ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米大統領選の状況が一変。共和党は主流派が推すルビオ候補が大躍進

 

 米大統領選の初戦となる中西部アイオワの党員集会は、思いがけない結果となった。共和党は、世論調査で圧倒的にリードしていたトランプ候補が敗れ、クルーズ候補が勝利した。しかも主流派から本命視されているルビオ候補が善戦している。
 民主党はクリントン候補が勝利したものの、サンダース氏とほぼ拮抗しており、サンダース氏が選ばれる可能性も現実的になってきた。

iowarepub

 アイオワの党員集会は、全国に先駆けて行われるため、大統領選の今後を占う重要なイベントとされている。
 共和党は、これまで不動産王のトランプ氏が世論調査で圧倒的にリードしていたが、相次ぐ差別発言などが実際の選挙にどう影響するのかが注目されていた。トランプ氏はやはり世論調査ほどの結果を残せず、保守強硬派のクルーズ氏に接戦で敗れることになった。

 だがもっとも注目すべきなのはルビオ候補が両氏に肉薄し、善戦したことである。ルビオ候補は、マイノリティであるヒスパニック系の出身。価値観の多様化が進む米国社会において、従来の枠組みを超えて支持を得られる候補として主流派からの期待が高かった(本誌記事「米大統領選。共和党の隠れた大本命、マルコ・ルビオ氏とはどんな人? 」参照)。
 世論調査では、あまり目立った成果を上げられていなかったが、ここにきてルビオ氏への関心が一気に高まってきた。共和党内の主流派が巻き返しを図っていることが推察される。

 一方、民主党は本命のクリントン候補とサンダース候補がほぼ拮抗した。ギリギリでクリントン氏が勝利したが、今後の選挙戦の行方はまったく分からない状態となった。

 米紙の報道によると、クリントン氏に投票しているのは女性や高所得者で、サンダース氏に投票しているのは男性や低所得者が多いという。また、クルーズ氏に投票したのは宗教保守派で、トランプ氏に投票したのは低所得者、ルビオ氏に投票したのは高所得者や自由貿易の支持者であると分析している。

 民主党は、一般的な所得階層の争いということで分かりやすいが、共和党の場合には、所得階層に加えて宗教的な価値観も争点となっており、状況が複雑だ。しばらくの間は混迷が続くと予想されるが、選挙戦が一気に面白くなってきたことは間違いない。

 - 政治 , , , , , , , ,

  関連記事

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

kokintou
胡錦濤グループが急速に巻き返し。広東省と重慶市のトップは自派で固める

 中国共産党の政治局常務委員の選出で劣勢に立たされていた胡錦濤前共産党総書記のグ …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

onodera01
小野寺防衛相が国際会議において「右傾化は誤解」と異例の説明

 シンガポールで開催されているアジア安全保障会議に出席した小野寺防衛大臣は講演を …

kourousho
「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣 …

rimpac201401
環太平洋合同軍事演習がハワイ沖でスタート。今年の目玉は初参加する中国軍

 米軍を中心とした太平洋における多国間軍事演習「リムパック」が2014年6月26 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

hakukirai02
薄熙来被告の初公判が始まる。公判では検察と全面対決の様相だが・・・・

 中国共産党の最高指導部入りが確実視されながら権力闘争で失脚し、収賄や横領の罪に …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …