ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10~12月期の決算を発表した。売上高は前年同月比17.8%増の213億2900万ドル(約2兆5600億円)、純利益は同5.3増の49億2300万ドル(約5900億円)となった。
 広告単価が下落したが、広告のクリック数が大幅に増えたことで売上高が急拡大し、売上高、純利益とも過去最高益を更新した。

googlehead
 同社のビジネスは、基本的に広告単価とクリック数に依存している。これまで、広告のクリック単価が下がる一方、クリック数が増加することで同社の成長は維持されてきた。
 しかし2014年に入ってから単価の下落に歯止めがかかる一方、クリック数の伸びも鈍化傾向が鮮明になり、市場では一時、同社の成長も限界に来ているとの指摘が出ていた。

 だが前四半期から再び、広告単価の下落とクリック数の増加が始まり、今期にいたっては、クリック数が31%も伸びた。ネット利用者の裾野が再び拡大しており、同社は次のフェーズに進める可能性が高くなってきた。

 これまでの決算は、主力の広告事業と自動運転車などの新規事業がすべて包括して開示されていた。持ち株会社制への移行をきっかけに、今期からはセグメント別の情報が開示されている。
 新規事業の売上高は4億4800万ドル、営業損失は35億6700万ドルとなった。赤字金額そのものは巨額だが、純利益の額を下回っており、財務的には大きな問題にはならないだろう。ただ長期的にはこれがどの程度、収益に貢献するのかが評価されることになる。

 今回の決算で、広告単価の下落とクリック数の増加が鮮明になったことで、ネット業界は再び量の拡大を目指す時代に入ったの見方が強くなっている。広告ビジネスは儲からないが、市場規模は拡大するという消耗戦がさらに激しくなってくるだろう。
 同社の過去5年分(20四半期)の売上高、純利益、広告単価、クリック数、原価率などのグラフは「note」の有料ページで公開中。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

usakoyoutoukei201401
米1月の雇用統計は今ひとつ。失業保険給付打ち切りが失業率を下げた可能性が高い

 米労働省は2014年2月7日、1月の雇用統計を発表した。先月の雇用統計があまり …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

skymark
スカイマークの制服について組合が政府に指導を求めるってどういうこと?

 スカイマークが新型機就航のキャンペーンとして導入したスカート丈の短い制服が物議 …

shachoshitsu
日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リ …

hedgefund
株価暴落の引き金を引いたヘッジファンド。だがその投資手法は素人と同レベルだった

 5月23日の日経平均株価は7%を超える大暴落となったが、その背後にはヘッジファ …

laser
米軍がとうとうレーザー兵器を本格配備。圧倒的な低コストで戦争の光景が変わる?

 米海軍は4月8日、現在開発中のレーザー兵器を来年にもペルシャ湾に展開する艦船に …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …