ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルの四半期決算。過去最高の売上高だが中国市場は急減速

 

 米アップルの業績が大きな曲がり角に差し掛かっている。数字上は四半期ベースで過去最高の売上高だが、中国でのiPhoen販売が思いのほか伸びなかったことで、売上高の増加ペースが大幅に鈍化した。

apple2016q1

 同社は2016年1月26日、2015年9~12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比1.7%増の758億7200万ドル(約8兆9600億円)、純利益は1.9%増の183億6100万ドル(約2兆1700億円)とほぼ横ばいだった。
 同社は2015年の第一四半期から連続で20%以上の大幅増収を続けてきたが、ここに来て売上高の増加ペースが急減してしまった。営業利益に至っては0.3%のマイナスである。

 業績鈍化の最大要因は中国市場での伸び悩み。同社は2014年1月からチャイナモバイル経由での販売を開始し、中国での販売実績を急速に伸ばしてきた。2015年に入っても、新型のiPhone6の販売が好調で、前期(2015年7~9月期)における中国の販売実績は前年同期比で2倍となった。

 だが今期の中国向け販売は前年同期比で13.8%と伸び率が大幅に縮小した。北米向けは4.1%のマイナス、日本向けは12%のマイナスであることを考えると、まだまだ伸びているが、これまでの期待値の高さから考えると大きな減速といえる。

 中国経済が急激に失速したこともあり、2015年における中国のスマートフォン市場はほぼ横ばいで推移している。市場全体が伸びない中でiPhoneだけが伸び続けるというシナリオはさすがに描きにくい。
 また、中国では小米(シャオミ)など国産の低価格スマホのシェアが拡大しており、これがアップルにとっての脅威になっている。iPhoneは中国の消費者にとって超高額商品であり、所得が伸び続けないと購買を維持することが難しいからだ。

 中国市場を攻略するため、中国人が好むゴールド色を新型のiPhone6sに集中させる戦略を採用するなど工夫を凝らしているが、それでも購買力には限界がある。今後、大きく中国経済が成長しない限り、従来のような倍々ゲームは期待できないだろう。

 同社は、これまで何度も、そろそろ普通の会社に変わるのではないかとの予想が市場で囁かれても、よい意味で、毎回、期待を裏切り続けてきた。今回の変調の兆しはいよいよホンモノなのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …

beerneage
ビールの店頭価格が上昇。背景にあるのは政府による安値販売の規制

 このところビールの店頭価格が上昇している。昨年の法改正によってビールの安値販売 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …

eigyou
営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつ …

graph02
内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …