ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルの四半期決算。過去最高の売上高だが中国市場は急減速

 

 米アップルの業績が大きな曲がり角に差し掛かっている。数字上は四半期ベースで過去最高の売上高だが、中国でのiPhoen販売が思いのほか伸びなかったことで、売上高の増加ペースが大幅に鈍化した。

apple2016q1

 同社は2016年1月26日、2015年9~12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比1.7%増の758億7200万ドル(約8兆9600億円)、純利益は1.9%増の183億6100万ドル(約2兆1700億円)とほぼ横ばいだった。
 同社は2015年の第一四半期から連続で20%以上の大幅増収を続けてきたが、ここに来て売上高の増加ペースが急減してしまった。営業利益に至っては0.3%のマイナスである。

 業績鈍化の最大要因は中国市場での伸び悩み。同社は2014年1月からチャイナモバイル経由での販売を開始し、中国での販売実績を急速に伸ばしてきた。2015年に入っても、新型のiPhone6の販売が好調で、前期(2015年7~9月期)における中国の販売実績は前年同期比で2倍となった。

 だが今期の中国向け販売は前年同期比で13.8%と伸び率が大幅に縮小した。北米向けは4.1%のマイナス、日本向けは12%のマイナスであることを考えると、まだまだ伸びているが、これまでの期待値の高さから考えると大きな減速といえる。

 中国経済が急激に失速したこともあり、2015年における中国のスマートフォン市場はほぼ横ばいで推移している。市場全体が伸びない中でiPhoneだけが伸び続けるというシナリオはさすがに描きにくい。
 また、中国では小米(シャオミ)など国産の低価格スマホのシェアが拡大しており、これがアップルにとっての脅威になっている。iPhoneは中国の消費者にとって超高額商品であり、所得が伸び続けないと購買を維持することが難しいからだ。

 中国市場を攻略するため、中国人が好むゴールド色を新型のiPhone6sに集中させる戦略を採用するなど工夫を凝らしているが、それでも購買力には限界がある。今後、大きく中国経済が成長しない限り、従来のような倍々ゲームは期待できないだろう。

 同社は、これまで何度も、そろそろ普通の会社に変わるのではないかとの予想が市場で囁かれても、よい意味で、毎回、期待を裏切り続けてきた。今回の変調の兆しはいよいよホンモノなのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

kokusaishushi201306
貿易赤字だが経常収支黒字の傾向は変わらず。日本は「成熟した債権国」の段階に入った

 財務省は8月8日、6月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は3 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

microsoftlinkedin
マイクロソフトがビジネスSNS大手を買収。着実な案件だが、株価のもたつきはしばらく続く

 米マイクロソフトは2016年6月13日、ビジネス向け交流サイト(SNS)大手の …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …