ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップであるキリル総主教と会談した。ロシア正教との会談は、キリスト教会が東西に分裂して以来、初めてとなる。会談はキューバの首都ハバナで行われており、キューバの政治的な価値があらためて認識された。

romarosiakaidan

 よく知られているようにキリスト教会は、1054年にカトリック教会(西方教会)と正教会(東方教会)に分裂している。カトリックと正教会の対話そのものは過去に何度か行われているが、正教会の中でも最大勢力であるロシア正教との会談は行われていなかった。
 共産圏時代に宗教が禁止されていた旧ソ連地域において、近年、カトリック教会が積極的に布教活動をしたことで関係が悪化したことが主な原因である。

 会談では、中東の過激派組織「イスラム国」など、キリスト教に対する脅威に対して協調して取り組む方針が確認された。ただ、今回の会談は、ロシアとの関係が深かったキューバで行われており、キリスト教徒の保護という以上の意味があると考えた方がよいだろう。

 昨年、米国は50年以上にわたって国交を断絶していたキューバとの関係を正常化している。米国とキューバの国交正常化を仲介したのはカトリック教会であった。
 キューバは、革命とそれに伴うロシア(旧ソ連)接近によってカトリックを弾圧したが、前法王のベネディクト16世が和解のためキューバを訪問し、カストロ議長と会談。昨年9月には、フランシスコ法王がキューバのカストロ議長と会談している。フランシスコ法王は、その際、ロシア正教のキリル総主教との会談に向けて協力を呼びかけていた。

 キューバと国交を正常化することは、ヒスパニック系の国民が急増している米国にとっては重要な意味を持つ。米国にとって、東西冷戦時代の遺物であるキューバ問題が解決する効果は大きい。
 また今回の会談はロシアにとってもメリットが大きいはずだ。現在ロシアはクリミア問題を発端とした経済制裁を受けており、シリア問題も抱え苦しい状況にある。ホンネでは米国など西側諸国との対話を拡大したいはずだ。

 フランシスコ法王は、こうした国家間の利害の間にうまく入り込み、その発言力を高めることに成功している。シリア問題を解決するためには米国とロシアで何らかの合意を得る必要がある。シリア問題に関しても、カトリック教会の影響が高まることになるかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

nichigin02
日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

mynumberseido
マインナンバーを持てない海外赴任者は、日本にある自分の口座に送金できない?

 マイナンバー制度のスタートに伴って、海外居住者が日本国内の自分の口座に送金でき …

titan
もはや紅白歌合戦?戦争の遺物となった研究所同士が争うスパコン計算速度

 世界のスーパーコンピューター性能ランキングが発表され、前回2位だった理化学研究 …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

no image
ウォルマートが低所得者向けの新しい金融決済サービスを開始。日本も参考にすべし

 米小売り最大手ウォルマートとクレジットカード大手アメリカン・エキスプレスは、プ …