ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップであるキリル総主教と会談した。ロシア正教との会談は、キリスト教会が東西に分裂して以来、初めてとなる。会談はキューバの首都ハバナで行われており、キューバの政治的な価値があらためて認識された。

romarosiakaidan

 よく知られているようにキリスト教会は、1054年にカトリック教会(西方教会)と正教会(東方教会)に分裂している。カトリックと正教会の対話そのものは過去に何度か行われているが、正教会の中でも最大勢力であるロシア正教との会談は行われていなかった。
 共産圏時代に宗教が禁止されていた旧ソ連地域において、近年、カトリック教会が積極的に布教活動をしたことで関係が悪化したことが主な原因である。

 会談では、中東の過激派組織「イスラム国」など、キリスト教に対する脅威に対して協調して取り組む方針が確認された。ただ、今回の会談は、ロシアとの関係が深かったキューバで行われており、キリスト教徒の保護という以上の意味があると考えた方がよいだろう。

 昨年、米国は50年以上にわたって国交を断絶していたキューバとの関係を正常化している。米国とキューバの国交正常化を仲介したのはカトリック教会であった。
 キューバは、革命とそれに伴うロシア(旧ソ連)接近によってカトリックを弾圧したが、前法王のベネディクト16世が和解のためキューバを訪問し、カストロ議長と会談。昨年9月には、フランシスコ法王がキューバのカストロ議長と会談している。フランシスコ法王は、その際、ロシア正教のキリル総主教との会談に向けて協力を呼びかけていた。

 キューバと国交を正常化することは、ヒスパニック系の国民が急増している米国にとっては重要な意味を持つ。米国にとって、東西冷戦時代の遺物であるキューバ問題が解決する効果は大きい。
 また今回の会談はロシアにとってもメリットが大きいはずだ。現在ロシアはクリミア問題を発端とした経済制裁を受けており、シリア問題も抱え苦しい状況にある。ホンネでは米国など西側諸国との対話を拡大したいはずだ。

 フランシスコ法王は、こうした国家間の利害の間にうまく入り込み、その発言力を高めることに成功している。シリア問題を解決するためには米国とロシアで何らかの合意を得る必要がある。シリア問題に関しても、カトリック教会の影響が高まることになるかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

eri
エリーが小沢ガールズに逆戻り?ダンナさんは維新から出馬の噂も

 日本未来の党への国民の生活が第一の合流が決まったことで、元小沢ガールズの一員で …

algeriagas
アルジェリアで武装勢力が日本人を含む民間人を拘束。首謀者の真の狙いは身代金?

 北アフリカのアルジェリアにある英BP社が運営する天然ガス関連施設で16日、イス …

casutorofideru
キューバで行われた米調査機関による非公式世論調査。その結果は?

 米国との国交正常化交渉が進むキューバで実施された「非公式」世論調査の結果が話題 …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

aircraftcarrier2
米国が中東に展開する空母を削減。全世界的な米軍撤退の始まりか?

 米国防総省は軍事費削減プロジェクトの一環として、ペルシャ湾に派遣する空母の数を …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

senkaku02
中国が尖閣付近での活動を活発化。今度は新鋭ミサイル駆逐艦を投入

 中国が尖閣諸島付近での活動を活発化させている。これまで中国の活動は日本の巡視船 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

kerry0020
ケリー国務長官が中国を訪問。日本の立場は米中の経済交渉次第

 米国のケリー国務長官はこの2月に中国を訪問する。同じく国務省のバーンズ副長官が …