ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブックが予想外の好決算。インスタグラムが貢献か?

 

 SNS最大手の米フェイスブックは2016年1月27日、2015年10~12月期の決算を発表した。売上高は、前年同期比52%増の58億4100万ドル(約6890億円)、純利益は2倍以上の15億6200万ドル(約1840億円)となった。
 北米市場の売上高が急上昇し、全体の業績を支えた。利用者数の伸びに比して、北米の広告事業の増加が顕著となっており、収益構造が変化したことをうかがわせる。

facebookcom

 同社の収益には大きな偏りがある。全体の利用者数の伸びに対する売上高の伸びは北米や欧州や大きいが、アジアやその他地域は小さい。一方、利用者数の伸びは、アジアやその他の地域の方が圧倒的に多くなっている。つまり、北米と欧州以外ではマネタイズが出来ていないという構図だった。

 ここで同社には二つの選択肢が考えられる。アジアなど北米以外の地域でマネタイズできるようにするのか、北米に集中し、この地域で収益力をさらに高めるのかのどちらかである。同社は、人工知能や仮想現実など新しい技術への先行投資を強化しており、とりあえず北米地域の収益力強化を目指してきた。

 今期の北米における月間利用者数は前年同期比で5.3%の増加だったが、北米における売上高は58%も増加した。これは他の地域と比較して大きい数字である。数字の上では北米地域の再収益化に成功したことになる。

 同社は売上高の内訳を公表していないので詳細は不明だが、人工知能などに対する先行投資が完全に収益に結びついたのではなく、写真共有アプリであるインスタグラムの利用者が伸びたことが大きいと考えられる。
 インスタグラムの利用者は現在4億人を突破しており、1年で1億人のペースで増加している。写真共有アプリは、利用者増えればその分、確実に広告料の増大が期待できるため、手堅い収益源といえる。

 写真共有アプリによる収益拡大に成功したのだとすると、インスタグラムによる収益拡大はしばらく続くことになり、これは同社にとって時間的な余裕ができたことを意味している。

 今期の研究開発費は13億1400万ドルと引き続き高い水準を維持している。これまでは研究開発費が収益を圧迫する状況だったが、こうした懸念はとりあえず払拭された。研究開発の収益化については、中期的課題という位置付けになるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

win800
パソコンが消滅する?Windows8が示すパソコン時代の静かな終焉

 マイクロソフトは同社の基本ソフトの最新版である「Windows8」を26日、全 …

yukashi02
金融庁が海外ファンド投資で有名な「ゆかし」に対して行政処分の構え

 証券取引等監視委員会は「いつかはゆかし」のキャッチフレーズで知られている投資助 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

kokusaishushi201303
日本の経常収支。マスコミ報道では「黒字激減」だが、足元の状況は少し異なる

 財務省は5月10日、3月の国際収支を発表した。貿易収支は2194億円の赤字だが …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

no image
ドイツはマネロン大国?質実剛健なイメージが崩れ、欧州問題でも発言力低下か?

 欧州債務問題では、ギリシャやスペインに厳しい条件を突きつけ、断固たる姿勢を崩さ …

aplkessan
中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売 …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …