ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米大統領選の状況が一変。共和党は主流派が推すルビオ候補が大躍進

 

 米大統領選の初戦となる中西部アイオワの党員集会は、思いがけない結果となった。共和党は、世論調査で圧倒的にリードしていたトランプ候補が敗れ、クルーズ候補が勝利した。しかも主流派から本命視されているルビオ候補が善戦している。
 民主党はクリントン候補が勝利したものの、サンダース氏とほぼ拮抗しており、サンダース氏が選ばれる可能性も現実的になってきた。

iowarepub

 アイオワの党員集会は、全国に先駆けて行われるため、大統領選の今後を占う重要なイベントとされている。
 共和党は、これまで不動産王のトランプ氏が世論調査で圧倒的にリードしていたが、相次ぐ差別発言などが実際の選挙にどう影響するのかが注目されていた。トランプ氏はやはり世論調査ほどの結果を残せず、保守強硬派のクルーズ氏に接戦で敗れることになった。

 だがもっとも注目すべきなのはルビオ候補が両氏に肉薄し、善戦したことである。ルビオ候補は、マイノリティであるヒスパニック系の出身。価値観の多様化が進む米国社会において、従来の枠組みを超えて支持を得られる候補として主流派からの期待が高かった(本誌記事「米大統領選。共和党の隠れた大本命、マルコ・ルビオ氏とはどんな人? 」参照)。
 世論調査では、あまり目立った成果を上げられていなかったが、ここにきてルビオ氏への関心が一気に高まってきた。共和党内の主流派が巻き返しを図っていることが推察される。

 一方、民主党は本命のクリントン候補とサンダース候補がほぼ拮抗した。ギリギリでクリントン氏が勝利したが、今後の選挙戦の行方はまったく分からない状態となった。

 米紙の報道によると、クリントン氏に投票しているのは女性や高所得者で、サンダース氏に投票しているのは男性や低所得者が多いという。また、クルーズ氏に投票したのは宗教保守派で、トランプ氏に投票したのは低所得者、ルビオ氏に投票したのは高所得者や自由貿易の支持者であると分析している。

 民主党は、一般的な所得階層の争いということで分かりやすいが、共和党の場合には、所得階層に加えて宗教的な価値観も争点となっており、状況が複雑だ。しばらくの間は混迷が続くと予想されるが、選挙戦が一気に面白くなってきたことは間違いない。

 - 政治 , , , , , , , ,

  関連記事

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

egyptdemo
「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生 …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

no image
(速報)オバマ大統領再選確実

 開票が始まっていた米大統領選挙において、オバマ大統領の再選がほぼ確実となった。 …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

obamaputin2015
国連総会での各国首脳会談。日は露に、露は米にラブコールを送っているが・・・

 ニューヨークで開かれている国連総会を利用した首脳会談が相次いでいるが、各国のス …

cameron2
英国でEU離脱を主張する政党が大躍進。EU問題が再び炎上か?

 英国でEU離脱をめぐる動きが再び活発化している。5月2日に統一地方選挙が実施さ …

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …