ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブックが予想外の好決算。インスタグラムが貢献か?

 

 SNS最大手の米フェイスブックは2016年1月27日、2015年10~12月期の決算を発表した。売上高は、前年同期比52%増の58億4100万ドル(約6890億円)、純利益は2倍以上の15億6200万ドル(約1840億円)となった。
 北米市場の売上高が急上昇し、全体の業績を支えた。利用者数の伸びに比して、北米の広告事業の増加が顕著となっており、収益構造が変化したことをうかがわせる。

facebookcom

 同社の収益には大きな偏りがある。全体の利用者数の伸びに対する売上高の伸びは北米や欧州や大きいが、アジアやその他地域は小さい。一方、利用者数の伸びは、アジアやその他の地域の方が圧倒的に多くなっている。つまり、北米と欧州以外ではマネタイズが出来ていないという構図だった。

 ここで同社には二つの選択肢が考えられる。アジアなど北米以外の地域でマネタイズできるようにするのか、北米に集中し、この地域で収益力をさらに高めるのかのどちらかである。同社は、人工知能や仮想現実など新しい技術への先行投資を強化しており、とりあえず北米地域の収益力強化を目指してきた。

 今期の北米における月間利用者数は前年同期比で5.3%の増加だったが、北米における売上高は58%も増加した。これは他の地域と比較して大きい数字である。数字の上では北米地域の再収益化に成功したことになる。

 同社は売上高の内訳を公表していないので詳細は不明だが、人工知能などに対する先行投資が完全に収益に結びついたのではなく、写真共有アプリであるインスタグラムの利用者が伸びたことが大きいと考えられる。
 インスタグラムの利用者は現在4億人を突破しており、1年で1億人のペースで増加している。写真共有アプリは、利用者増えればその分、確実に広告料の増大が期待できるため、手堅い収益源といえる。

 写真共有アプリによる収益拡大に成功したのだとすると、インスタグラムによる収益拡大はしばらく続くことになり、これは同社にとって時間的な余裕ができたことを意味している。

 今期の研究開発費は13億1400万ドルと引き続き高い水準を維持している。これまでは研究開発費が収益を圧迫する状況だったが、こうした懸念はとりあえず払拭された。研究開発の収益化については、中期的課題という位置付けになるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …