ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10~12月期の決算を発表した。売上高は前年同月比17.8%増の213億2900万ドル(約2兆5600億円)、純利益は同5.3増の49億2300万ドル(約5900億円)となった。
 広告単価が下落したが、広告のクリック数が大幅に増えたことで売上高が急拡大し、売上高、純利益とも過去最高益を更新した。

googlehead
 同社のビジネスは、基本的に広告単価とクリック数に依存している。これまで、広告のクリック単価が下がる一方、クリック数が増加することで同社の成長は維持されてきた。
 しかし2014年に入ってから単価の下落に歯止めがかかる一方、クリック数の伸びも鈍化傾向が鮮明になり、市場では一時、同社の成長も限界に来ているとの指摘が出ていた。

 だが前四半期から再び、広告単価の下落とクリック数の増加が始まり、今期にいたっては、クリック数が31%も伸びた。ネット利用者の裾野が再び拡大しており、同社は次のフェーズに進める可能性が高くなってきた。

 これまでの決算は、主力の広告事業と自動運転車などの新規事業がすべて包括して開示されていた。持ち株会社制への移行をきっかけに、今期からはセグメント別の情報が開示されている。
 新規事業の売上高は4億4800万ドル、営業損失は35億6700万ドルとなった。赤字金額そのものは巨額だが、純利益の額を下回っており、財務的には大きな問題にはならないだろう。ただ長期的にはこれがどの程度、収益に貢献するのかが評価されることになる。

 今回の決算で、広告単価の下落とクリック数の増加が鮮明になったことで、ネット業界は再び量の拡大を目指す時代に入ったの見方が強くなっている。広告ビジネスは儲からないが、市場規模は拡大するという消耗戦がさらに激しくなってくるだろう。
 同社の過去5年分(20四半期)の売上高、純利益、広告単価、クリック数、原価率などのグラフは「note」の有料ページで公開中。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

subaru
富士重工の半期決算は円高の影響で減収減益。通期の業績は米大統領次第?

 富士重工業が発表した中間決算は、円高が進んだことなどから5年ぶりの減収減益とな …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

keizaizaisehakusho2013
アベノミクスへの踏み絵?経済財政白書は竹中平蔵氏も真っ青の新自由主義的内容

 甘利経済財政相が7月23日の閣議に提出した平成25年度「年次経済財政報告(経済 …

sonyhonsha
ソニーが相次いでリストラ策。だが今後の戦略についてはいまだ不透明

 業績低迷が続くソニーが、相次いでリストラ策を打ち出している。個々の施策はそれな …

kousakukiki
設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

no image
スノーデン氏は米国の不手際?で香港を出国。アイスランドではなくエクアドルに亡命?

 米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の存在を暴露し、 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …