却に向けて動き …

apple
中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半 …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …