ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大や外貨購入に動くはずだが、現実は逆になっている。そこには、日本経済が抱える根本的な問題が関係しており、金融政策でこれを変えることは難しい。

nichigin02
 日銀が導入したマイナス金利政策は、当座預金残高の一部に対してマイナスの金利を付与するというものである。現在、当座預金に積み上がっている預金についてマイナス金利は付与されないが、これから日銀が購入する国債の代金についてはマイナス金利が適用される。
 このままでは金融機関の収益が悪化してしまうため、金融機関は、これを引き出し、融資や外貨など利ざやの稼げる先に資金を回す必要に迫られる。

 だが金融機関にとっては収益を維持するもう一つの方法がある。それは預金者にコストを押し付けるというものである。
 メガバンクや地方銀行の中には早くも普通預金や定期預金の金利を引き下げるところがでてきたほか、預金口座への手数料導入が検討されているとの報道も出ている。

 金融機関にしてみれば、国内に融資先などなく、これ以上、為替リスクも取れる環境にはないという理屈になる。もっとも当座預金への金利付与は、白川総裁時代に始まったものであり、これは実質的に日銀による金融機関への補助金である。本来、獲得できる収益ではないことを考えると、こうした金融機関の論理は甘えでしかない。

 ただ現実問題として日本国内に融資先がないのも事実である。アベノミクスは本来、こうした日本経済の構造そのものを変えることを意図していた。こうした改革には時間がかかるため、それまでのつなぎとして、財政政策と金融政策が位置付けらていたはずだ。

 だが安倍首相にその意識があるのかは不明だが、いつしか手段が目的となり、金融政策さえ実施すれば、景気が回復するというロジックに変わっていった。だが、日本経済の基本的な仕組みはバブル崩壊後から変わっておらず、企業業績は為替に大きく依存している。企業はその場しのぎのコスト削減で利益を上げているだけで、ビジネスモデルそのものが変わったわけではない。

 こうした状態で金融政策を実施してもその効果には限度がある。量的緩和策は、長期的にはともかく、当面の間は誰も損することがない政策だったことから、皆、安心してこれを受け止めることができた。
 だがマイナス金利は、すぐに直接的な損失が発生するリスクがある。量的緩和策ではそれなりの効果があったにも関わらず、その延長線上にあるはずのマイナス金利政策で一気に逆風となった理由はこのあたりにありそうだ。今の金融機関にとって長期的な動向を考える余裕などなく、目先の利益確保に血眼になっている状況だ。

 本来であれば、日本経済の仕組みを変えるという本質的な議論をすべき時だが、財政と金融という緩衝材はすべて使い切った状態にある。痛みを伴う改革を進めていく基礎体力は、日本経済にはもう残っていないかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

bananki
バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的 …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

soros02
ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金にな …

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …