ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブックが予想外の好決算。インスタグラムが貢献か?

 

 SNS最大手の米フェイスブックは2016年1月27日、2015年10~12月期の決算を発表した。売上高は、前年同期比52%増の58億4100万ドル(約6890億円)、純利益は2倍以上の15億6200万ドル(約1840億円)となった。
 北米市場の売上高が急上昇し、全体の業績を支えた。利用者数の伸びに比して、北米の広告事業の増加が顕著となっており、収益構造が変化したことをうかがわせる。

facebookcom

 同社の収益には大きな偏りがある。全体の利用者数の伸びに対する売上高の伸びは北米や欧州や大きいが、アジアやその他地域は小さい。一方、利用者数の伸びは、アジアやその他の地域の方が圧倒的に多くなっている。つまり、北米と欧州以外ではマネタイズが出来ていないという構図だった。

 ここで同社には二つの選択肢が考えられる。アジアなど北米以外の地域でマネタイズできるようにするのか、北米に集中し、この地域で収益力をさらに高めるのかのどちらかである。同社は、人工知能や仮想現実など新しい技術への先行投資を強化しており、とりあえず北米地域の収益力強化を目指してきた。

 今期の北米における月間利用者数は前年同期比で5.3%の増加だったが、北米における売上高は58%も増加した。これは他の地域と比較して大きい数字である。数字の上では北米地域の再収益化に成功したことになる。

 同社は売上高の内訳を公表していないので詳細は不明だが、人工知能などに対する先行投資が完全に収益に結びついたのではなく、写真共有アプリであるインスタグラムの利用者が伸びたことが大きいと考えられる。
 インスタグラムの利用者は現在4億人を突破しており、1年で1億人のペースで増加している。写真共有アプリは、利用者増えればその分、確実に広告料の増大が期待できるため、手堅い収益源といえる。

 写真共有アプリによる収益拡大に成功したのだとすると、インスタグラムによる収益拡大はしばらく続くことになり、これは同社にとって時間的な余裕ができたことを意味している。

 今期の研究開発費は13億1400万ドルと引き続き高い水準を維持している。これまでは研究開発費が収益を圧迫する状況だったが、こうした懸念はとりあえず払拭された。研究開発の収益化については、中期的課題という位置付けになるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

tinageeft
日銀が買い入れをコミットした賃上げETFが事実上の売買ゼロ状態に

 積極的に賃上げを実施する企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が危機的状 …

nichigin
日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物 …

no image
Facebook経営陣が株を売らないことを無理やり約束させられた件

 Facebookのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、保有する同社株を少 …

no image
マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

sekiyu
内閣府の世界経済に関する報告書。原油安がプラスの影響をもたらし、米国・欧州経済の拡大が続く

 内閣府は2015年6月13日、世界経済の現状に関する報告書「世界経済の潮流(2 …