ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープ買収の可能性が高まる鴻海精密工業は、実質的に中国企業?

 

 経営再建中のシャープは2016年2月4日、国策ファンドである産業革新機構ではなく、鴻海精密工業からの支援を受け入れる方向で調整を進めていることを明らかにした。同社はかねてからシャープ買収に関心を持っているのだが、鴻海とはどのような企業なのだろうか。

foxconn02

 同社はカリスマ経営者と呼ばれる、郭台銘(テリー・ゴウ)氏によって1974年に設立された企業。現在は、スマホや薄型テレビの生産を受託する「EMS」という業態では断トツの世界最大手。アップルのiPhoneの製造を一手に引き受けていることで有名だ。本社は台湾にある台湾企業だが、実質的には中国企業に近い存在といってもよい。

 台湾には国共内戦時に中国から渡ってきた国民党員を中心とする「外省人」と、もともとから台湾にいる「内省人」の対立がある。
 台湾では長く国民党による独裁が続いたので、政財界の要職は外省人で占められ、内省人は冷遇されていた。このため内省人は起業家として身を立てる人が多く、台湾の有名IT企業の創業者の多くが内省人となっている。

 だが郭台銘氏は、IT起業家の世界では珍しくガチガチの外省人であり、そのルーツは中国本土にある。
 当初、国民党は中国共産党と敵対していたが、内省人を中心に台湾の独立運動が高まってくると、態度を一変させ、中国共産党との親和路線に転換した。

 これを受けて中国共産党は台湾を取り込むため、台湾国内の外省人の実業家の支援に乗り出した。郭台銘氏も、台湾から中国大陸に進出した実業家の一人である。

 鴻海は、成都や大連など中国の大都市に20万人規模という想像を絶する大きさの工場を次々と建設し、アップルからの生産委託を一手に引き受け、急成長した。2014年12月期の売上高は約15兆円と、日本の大手電機メーカをはるかに上回る。
 最近は労働集約型の生産委託から脱却するため、急速に工場のロボット化を進めているといわれており、従来型の製造業から脱却できていない日本企業にとっては非常に脅威となる存在である。

 郭氏は1950年生まれ。海事専科学校に入学し働きながら学んだ。卒業後は兵役につき、その後鴻海の前身となる会社を設立している。米フォーブスの世界富豪番付の常連で、資産は約100億ドル(1兆1600億円)を軽く超えるという。
 台湾では今年1月、独立志向が強く内省人が多く支援する民進党が総統選挙で圧勝した。民進党が躍進するきっかけになったのは、中国との貿易協定に反対するデモだったが、郭氏はこれを批判する発言を行い物議を醸したことがある。
 また、中国の習近平国家主席が掲げる「中国の夢」について「中華民族の子孫として血が沸き立つ」と述べたことでも知られている。

 - 政治, 経済, IT・科学 ,

  関連記事

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

abechoshu
安倍首相が何度も強調する長州人のDNA。果たしてその怨念はどこに向かうのか?

 「志定まれば、気盛んなり」安倍首相は消費増税を正式表明する記者会見の場において …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

googlecar
グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下 …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …