ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10~12月期GDPはマイナス成長。打つ手がなく、日本経済はいよいよ袋小路に

 

 内閣府は2016年2月15日、2015年10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でマイナス0.4%、年率換算ではマイナス1.4%となった。4~6月期に続いて2回目のマイナス成長となった。市場で景気後退が強く意識されるのはほぼ確実である。

tokyowan

 今期のマイナス成長については多くの関係者が事前に予想していたので、大きなサプライズはない。
 過去3カ月の鉱工業生産指数は、10月が前月比プラス1.4%、11月がマイナス0.9%、12月がマイナス1.4%であり、3カ月を通じて見ると生産はマイナスとなっている。
 家計調査の結果も同様であった。二人以上の世帯における実質消費支出は、10月がマイナス0.7%、11月がマイナス2.2%、12月はマイナス1.0%という状況であった。ネット販売の分が考慮されていないといった特殊要因を考慮しても、消費が著しく弱くなっていることは確実である。

 フタを開けてみると、GDPの中でもっとも大きな割合を占める個人消費はマイナス0.8%となり、これが全体の足を引っ張った。住宅が占める割合は低いが、伸び率はマイナス1.2%と落ち込みは激しい。一方、設備投資は事前の予想通りプラス1.4%であった。
 これまで個人消費があまり落ち込まなかったことで、何とか成長を維持していた面があったが、消費の弱さが継続する事態となれば、影響は長期に及ぶ。

 現在、日本経済には強い逆風が吹いている。中国経済の失速に加え、頼みの綱であった米国の景気にも失速懸念が生じている状況だ。これに加え、マイナス金利政策が裏目に出たことで、市場では円高が進んでいる。
 このままの状態が続けば、日本企業の業績が下振れすることはほぼ確実であり、これがさらに投資や消費を冷やす悪循環となる可能性がある。

 アベノミクスは本来、財政と金融の両輪で景気を下支えする間に、構造改革をはじめとする成長戦略を実施するという内容だった。しかし、成長戦略は、コーポレートガバナンス改革など、ごく一部にとどまり、ほとんど実現していない。

 これまでの追い風の中ですら、こうした改革が実施できなかったことを考えると、逆風下で一連の改革が実施できる可能性は極めて低い。日本経済はいよいよ出口の見えない袋小路に入りつつある。
 マイナス金利政策は、本来であれば、株高と円安をもたらすはずだが、これが機能していないということからも、現在の日本市場が置かれている状況が分かるはずだ。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

kokusaishushi201311
11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国 …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …