ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政治家も国民もみんなマスコミが大好き。電波停止に言及した高市発言の矛盾

 

 放送事業者が政治的公平性を欠く放送を繰り返した場合、電波停止を命じる可能性があるという高市総務相の発言が波紋を呼んでいる。
 だが、特定の事業者にしか放送免許を交付せず、テレビ局の絶対的な影響力をあえて維持している現状を変えようとう動きはほとんどない。結局のところ、テレビ局が強大な力を持つことを望んでいるのは、政治家自身であり、それを支持している国民でもある。

terebi

 高市氏は、2016年2月8日の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返した場合、電波停止を命じる可能性があると発言した。この発言に対して、野党は激しく反発している。

 放送法では、政治的に公平であることを求めており、理屈の上では、公平性を欠く番組を放送した場合には、電波法に基づいて電波停止を命じることが可能である。しかし、民主国家には言論の自由という法律を上回る上位概念があり、こうした行使は原則として行うべきではないというのが民主国家における標準的な考え方である。

 だが日本の場合、こうした話以前の問題として、電波の免許が特定の事業者だけに独占的に配分され、テレビ局の絶大な影響力を国家があえて保証している。
 最近では、テレビの報道内容に対して批判が集まることが多いが、これだけの批判が集まるのは、テレビ局の影響力が絶大であり、テレビ局が一種の権力となっているからである。だがそうした状況を作っているのは、ほなからぬ政府である。

 こうした状況に対しては、以前から電波を一般に広く解放するよう求める声があり、構造改革に関する議論が活発だった小泉政権時代には、具体的な議論も多少進んだ。だが一連の改革はすべて頓挫し、テレビ局の圧倒的な影響力は維持されたままだ。

 もしインターネットと同様、電波へのアクセスを広く開放すれば、テレビの影響力はたちまち消滅し、政権がテレビの報道でイライラすることはなくなるだろう。ネットと同様、そこで提供される情報の公平性を法律で規制する必要もなくなるはずだ。だが一方で、自分達に都合のよい情報を流し、世論を誘導してくれる組織も存在しなくなってしまう。

 結局のところ強いマスコミを求めているのは政治家自身ということになり、そうであればこそ、特定事業者に電波を独占させる政策が維持されている。強大な影響力を持ったマスコミを手中に収めれば、自らに都合のよい情報を流し、世論を誘導できるからである。

 国民も多種多様な論調の中から必要なものを選択するよりも、寡占的な情報源を望んでいるように見える。さらにいえば、国民がマスコミに望んでいるのは「情報」などではなく、何らかの主義主張にお墨付きを与える「権威」である可能性が高い。
 こうした稚拙な政治環境では、本当の意味で公平な報道環境を実現するのは極めて困難であり、テレビ局の圧倒的な影響力は当分の間、維持されることになるだろう。

 - マスコミ, 政治 , , ,

  関連記事

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

no image
スノーデン氏は米国の不手際?で香港を出国。アイスランドではなくエクアドルに亡命?

 米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の存在を暴露し、 …

zenjindai02
中国の政府機構改革案。太子党利権である鉄道省は解体、尖閣対策に海洋局を強化

 中国国務院(政府)は10日、開会中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)に、 …

tokyowan
政府が来年度の経済成長見通しを発表。公共事業の実質削減で成長も鈍化

 政府は2013年12月21日、来年度の経済成長見通しを発表した。物価の変動を考 …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

tu-95
ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …