ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップであるキリル総主教と会談した。ロシア正教との会談は、キリスト教会が東西に分裂して以来、初めてとなる。会談はキューバの首都ハバナで行われており、キューバの政治的な価値があらためて認識された。

romarosiakaidan

 よく知られているようにキリスト教会は、1054年にカトリック教会(西方教会)と正教会(東方教会)に分裂している。カトリックと正教会の対話そのものは過去に何度か行われているが、正教会の中でも最大勢力であるロシア正教との会談は行われていなかった。
 共産圏時代に宗教が禁止されていた旧ソ連地域において、近年、カトリック教会が積極的に布教活動をしたことで関係が悪化したことが主な原因である。

 会談では、中東の過激派組織「イスラム国」など、キリスト教に対する脅威に対して協調して取り組む方針が確認された。ただ、今回の会談は、ロシアとの関係が深かったキューバで行われており、キリスト教徒の保護という以上の意味があると考えた方がよいだろう。

 昨年、米国は50年以上にわたって国交を断絶していたキューバとの関係を正常化している。米国とキューバの国交正常化を仲介したのはカトリック教会であった。
 キューバは、革命とそれに伴うロシア(旧ソ連)接近によってカトリックを弾圧したが、前法王のベネディクト16世が和解のためキューバを訪問し、カストロ議長と会談。昨年9月には、フランシスコ法王がキューバのカストロ議長と会談している。フランシスコ法王は、その際、ロシア正教のキリル総主教との会談に向けて協力を呼びかけていた。

 キューバと国交を正常化することは、ヒスパニック系の国民が急増している米国にとっては重要な意味を持つ。米国にとって、東西冷戦時代の遺物であるキューバ問題が解決する効果は大きい。
 また今回の会談はロシアにとってもメリットが大きいはずだ。現在ロシアはクリミア問題を発端とした経済制裁を受けており、シリア問題も抱え苦しい状況にある。ホンネでは米国など西側諸国との対話を拡大したいはずだ。

 フランシスコ法王は、こうした国家間の利害の間にうまく入り込み、その発言力を高めることに成功している。シリア問題を解決するためには米国とロシアで何らかの合意を得る必要がある。シリア問題に関しても、カトリック教会の影響が高まることになるかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

abe
安倍総裁が景気が悪い場合の消費増税中止を示唆。狙いは予算バラマキの継続的な拡大

 自民党の安倍総裁は、2014年4月に実施される消費税増税について、GDPの数字 …

snowden
米当局がスノーデン氏を正式訴追。本人はアイスランドへ亡命申請?

 米検察当局は、米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の …

pakucongress
産経ソウル前支局長無罪判決が、極めて妥当かつ民主的である理由

 韓国のソウル中央地方裁判所は2015年12月17日、朴槿恵大統領の名誉を傷つけ …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …

mosado
イスラエルの諜報機関モサドが「ネット」で人材募集。スパイ組織が公募に踏み切る事情

 かつては世界最強ともいわれたイスラエルの諜報機関「モサド」がスパイの募集を開始 …

shukinpei03
ウイグル独立運動とアルカイダを結ぶ点と線。中東問題に引きずり出される中国

 中国・北京の自動車爆破事件をきっかけに、中国はパキスタンとの対テロ連携の強化を …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

trumphonhai
鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの …