ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルの四半期決算。過去最高の売上高だが中国市場は急減速

 

 米アップルの業績が大きな曲がり角に差し掛かっている。数字上は四半期ベースで過去最高の売上高だが、中国でのiPhoen販売が思いのほか伸びなかったことで、売上高の増加ペースが大幅に鈍化した。

apple2016q1

 同社は2016年1月26日、2015年9~12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比1.7%増の758億7200万ドル(約8兆9600億円)、純利益は1.9%増の183億6100万ドル(約2兆1700億円)とほぼ横ばいだった。
 同社は2015年の第一四半期から連続で20%以上の大幅増収を続けてきたが、ここに来て売上高の増加ペースが急減してしまった。営業利益に至っては0.3%のマイナスである。

 業績鈍化の最大要因は中国市場での伸び悩み。同社は2014年1月からチャイナモバイル経由での販売を開始し、中国での販売実績を急速に伸ばしてきた。2015年に入っても、新型のiPhone6の販売が好調で、前期(2015年7~9月期)における中国の販売実績は前年同期比で2倍となった。

 だが今期の中国向け販売は前年同期比で13.8%と伸び率が大幅に縮小した。北米向けは4.1%のマイナス、日本向けは12%のマイナスであることを考えると、まだまだ伸びているが、これまでの期待値の高さから考えると大きな減速といえる。

 中国経済が急激に失速したこともあり、2015年における中国のスマートフォン市場はほぼ横ばいで推移している。市場全体が伸びない中でiPhoneだけが伸び続けるというシナリオはさすがに描きにくい。
 また、中国では小米(シャオミ)など国産の低価格スマホのシェアが拡大しており、これがアップルにとっての脅威になっている。iPhoneは中国の消費者にとって超高額商品であり、所得が伸び続けないと購買を維持することが難しいからだ。

 中国市場を攻略するため、中国人が好むゴールド色を新型のiPhone6sに集中させる戦略を採用するなど工夫を凝らしているが、それでも購買力には限界がある。今後、大きく中国経済が成長しない限り、従来のような倍々ゲームは期待できないだろう。

 同社は、これまで何度も、そろそろ普通の会社に変わるのではないかとの予想が市場で囁かれても、よい意味で、毎回、期待を裏切り続けてきた。今回の変調の兆しはいよいよホンモノなのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

ieren03
6月のFOMC、年内利上げは変わらずも時期は明言せず。不安要因は過度なドル高

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年6月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

otukakaguidc
大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブラン …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

no image
セコムが東電から巨大要塞データセンターを買収。その成否は?

 セコムが東京電力からデータセンターを買収すると日経新聞が報じている。セコムが買 …

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …