ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政治家も国民もみんなマスコミが大好き。電波停止に言及した高市発言の矛盾

 

 放送事業者が政治的公平性を欠く放送を繰り返した場合、電波停止を命じる可能性があるという高市総務相の発言が波紋を呼んでいる。
 だが、特定の事業者にしか放送免許を交付せず、テレビ局の絶対的な影響力をあえて維持している現状を変えようとう動きはほとんどない。結局のところ、テレビ局が強大な力を持つことを望んでいるのは、政治家自身であり、それを支持している国民でもある。

terebi

 高市氏は、2016年2月8日の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返した場合、電波停止を命じる可能性があると発言した。この発言に対して、野党は激しく反発している。

 放送法では、政治的に公平であることを求めており、理屈の上では、公平性を欠く番組を放送した場合には、電波法に基づいて電波停止を命じることが可能である。しかし、民主国家には言論の自由という法律を上回る上位概念があり、こうした行使は原則として行うべきではないというのが民主国家における標準的な考え方である。

 だが日本の場合、こうした話以前の問題として、電波の免許が特定の事業者だけに独占的に配分され、テレビ局の絶大な影響力を国家があえて保証している。
 最近では、テレビの報道内容に対して批判が集まることが多いが、これだけの批判が集まるのは、テレビ局の影響力が絶大であり、テレビ局が一種の権力となっているからである。だがそうした状況を作っているのは、ほなからぬ政府である。

 こうした状況に対しては、以前から電波を一般に広く解放するよう求める声があり、構造改革に関する議論が活発だった小泉政権時代には、具体的な議論も多少進んだ。だが一連の改革はすべて頓挫し、テレビ局の圧倒的な影響力は維持されたままだ。

 もしインターネットと同様、電波へのアクセスを広く開放すれば、テレビの影響力はたちまち消滅し、政権がテレビの報道でイライラすることはなくなるだろう。ネットと同様、そこで提供される情報の公平性を法律で規制する必要もなくなるはずだ。だが一方で、自分達に都合のよい情報を流し、世論を誘導してくれる組織も存在しなくなってしまう。

 結局のところ強いマスコミを求めているのは政治家自身ということになり、そうであればこそ、特定事業者に電波を独占させる政策が維持されている。強大な影響力を持ったマスコミを手中に収めれば、自らに都合のよい情報を流し、世論を誘導できるからである。

 国民も多種多様な論調の中から必要なものを選択するよりも、寡占的な情報源を望んでいるように見える。さらにいえば、国民がマスコミに望んでいるのは「情報」などではなく、何らかの主義主張にお墨付きを与える「権威」である可能性が高い。
 こうした稚拙な政治環境では、本当の意味で公平な報道環境を実現するのは極めて困難であり、テレビ局の圧倒的な影響力は当分の間、維持されることになるだろう。

 - マスコミ, 政治 , , ,

  関連記事

kazoku004
骨太の方針に具体的な人口目標を明記。だが本当に実現可能なのか?

 政府の経済財政諮問会議は2014年6月13日、「経済財政運営と改革の基本方針」 …

obamapowerrice
オバマ大統領が次々と独自色の強い人事案を発表。共和党との対決に自信

 オバマ米大統領は独自色を強く打ち出した人事を相次いで発表している。6月5日、退 …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

koushinpari
仏連続テロに抗議する大規模行進に米国不参加。オバマ政権の外交方針が際立つ

 フランスで発生したイスラム過激派テロに抗議する大規模行進が2015年1月11日 …

ozawaitoro
脱原発「未来の党」に「国民の生活」が合流。仕掛け人はもちろん小沢氏

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日、脱原発を基本政策に掲げる新党「日本未来の党」を …

misutoraru
ロシアによるフランスからの揚陸艦購入は北方領土配備のため?

 ロシアによるフランス製強襲揚陸艦の購入が、北方領土対策のために行われたという、 …

abekenpou
安倍首相が集団的自衛権の議論再開を表明。改憲論者にはむしろ逆風?

 安倍内閣の長期政権化が見えてきたことで、集団的自衛権に関する議論が本格化しつつ …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

obama201403
TPPの妥協点として牛肉が急浮上。背後にはパッケージ・ディールの存在も?

 2014年4月下旬のオバマ大統領来日を控え、TPP(環太平洋パートナーシップ協 …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …