ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国人民解放軍が大規模な組織改編。軍の近代化と地域利権の排除が狙いか?

 

 中国人民解放軍は2016年2月1日、従来の軍区に代わり、新しく戦区という区域を設ける組織再編を行った。各地域の独立性を弱め、党中央が全体を掌握できる体制を目指す意図があると考えられる。

jinminkaihogun
 中国国営中央テレビ(CCTV)によると、これまで人民解放軍には、北京、瀋陽、蘭州、済南、成都、南京、広州という7つの軍区があった。しかし、習近平指導部は、従来の軍区について、東部、西部、南部、北部、中部という5つの戦区に改変した。

 人民解放軍は各軍区の独立色が極めて強く、地域ごとに展開する複数の軍隊の集合体という性格が濃かった。これは共産党による革命が実施された時からの名残りともいえる。また人民解放軍は単なる軍隊ではなく、外食産業までも手がける巨大財閥であり、各地の経済活動に密接に関わっている。

 このため党中央が決定しても、各地の軍がそれに従わないというケースがあり、歴代の指導部は軍の掌握に腐心してきた。習近平政権は、当初、江沢民元国家主席を中心とする上海閥と呼ばれる勢力の後押しで成立したが、権力を掌握した習氏は、江沢民グループを排除することで、より独裁色を強めることに成功している。

 今回の人民解放軍の組織改編も、習指導部による権力集中の一環と考えられる。各戦区の司令官は、中央軍事委員会の決定に従い、具体的な戦略を立案する作業に専念し、各部隊を直接指揮することはしない。

 現地に展開する各部隊は、ユーザーである司令部が求める能力を提供する役割を持つ説明されており、これは現代の軍隊で採用されている「フォースユーザー」と「フォースプロバイダ」の関係に近い。
 状況に応じて臨機応変に部隊を展開できる体制を構築することで、中国の軍隊を近代化すると同時に、各軍区が持つ利権の排除を狙った措置である。

 新しく成立した戦区は地域の名称となっているが、実際には機能別の区分と考えてよい。東部戦区(南京)は東シナ海(日本、台湾、朝鮮半島)における有事対応、南部戦区(広州)は南シナ海の有事対応、北部戦区(瀋陽)はロシアと北朝鮮方面の対応、西部戦区(蘭州)は中央アジアのイスラム・テロ対策やチベット問題への対応、中部戦区(北京)は首都防衛が主な任務となる。

 一連の改革がうまく進んだ場合には、人民解放軍の近代化がさら進む可能性が高い。また党中央の意向に沿って迅速に動くことになるので、スピード感が増すことになるだろう。
 一方、地域の利権配分によって成り立ってきた軍の秩序が崩れる可能性もあり、場合によっては不安定化要因になるかもしれない。日本など周辺の国は、しばらくの間、状況を注視することになる。

 - 政治 , ,

  関連記事

hyuga02
憲法改正や集団的自衛権など安倍カラーがなぜか次々後退。求められる明確な方向性

 政府が集団的自衛権の行使に関する憲法解釈の見直しを先送りするとの報道が大きな波 …

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

ozawasinnenakai
小沢氏が恒例の新年会を開催。総数は80名を超えるも議員は13名と寂しい正月

 生活の党の小沢一郎氏は1日、世田谷区にある私邸で恒例の新年会を開催した。挨拶に …

shukinpei03
ウイグル独立運動とアルカイダを結ぶ点と線。中東問題に引きずり出される中国

 中国・北京の自動車爆破事件をきっかけに、中国はパキスタンとの対テロ連携の強化を …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

abesaninsen
自民圧勝が逆に制約?TPPなど規制緩和を前に「族議員」の動きはどうなるか?

 参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集ま …

hongkongdemo
香港の選挙制度改革に対して中国が事実上のゼロ回答。民主派は猛反発

 3年後に行われる香港の行政長官選挙をめぐって、香港で緊張感が高まっている。中国 …