ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を進めている。当初、日の丸ファンドである産業革新機構が買収するといわれていたが、鴻海側が破格の好条件を提示したことで、一気に鴻海による買収に傾いた。

sharp

 鴻海はシャープの経営危機が表面化した2013年から一貫してシャープ買収を提案している。だが当時のシャープ経営陣は鴻海の傘下に入ると厳しいリストラが進められることを警戒し、鴻海からの提案を拒絶。交渉は一旦中断となっている。

 だがシャープの経営は好転せず、自力での再建が難しいことが明白となり、鴻海は再びシャープに対して買収を提案するようになった。ここに割って入ったのが、政府系ファンドである産業革新機構である。
 産業革新機構は「技術流出を防ぐ」という大義名分を掲げており、シャープを買収して、同じく政府主導で支援を行っているジャパンディスプレイと統合させるプランを練っていた。いわゆる「日の丸液晶連合」である。

 当初は産業革新機構による買収で固まったかと思われたが、土壇場で状況は逆転した。シャープの高橋興三社長は2016年2月4日、決算発表の場において、事実上、鴻海との交渉を優先していることを認めた。

 産業革新機構は3000億円程度の支援を計画しているが、鴻海はその2倍以上の7000億円。しかも産業革新機構側は、金融機関が持つ債権の一部放棄や、新しい役員を産業革新機構側が選ぶといったリストラ策を求めている。鴻海案の詳細は不明だが、こうした厳しい要求は行われていない模様。また、事業売却は行わず、シャープのブランドも維持される可能性が高い。

 シャープはこれまで厳しいリストラを避けるため、頑なに鴻海からの提案を拒絶してきた。シャープの経営は迷走しているが、リストラを回避したいという点では、まったくといってよいほどブレがない。同社の最優先課題がリストラ回避ということであれば、今回、厳しいリストラ策を提示しなかった鴻海の提案を受け入れる可能性は高いだろう。

 これまでの日本社会は外資による買収提案があると、激しい拒否反応が起こるのが常であった。だが今回は、逆に「国策」を掲げた日の丸ファンドが厳しいリストラを要求し、優しい対応を約束した外資系企業にすがるという奇妙な状況となっている。

 国策ファンドである産業再生機構には多額の税金が投入されている。市場では同機構に対して、その存在意義を疑問視する声が発足当初からあった。もし最終的に鴻海による買収で決着した場合、この問題はさらに顕著となってくるだろう。
 「日の丸連合」や「技術流出の阻止」といった大義名分を掲げても、当の日本企業からそっぽを向かれてしまうのでは本末転倒である。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

tokyotower
経常収支が3ヶ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・

 財務省は3月8日、1月の国際収支を発表した。経常収支は3648億円の赤字で、経 …

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

ieren03
FRBが予定通り追加利上げを決断。内容は想像以上にタカ派で、すでに金融引き締めに転換?

 大方の予想通り、FRB(連邦準備制度理事会)が追加利上げを決定した。ただ内容は …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …