ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

甘利氏辞任ではからずも注目されてしまった、政府最後の聖域「UR」という大問題

 

 甘利経財相は2016年1月28日、記者会見を開き、自らの金銭問題に対する責任を取って閣僚を辞任すると表明した。アベノミクスの司令塔でもあった甘利氏の辞任は政権にとって大きな痛手となる。
 ただ、甘利氏の辞任は、スキャンダルが発覚した時点から囁かれており、今のところ政権にとって致命的な状況とはなっていない。むしろ、今回の金銭スキャンダルが、独立行政法人都市再生機構(UR)に関するものだったことから、思わぬ展開となるリスクが意識され始めている。

harumitoriton

 これまで数多くの政府系組織が民営化の対象となってきたが、URだけは何回かの組織改編を経ながらも、しぶとく生き残ってきた。ある意味では最後の聖域のひとつともいえる組織である。

 URの前身である日本住宅公団や宅地開発公団は、住宅の取得が困難な労働者に良質な住宅を提供する目的で設立された。日本がまだ貧しかった昭和の時代には、それなりの成果を上げてきたが、日本が豊かになり、十分な住宅インフラが整ってからは、弊害の方が目立つようになってきた。

 政府系という圧倒的な立場を利用して、タワマンや高級都市物件などを多数手がけ、民間の不動産事業者の経営を圧迫しているとの声が年々高まっている。また、国土交通省などからの天下りの巣窟ともいわれており、現在では完全に利権のための組織になってしまっている。甘利氏が口利きすることができたのも、URがこうした政府系組織だからである。

 URはこれまで何度も民営化が検討されたが、いつも障壁になるのはその巨大さである。あまりにも大き過ぎて、リストラすることができないのである。

 URの資産総額は何と13兆円に達し、そのほとんどが開発した不動産などで占められている。政府などからの出資金で構成される自己資本はわずか1兆円しかない。URは独立行政法人なので市場メカニズムとは無縁だが、本来であれば、ごくわずかでも資産価格が下落すると、たちまち債務超過に陥る状況である。
 しかも、11兆円を越える莫大な負債のほとんどは、政府の財政融資資金からの借り入れである。つまり政府丸抱えの借金マシーンということになる。

 日本政府の財政問題が議論される時、決まって出てくるのが、日本政府は資産をたくさん持っているから大丈夫というというロジックである。URに対する巨額の債権も、日本政府が持つ資産の一部なのだが、現実にこの債権を回収することは不可能に近い。

 実はURというのは、いろいろな意味で日本が抱える矛盾をすべて内包した組織だったのである。甘利氏の辞任問題は、はからずもこの問題を表面化させてしまうリスクがある。
 少なくとも、安倍政権が成長戦略を謳っていながら、実はこうした政府の利権を温存していたという事実が明らかになることは、アベノミクス全体にとってマイナスの影響が大きいだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

kizuna
どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震 …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …

yamaguchiabe
軽減税率は加工食品まで含める形で最終調整。公明が譲れない理由

 消費税10%への引き上げに伴って導入が検討されている軽減税率について、自民・公 …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

merukerurainiti02
ドイツが慰安婦発言をめぐって日本側を翻弄。メルケル首相の狙いは?

 ドイツのメルケル首相の発言をめぐって、政府と民主党の間で、「言った言わない」論 …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …