ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米大統領選の状況が一変。共和党は主流派が推すルビオ候補が大躍進

 

 米大統領選の初戦となる中西部アイオワの党員集会は、思いがけない結果となった。共和党は、世論調査で圧倒的にリードしていたトランプ候補が敗れ、クルーズ候補が勝利した。しかも主流派から本命視されているルビオ候補が善戦している。
 民主党はクリントン候補が勝利したものの、サンダース氏とほぼ拮抗しており、サンダース氏が選ばれる可能性も現実的になってきた。

iowarepub

 アイオワの党員集会は、全国に先駆けて行われるため、大統領選の今後を占う重要なイベントとされている。
 共和党は、これまで不動産王のトランプ氏が世論調査で圧倒的にリードしていたが、相次ぐ差別発言などが実際の選挙にどう影響するのかが注目されていた。トランプ氏はやはり世論調査ほどの結果を残せず、保守強硬派のクルーズ氏に接戦で敗れることになった。

 だがもっとも注目すべきなのはルビオ候補が両氏に肉薄し、善戦したことである。ルビオ候補は、マイノリティであるヒスパニック系の出身。価値観の多様化が進む米国社会において、従来の枠組みを超えて支持を得られる候補として主流派からの期待が高かった(本誌記事「米大統領選。共和党の隠れた大本命、マルコ・ルビオ氏とはどんな人? 」参照)。
 世論調査では、あまり目立った成果を上げられていなかったが、ここにきてルビオ氏への関心が一気に高まってきた。共和党内の主流派が巻き返しを図っていることが推察される。

 一方、民主党は本命のクリントン候補とサンダース候補がほぼ拮抗した。ギリギリでクリントン氏が勝利したが、今後の選挙戦の行方はまったく分からない状態となった。

 米紙の報道によると、クリントン氏に投票しているのは女性や高所得者で、サンダース氏に投票しているのは男性や低所得者が多いという。また、クルーズ氏に投票したのは宗教保守派で、トランプ氏に投票したのは低所得者、ルビオ氏に投票したのは高所得者や自由貿易の支持者であると分析している。

 民主党は、一般的な所得階層の争いということで分かりやすいが、共和党の場合には、所得階層に加えて宗教的な価値観も争点となっており、状況が複雑だ。しばらくの間は混迷が続くと予想されるが、選挙戦が一気に面白くなってきたことは間違いない。

 - 政治 , , , , , , , ,

  関連記事

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

zenjindai2014
中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014 …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

oukizan
習近平氏の腹心で兄貴分の王岐山氏が、常務委員続投を断念したことの政治的意味

 10月の中国共産党大会を目前に控え、習近平氏の腹心と言われた王岐山・中央規律検 …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

aircraftcarrier2
米国が中東に展開する空母を削減。全世界的な米軍撤退の始まりか?

 米国防総省は軍事費削減プロジェクトの一環として、ペルシャ湾に派遣する空母の数を …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …