ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10~12月期の決算を発表した。売上高は前年同月比17.8%増の213億2900万ドル(約2兆5600億円)、純利益は同5.3増の49億2300万ドル(約5900億円)となった。
 広告単価が下落したが、広告のクリック数が大幅に増えたことで売上高が急拡大し、売上高、純利益とも過去最高益を更新した。

googlehead
 同社のビジネスは、基本的に広告単価とクリック数に依存している。これまで、広告のクリック単価が下がる一方、クリック数が増加することで同社の成長は維持されてきた。
 しかし2014年に入ってから単価の下落に歯止めがかかる一方、クリック数の伸びも鈍化傾向が鮮明になり、市場では一時、同社の成長も限界に来ているとの指摘が出ていた。

 だが前四半期から再び、広告単価の下落とクリック数の増加が始まり、今期にいたっては、クリック数が31%も伸びた。ネット利用者の裾野が再び拡大しており、同社は次のフェーズに進める可能性が高くなってきた。

 これまでの決算は、主力の広告事業と自動運転車などの新規事業がすべて包括して開示されていた。持ち株会社制への移行をきっかけに、今期からはセグメント別の情報が開示されている。
 新規事業の売上高は4億4800万ドル、営業損失は35億6700万ドルとなった。赤字金額そのものは巨額だが、純利益の額を下回っており、財務的には大きな問題にはならないだろう。ただ長期的にはこれがどの程度、収益に貢献するのかが評価されることになる。

 今回の決算で、広告単価の下落とクリック数の増加が鮮明になったことで、ネット業界は再び量の拡大を目指す時代に入ったの見方が強くなっている。広告ビジネスは儲からないが、市場規模は拡大するという消耗戦がさらに激しくなってくるだろう。
 同社の過去5年分(20四半期)の売上高、純利益、広告単価、クリック数、原価率などのグラフは「note」の有料ページで公開中。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

gillade
中国が今度は豪の諜報機関をハッキング?だが政府首脳は中国擁護に必死

 オーストラリア放送協会(ABC)は5月27日、中国のハッカー集団が、建設中のオ …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

mh370inmarusat
マレーシア当局が公開した370便の位置特定に使われた衛星データの中身

 マレーシア航空当局は2014年5月27日、墜落したマレーシア航空MH370便の …

sumsung
大統領選挙でも争点に!韓国の財閥支配の温床「循環出資」とは?

 韓国は財閥が支配している国として有名である。韓国における財閥の影響力は極めて大 …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

kabuka
アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場 …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

twitter03
ツイッターのタイムライン閲覧数が回復。成長期待の維持で株価反転なるか?

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年7月29日、2014年4~6月期の決算 …

boeing777x
東レが現地工場を建設しボーイングに炭素繊維を長期供給。製造業のモデルケースに

 東レは2014年11月17日、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材を長期 …