ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がっている。アマゾンがこれを完全に否定していないため、計画が進行中と見る関係者は多い。

amazonbooks

 事の発端は米ショッピングモール運営会社CEOが、アマゾンが書店チェーンを全米400カ所に設ける計画があると発言したこと。アマゾンはこれについてコメントしなかったが、計画そのものについては否定していない。

 すでにアマゾンは、米国で実験的な店舗の出店を行っており、リアル店舗の運営に対して高い関心を寄せていることは間違いない。
 実際にアマゾンがリアル店舗の運営に本格的に乗り出した場合、書籍マーケットに大きな変化がもたらされる可能性が高く、業界関係者はアマゾンの動向を注視している。ただ、アマゾンの実店舗参入によってもたらされる変化がどのようなものになるのかは現時点では予想が難しい。

 アマゾンでの販売傾向と実店舗の販売傾向には乖離が見られる。アマゾンでヒットしている書籍が実店舗であまり売れず、逆に実店舗でそこそこ動きのよい書籍がアマゾンでの順位がそれほど高くないケースは存在する。
 一方、実店舗で積極的に展開される書籍が、アマゾンでも売れ始めるケースもある。実店舗で書籍を見てアマゾンで購入する顧客が多いからだ。

 アマゾンが本格的に実店舗を展開した場合、アマゾンでの売上げが、実店舗の動向に引っ張られるのか、それとも実店舗の売上げ動向がアマゾンに引っ張られるのかは、実際に展開が始まらないと何ともいえない。
 このあたりは、実店舗の顧客層とアマゾンの顧客層がどれだけ重複しているのかよって大きく変わってくるはずだ。

 また、実店舗を本格的に展開した場合、出版社とアマゾンの力関係も変わる可能性がある。アマゾンは出版社に対して詳細な販売動向を開示していないため、出版社にとってアマゾンでの販売は手探りにならざるを得ない。販売データを独占していることがアマゾンにとっては強力な武器になっていた。

 しかし、アマゾンが実店舗を出すようになり、そこでの販売動向とネットでの販売動向がある程度リンクするようになると、出版社側は書籍の動きをこれまでより詳細につかむことが可能となる。そうなってくると、電子と実店舗の垣根はこれまでより低くなるだろう。場合によっては出版社側に有利になる可能性もある。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

thanksgiving00
米国の感謝祭セールが順調。米国経済に依存する日本にとっては朗報

 米国の感謝祭休日における消費支出が前年を大きく上回ったことが明らかとなった。全 …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

asakusa
日本に来る外国人観光客の数が諸外国と比べて異常に少ないのはなぜ?

 世界経済フォーラムは3月7日、2013年の旅行・観光競争力ランキングを発表した …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …