ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10~12月期GDPはマイナス成長。打つ手がなく、日本経済はいよいよ袋小路に

 

 内閣府は2016年2月15日、2015年10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でマイナス0.4%、年率換算ではマイナス1.4%となった。4~6月期に続いて2回目のマイナス成長となった。市場で景気後退が強く意識されるのはほぼ確実である。

tokyowan

 今期のマイナス成長については多くの関係者が事前に予想していたので、大きなサプライズはない。
 過去3カ月の鉱工業生産指数は、10月が前月比プラス1.4%、11月がマイナス0.9%、12月がマイナス1.4%であり、3カ月を通じて見ると生産はマイナスとなっている。
 家計調査の結果も同様であった。二人以上の世帯における実質消費支出は、10月がマイナス0.7%、11月がマイナス2.2%、12月はマイナス1.0%という状況であった。ネット販売の分が考慮されていないといった特殊要因を考慮しても、消費が著しく弱くなっていることは確実である。

 フタを開けてみると、GDPの中でもっとも大きな割合を占める個人消費はマイナス0.8%となり、これが全体の足を引っ張った。住宅が占める割合は低いが、伸び率はマイナス1.2%と落ち込みは激しい。一方、設備投資は事前の予想通りプラス1.4%であった。
 これまで個人消費があまり落ち込まなかったことで、何とか成長を維持していた面があったが、消費の弱さが継続する事態となれば、影響は長期に及ぶ。

 現在、日本経済には強い逆風が吹いている。中国経済の失速に加え、頼みの綱であった米国の景気にも失速懸念が生じている状況だ。これに加え、マイナス金利政策が裏目に出たことで、市場では円高が進んでいる。
 このままの状態が続けば、日本企業の業績が下振れすることはほぼ確実であり、これがさらに投資や消費を冷やす悪循環となる可能性がある。

 アベノミクスは本来、財政と金融の両輪で景気を下支えする間に、構造改革をはじめとする成長戦略を実施するという内容だった。しかし、成長戦略は、コーポレートガバナンス改革など、ごく一部にとどまり、ほとんど実現していない。

 これまでの追い風の中ですら、こうした改革が実施できなかったことを考えると、逆風下で一連の改革が実施できる可能性は極めて低い。日本経済はいよいよ出口の見えない袋小路に入りつつある。
 マイナス金利政策は、本来であれば、株高と円安をもたらすはずだが、これが機能していないということからも、現在の日本市場が置かれている状況が分かるはずだ。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

sukiya201408
「すき家」の赤字転落は、これから深刻化する人手不足経済の縮図?

 大手牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは、人手不足によ …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

yuseijoujou
郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、 …

lawsonmitsubishi
資源価格下落で巨額赤字を抱える三菱商事がローソンを子会社化する事情

 三菱商事は2016年9月16日、コンビニ大手のローソンを子会社化すると発表した …

kuroda
日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定 …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

appledidi
アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

sugaku
OECDの学力調査。ゆとり教育見直しの結果、順位は上昇したが・・・・

  OECD(経済協力開発機構)は12月3日、世界65カ国(地域)を対象とした2 …

hitogomi
投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …