ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大や外貨購入に動くはずだが、現実は逆になっている。そこには、日本経済が抱える根本的な問題が関係しており、金融政策でこれを変えることは難しい。

nichigin02
 日銀が導入したマイナス金利政策は、当座預金残高の一部に対してマイナスの金利を付与するというものである。現在、当座預金に積み上がっている預金についてマイナス金利は付与されないが、これから日銀が購入する国債の代金についてはマイナス金利が適用される。
 このままでは金融機関の収益が悪化してしまうため、金融機関は、これを引き出し、融資や外貨など利ざやの稼げる先に資金を回す必要に迫られる。

 だが金融機関にとっては収益を維持するもう一つの方法がある。それは預金者にコストを押し付けるというものである。
 メガバンクや地方銀行の中には早くも普通預金や定期預金の金利を引き下げるところがでてきたほか、預金口座への手数料導入が検討されているとの報道も出ている。

 金融機関にしてみれば、国内に融資先などなく、これ以上、為替リスクも取れる環境にはないという理屈になる。もっとも当座預金への金利付与は、白川総裁時代に始まったものであり、これは実質的に日銀による金融機関への補助金である。本来、獲得できる収益ではないことを考えると、こうした金融機関の論理は甘えでしかない。

 ただ現実問題として日本国内に融資先がないのも事実である。アベノミクスは本来、こうした日本経済の構造そのものを変えることを意図していた。こうした改革には時間がかかるため、それまでのつなぎとして、財政政策と金融政策が位置付けらていたはずだ。

 だが安倍首相にその意識があるのかは不明だが、いつしか手段が目的となり、金融政策さえ実施すれば、景気が回復するというロジックに変わっていった。だが、日本経済の基本的な仕組みはバブル崩壊後から変わっておらず、企業業績は為替に大きく依存している。企業はその場しのぎのコスト削減で利益を上げているだけで、ビジネスモデルそのものが変わったわけではない。

 こうした状態で金融政策を実施してもその効果には限度がある。量的緩和策は、長期的にはともかく、当面の間は誰も損することがない政策だったことから、皆、安心してこれを受け止めることができた。
 だがマイナス金利は、すぐに直接的な損失が発生するリスクがある。量的緩和策ではそれなりの効果があったにも関わらず、その延長線上にあるはずのマイナス金利政策で一気に逆風となった理由はこのあたりにありそうだ。今の金融機関にとって長期的な動向を考える余裕などなく、目先の利益確保に血眼になっている状況だ。

 本来であれば、日本経済の仕組みを変えるという本質的な議論をすべき時だが、財政と金融という緩衝材はすべて使い切った状態にある。痛みを伴う改革を進めていく基礎体力は、日本経済にはもう残っていないかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …

imf201310
IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

jinmingen
中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を …

ana787
これぞジャパン・パッシング!ANAが新北米路線で打ち出した驚異の運賃設定

 日本のエアラインが相次いで北米のニッチ路線に進出している。日本航空は12月2日 …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

seijouishii
マネーゲームの末、高級スーパー成城石井はローソンへ。相乗効果は未知数

 コンビニ大手のローソンが、首都圏を中心に高級スーパーを展開する成城石井を買収す …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …