ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10~12月期の決算を発表した。売上高は前年同月比17.8%増の213億2900万ドル(約2兆5600億円)、純利益は同5.3増の49億2300万ドル(約5900億円)となった。
 広告単価が下落したが、広告のクリック数が大幅に増えたことで売上高が急拡大し、売上高、純利益とも過去最高益を更新した。

googlehead
 同社のビジネスは、基本的に広告単価とクリック数に依存している。これまで、広告のクリック単価が下がる一方、クリック数が増加することで同社の成長は維持されてきた。
 しかし2014年に入ってから単価の下落に歯止めがかかる一方、クリック数の伸びも鈍化傾向が鮮明になり、市場では一時、同社の成長も限界に来ているとの指摘が出ていた。

 だが前四半期から再び、広告単価の下落とクリック数の増加が始まり、今期にいたっては、クリック数が31%も伸びた。ネット利用者の裾野が再び拡大しており、同社は次のフェーズに進める可能性が高くなってきた。

 これまでの決算は、主力の広告事業と自動運転車などの新規事業がすべて包括して開示されていた。持ち株会社制への移行をきっかけに、今期からはセグメント別の情報が開示されている。
 新規事業の売上高は4億4800万ドル、営業損失は35億6700万ドルとなった。赤字金額そのものは巨額だが、純利益の額を下回っており、財務的には大きな問題にはならないだろう。ただ長期的にはこれがどの程度、収益に貢献するのかが評価されることになる。

 今回の決算で、広告単価の下落とクリック数の増加が鮮明になったことで、ネット業界は再び量の拡大を目指す時代に入ったの見方が強くなっている。広告ビジネスは儲からないが、市場規模は拡大するという消耗戦がさらに激しくなってくるだろう。
 同社の過去5年分(20四半期)の売上高、純利益、広告単価、クリック数、原価率などのグラフは「note」の有料ページで公開中。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

googleoffice
働きがいのある米国の会社ベスト10に毎年ランク入りする会社ってどんな会社?

 米Fortune社は2013年1月、「従業員にとって働きやすい会社ランキング1 …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

takaichi
高市発言で浮き彫りになった原子力災害に対する根本的な誤解

 自民党の高市早苗政調会長が「原発事故によって死亡者が出ている状況ではない」と発 …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …