ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップであるキリル総主教と会談した。ロシア正教との会談は、キリスト教会が東西に分裂して以来、初めてとなる。会談はキューバの首都ハバナで行われており、キューバの政治的な価値があらためて認識された。

romarosiakaidan

 よく知られているようにキリスト教会は、1054年にカトリック教会(西方教会)と正教会(東方教会)に分裂している。カトリックと正教会の対話そのものは過去に何度か行われているが、正教会の中でも最大勢力であるロシア正教との会談は行われていなかった。
 共産圏時代に宗教が禁止されていた旧ソ連地域において、近年、カトリック教会が積極的に布教活動をしたことで関係が悪化したことが主な原因である。

 会談では、中東の過激派組織「イスラム国」など、キリスト教に対する脅威に対して協調して取り組む方針が確認された。ただ、今回の会談は、ロシアとの関係が深かったキューバで行われており、キリスト教徒の保護という以上の意味があると考えた方がよいだろう。

 昨年、米国は50年以上にわたって国交を断絶していたキューバとの関係を正常化している。米国とキューバの国交正常化を仲介したのはカトリック教会であった。
 キューバは、革命とそれに伴うロシア(旧ソ連)接近によってカトリックを弾圧したが、前法王のベネディクト16世が和解のためキューバを訪問し、カストロ議長と会談。昨年9月には、フランシスコ法王がキューバのカストロ議長と会談している。フランシスコ法王は、その際、ロシア正教のキリル総主教との会談に向けて協力を呼びかけていた。

 キューバと国交を正常化することは、ヒスパニック系の国民が急増している米国にとっては重要な意味を持つ。米国にとって、東西冷戦時代の遺物であるキューバ問題が解決する効果は大きい。
 また今回の会談はロシアにとってもメリットが大きいはずだ。現在ロシアはクリミア問題を発端とした経済制裁を受けており、シリア問題も抱え苦しい状況にある。ホンネでは米国など西側諸国との対話を拡大したいはずだ。

 フランシスコ法王は、こうした国家間の利害の間にうまく入り込み、その発言力を高めることに成功している。シリア問題を解決するためには米国とロシアで何らかの合意を得る必要がある。シリア問題に関しても、カトリック教会の影響が高まることになるかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

f35b
米軍がステルス戦闘機F-35を岩国基地に配備。その背後にある米国の事情とは?

 パネッタ米国防長官は18日、米軍のステルス戦闘機F35を2017年に米軍岩国基 …

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …

no image
沖縄で酔った米兵が中学生を殴る事件が発生。形だけの抗議は、もはや恒例行事

 沖縄県読谷村で、酒に酔った米兵が民家に侵入し、中学生の顔を殴り、民家から転落し …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

carlos
カルロス国王次女の脱税疑惑をきっかけに、スペインは過去の呪縛に挑戦する

 スペインのファン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネ …

no image
米国でヘルシー給食に反発の声。やっぱりジャンキーでないとダメ?

 米国で勧められている学校給食のヘルシー化に反発の声が高まっている。ヘルシー給食 …

ouki
中国外相に温家宝首相に近い王毅氏が内定。日中関係への影響は?

 中国の次期外交部長(外務大臣)に、駐日大使の経験のある王毅・国務院台湾事務弁公 …