ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機関から預かっている当座預金の一部に対してマイナス金利を付与することを決定した。これまでの量的緩和策は、量の拡大に主眼が置かれていたが、金利という新しい手段が加わった。

nichigin04
 日銀は市場に供給するマネタリーベース(日銀が供給する貨幣の量)を年間80兆円のペースで増やすという量的緩和策を2013年4月から実施している。量的緩和策がスタートした2013年4月時点において約150兆円だったマネタリーベースは増え続け、2015年12月には、約350兆円にまで膨れ上がっている。

 量的緩和策は、市場にインフレ期待を醸成させ、実質金利を低下させることで、銀行の融資を拡大させ、設備投資を増やすことにある。しかし、国内には目立った融資先がなく、銀行は、当座預金にお金を眠らせたまま、ほとんど活用していない(いわゆるブタ積み)。
 ただ当座預金については、法定準備金を超える部分について0.1%の金利が付与されるため、銀行にとってわざわざこれを引き出して運用するインセンティブは少ない。このため、日銀がいくら国債を追加購入しても、市中にマネーが出回らないという状態が続いていた。

 今回の措置では、当座預金の金利を見直し、超過分の一定割合についてはマイナス0.1%の金利を適用する。具体的には現在の残高から、2015年における平均残高と法定準備金、さらに日銀が任意に設定する金額(マクロ加算残高)を差し引いた金額についてマイナス0.1%の金利を徴収する。

 現在、銀行は当座預金に約230兆円を預金しているが、実際にマイナス金利が適用されるのは現段階では18兆円程度となる計算で、全体からすればごくわずかである。
 当座預金全体にマイナス金利を適用してしまうと、銀行には約2200億円もの損失が発生することになり、銀行株が暴落する懸念がある。このため、マイナス金利は部分的な適用にとどめ、状況を見て範囲を拡大したり、金利のマイナス幅を増やすことになる。

 ただ、これから日銀が購入する国債分については、マイナス金利の適用対象となるため、さらに年間80兆円分がマイナス金利の対象となる。この部分は、何らかの形で市中に出て行く可能性が高い。
 だが、銀行が国内の融資を拡大する可能性は低く、直接的な効果は少ないと考えられる。ただ、為替市場において日本円が買いにくくなるのは事実で、少なくとも為替には大きな影響があるはずだ。実際、為替市場はこのあたりに敏感に反応し、マイナス金利発表後は円安が進んでいる。

 マイナス金利はあくまでも、心理的な効果をねらったもので、実体経済への影響はそれほど大きくない。むしろ実体経済への影響が大きいほどにマイナス金利を実施すると弊害の方が大きくなってくる。
 だがこのことは、日銀の手詰まり感を示しているとも解釈できる。現在、国債市場では、日銀が買う国債がなくなりつつあるという問題が浮上している。国債の追加購入ができないので、マイナス金利を採用したという解釈になってしまうと、むしろ逆効果である。

 金融政策決定会合でもこのあたりは議論されたようだが、とりあえずは、為替市場は予想通りの反応となり、滑り出しはまずまずだった。少なくとも日銀にとっては、多少の時間稼ぎが出来たということになるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

George Washington
無意味な米兵の外出禁止令。問題の本質を隠す意図があるのでは?

 在日米軍兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日米軍では外出禁止に加えて …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

shukinpei07
中国政府がとうとう戸籍問題の改革に着手。中国の統治は大きな岐路に

 中国が長年の懸案事項であった戸籍改革に乗り出す。中国政府は2014年7月30日 …

googlecar
グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下 …

appleTV
アップルが大型TVを開発中?シャープが液晶を受注するためには鴻海の傘下入りが必須?

 米アップルが台湾の鴻海精密工業と共同で大画面TVの開発を進めているという。米ウ …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …

nec
NECのスマホ事業撤退は、日本型ガラパゴス産業の象徴?

 これまでNTTドコモと二人三脚で携帯電話事業を展開してきたNECが、スマホから …

Cove Point
シェールガス革命で日本の製造業が次々に米国進出。期待される日本の国際収支への貢献

 米国ではシェールガス革命の進展によって、世界最大のエネルギー輸出国に変貌しよう …